common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

親子丼のカロリーは?親子丼に含まれるタンパク質はダイエットに効果的?親子丼をカロリーオフする方法も

2018.12.15

親子丼は、日本を代表する美味しい和食の1つです。そして、親子丼は気軽に食べれるというのも特徴ですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?一般的な親子丼のカロリー以外に、丸亀製麺、ほっともっと、セブンイレブンで販売されている親子丼のカロリーを紹介していきます。また、ダイエット中に親子丼を食べたい人必見!親子丼のタンパク質がダイエット向きなのか、カロリーオフするにはどうすればいいのかもチェックしていきましょう。

一般的な親子丼のカロリー

まずは、親子丼のカロリーをチェックしてみましょう。親子丼は「卵が使用されている」「鶏肉が使用されている」ということから高カロリーと思われがちですが、親子丼は1人前468.5gあたり約684キロカロリーです。同じ丼メニューのカロリーと比較してみると、かつ丼が約800~900kcal、牛丼が約700~750kcalのため、親子丼は比較的カロリーが低い丼メニューとなります。次に、丸亀製麺やほっともっとなど飲食店で売られている親子丼のカロリーをチェックしていきましょう。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

市販で食べる親子丼のカロリー

親子丼は、家で食べるだけでなく外食で食べる場合もありますよね。親子丼は、さまざまなお店で販売されていますが、お店によってカロリーもバラバラです。今回は丸亀製麺、ほっともっと、セブンイレブンで売られている親子丼のカロリーを紹介していきます。お店別の親子丼のカロリーは次の通りです。

親子丼のカロリー:丸亀製麺

丸亀製麺の親子丼は、全店舗で販売されていません。一部店舗のみで販売されています。小食の人にも嬉しい小サイズと、ガッツリと食べたい人におすすめの大サイズがあります。親子丼の小サイズのカロリーは、約544kcal。大サイズのカロリーは、約726kcal。丸亀製麺の親子丼は、ホッとするような優しい味わい。販売されている店舗に巡り合った時には、ぜひ食べてもらいたい親子丼です。

親子丼のカロリー:ほっともっと

ほっともっとでは、「極うま親子丼」が販売されており、カロリーは658kcal。鶏モモ肉をふんだんに使用した食べ応えのある親子丼です。七味の小袋も別途付いているので、味の変化も楽しむことができますよ。

親子丼のカロリー:セブンイレブン

セブンイレブンでは、「特製親子丼」が販売されており、カロリーは522kcal。卵の量が多く、ふんわりとした食感を楽しめる親子丼です。七味唐辛子と有明海産のきざみのりが付いているので、最後まで飽きることなく美味しく食べることができますよ。

親子丼をカロリーオフする方法

親子丼をカロリーオフする方法は、とても簡単です。それは「ご飯の量を減らす」ということです。ご飯のカロリーは、100gあたり168kcalです。親子丼のご飯を少しでも減らすことで、親子丼そのもののカロリーも減らすことができますよ。ご飯の量を減らすことは、親子丼をカロリーオフする方法として最も簡単なやり方です。

親子丼でダイエットできる?

ダイエットしている人の中には、カロリー制限をしているときでもお肉が食べたい、親子丼が食べたいと思う時があるかもしれません。親子丼には鶏肉が使用されていますが、鶏肉は高たんぱくで低脂質。ダイエッターや筋肉を作りたい人には最適な食材です。そして、ダイエットしているからこそ自分で料理を作るという人は、親子丼を作るとき鶏皮も一緒に使用しましょう。鶏皮は弾力があるので、必然的に何度も噛みます。すると、満腹感を得やすくなるのでダイエット中の親子丼の食べ過ぎを防いでくれる効果があると言えます。

親子丼ダイエットで気になるタンパク質は?

親子丼でダイエットを行う場合、気になってしまうのがタンパク質。タンパク質は、炭水化物・脂質に並ぶ三大栄養素の1つです。つまり、体をつくる上でとても大切な成分。親子丼においてタンパク質を多く含む食材は、鶏肉です。鶏肉には、ビタミンB6が含まれています。このビタミンB6がタンパク質と脂質の代謝をサポートして、脂肪を燃焼しやすくさせます。ダイエットに欠かせないそんなタンパク質を親子丼では、1人前468.5gあたり31.95g含んでいます。

最後に

今回は親子丼のカロリーについて紹介してきましたが、いかがでしたか。親子丼は、丼メニューの中でもカロリーが低い方になります。また、タンパク質が豊富で低脂質なのでダイエットのとき食べるのも向いているでしょう。丸亀製麺やほっともっとなど、市販の親子丼を食べるときは今回紹介したカロリーを参考にしつつ、ご飯の量を減らしてもらってカロリーオフをするといいですね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin