common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

フライドポテトのカロリーは?マックのポテトは高カロリーだから太る?!じゃがいも1個のカロリーや糖質もご紹介

2018.12.15

外はカリカリ、中はホクホクのフライドポテトは大人にも子供にも大人気。そんなフライドポテトは揚げ物と言うこともあって当然カロリーは高め。おいしくてもフライドポテトはダイエット中の方は控えたい揚げ物メニューでもあります。今回はそんなフライドポテトのカロリーについてご紹介します。一緒にマックやセブンイレブンで売られているフライドポテトのカロリー、フライドポテトの原材料であるじゃがいも1個あたりのカロリーや糖質も見ていきましょう。フライドポテトのカロリーが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

フライドポテトのカロリーは?

さて今回のタイトルにもなっているフライドポテトのカロリーを見てみましょう。

・フライドポテトの代表格、マックのカロリーは?

マックフライポテトSサイズ74g 225キロカロリー
マックフライポテトMサイズ135g 410キロカロリー
マックフライポテトLサイズ170g 517キロカロリー

マックのフライポテトはSサイズのものでも高カロリーな結果になりました。一般的に成人に必要なカロリーは1日で1800から2200キロカロリーだと言われているので、Mサイズのポテトを食べるだけでも5分の1のカロリーを摂取していることになります。マックと言えばセット商品が定番ですが、これにバーガーや炭酸ジュースをセットにして食べてしまうと…あっという間に1000キロカロリーを超えてしまうでしょう。ダイエット中の方はマックでセットを頼むときフライドポテトをサラダに変えたり、昼食に食べたら夕食は控えめにしたりとカロリー対策を考えた方がいいかもしれませんね。

・マックのポテトは太る!カロリー以外に考えられる原因は?

フライドポテトの材料はじゃがいも。じゃがいもは野菜なのだから太る原因にはならないと考えて、マックのポテトを食べている方も中にはいるかもしれません。しかし、マックのポテトは油で揚げている為、脂質の量もどうしても多くなります。実際にLサイズのマックフライポテトで脂質は25.9gもあります。脂質はエネルギー源にもなるので欠かせない栄養素の一つですが、過剰に摂り過ぎると肥満の原因にも。おいしくて病みつきになるマックフライポテトですが、カロリーが気になる方以外に、太るのが心配な方も食べ過ぎには注意しましょう。

・セブンイレブンの皮付きフライドポテトのカロリーは?

フライドポテトといえばやはりマックのポテトがおいしいですよね。しかしコンビニで売られているフライドポテトも引けを取らない味になってきました。コンビニ大手のセブンイレブンにもおいしいポテトが売られています。いわゆる「レジ横」と呼ばれているホットスナックコーナー以外にも、冷凍食品として売られている店舗もあります。今回はセブンイレブンで売られている両方のフライドポテトのカロリーについてご紹介します。

ホットスナックコーナー 
皮付きフライドポテトのカロリー 1食あたり 316キロカロリー

冷凍食品コーナー 
セブンプレミアム皮付きポテト 1袋400gあたり 532キロカロリー

セブンイレブンのフライドポテトも決して低カロリーとは言えませんが、味はおいしいと好評のようなので食べたことのない方はぜひ。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

フライドポテトの材料じゃがいものカロリーや栄養成分は?

フライドポテトの材料は皆さんもご存じの通り、じゃがいもです。まずは揚げる前のじゃがいものカロリーから確認してみましょう。

・生のじゃがいものカロリーは?

じゃがいも(生)小1個およそ59g 40キロカロリー
じゃがいも(生)中1個およそ92g 63キロカロリー
じゃがいも(生)大1個およそ176g 120キロカロリー
カレー用乱切りじゃがいも1個40g 29キロカロリー

比べてみるとこのような感じになります。ちなみににんじんの乱切り1個が15gで6キロカロリーです。じゃがいもは野菜の中でもややカロリーが高い食材だということが分かります。

・じゃがいもはカロリーが高い!糖質もやっぱり高い?

カロリーと同じくらい気になるのがじゃがいもに含まれている糖質。ダイエット中の方はとくに気になるところですよね。今度はカロリー以外に、じゃがいもの糖質についてもチェックしてみましょう。

白米(100g) 糖質36.8g
じゃがいも(100g) 糖質16.3g
里いも(100g) 糖質10.8g
さつまいも(100g) 糖質29.7g

いかがでしょうか。白米とさつまいもの糖質が最も高く、次いでじゃがいもの糖質が高いという結果になりました。それでも白米と比べると糖質量は半分以下なので食べ過ぎなければ、ダイエット中の方でも食べても良さそうな気がしますね。

じゃがいものカロリーや糖質は高いが栄養成分はダイエット向き

他の野菜と比べるとカロリーや糖質が高めなじゃがいも。しかし、じゃがいもに含まれている栄養成分はダイエットにも効果的だということを知っていましたか?今度はじゃがいもに含まれる栄養成分を見てみましょう。

じゃがいもはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1はダイエットの味方とも言われており、その役目は糖質の代謝を助ける事。糖質は体内でブドウ糖に変えられて腸内で吸収されます。吸収された糖はエネルギーになるのですが、余ってしまうと脂肪になって蓄積されてしまうのです。そこでビタミンB1を含むじゃがいもを食べることで、糖質をなるべくエネルギーに変えようとしてくれるので、脂肪がたまりにくい体作りに役立つと言われています。他にもお肌にいいとされるビタミンC、むくみの原因となる塩分の排出を促してくれるカリウムも含まれています。カロリーや糖質が高いとダイエットに敬遠されがちなじゃがいもですが、適度な量を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

最後に

今回はフライドポテトのカロリーについてご紹介しました。ダイエット中にはなるべく控えたいメニューですが、どうしてもフライドポテトが食べたいと我慢できない場合はサラダなどの低カロリーメニューと合わせて食べるのがいいかもしれません。たまに食べるくらいではダイエットに大きな影響とないと考えられますので、普段ダイエットを頑張っている自分へのご褒美程度に食べてはいかがでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin