common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

手羽元カロリー1本あたりどれくらい?栄養素は?ダイエット中の食べ方は?おすすめレシピもご紹介

2018.12.7
鶏肉の部位の中でも人気の高い手羽元。手羽元は手羽の中でも胸肉に近い上腕の部分の肉でスーパーでも売られています。手羽元カロリーはどれくらいなのか、知っていますか?今回は気になる手羽元のカロリーや栄養素についてご紹介します。また、ダイエット中でも安心して食べられる手羽元を使ったレシピ、おすすめの食べ方をまとめました。

手羽元カロリーは1本あたりどれくらい?

手羽元のカロリーは、鶏肉の他の部位と比べてカロリーはどうなのか、まずは見てみましょう。手羽元には皮付きと皮なしがありますので、それぞれのカロリーをご紹介します。

・皮付き手羽元カロリーは1本約75キロカロリー

皮付きの手羽元の可食部100gのカロリーは約197キロカロリーです。手羽元1本の重さにはばらつきはありますが、骨付きを1本55gとすると、1本あたりの手羽元カロリーは約75キロカロリーとなります。手羽元は食べるとき、2~3本ほど食べることが多いですよね。もし、手羽元を3本食べたら、カロリーは約225キロカロリーになります。

・皮なし手羽元カロリーは皮付きよりカロリーオフできる

次に皮なしの手羽元カロリーです。皮のカロリーは手羽元全体のカロリーの約2割を占めています。つまり、皮付きの手羽元1本(55g)から皮を取った場合、カロリーは約60キロカロリーになります。手羽元を食べたいけどカロリーを抑えたいという方は、手羽元の皮を剥ぐのがおすすめの食べ方です。

・手羽元のカロリーは鶏肉の他の部位と比べてどう?

手羽元のカロリーを鶏肉の他の部位のカロリーと比較してみました。

*鶏肉の部位別カロリー比較(100gあたり)

*鶏肉は若鶏で、生の状態のものです

  • 手羽元のカロリー     197kcal
  • 手羽先のカロリー     226kcal
  • むね肉(皮付き)のカロリー    145kcal
  • むね肉(皮なし)のカロリー      116kcal
  • もも肉(皮付き)のカロリー      204kcal
  • もも肉(皮なし)のカロリー      127kcal
  • ささみのカロリー     105kcal

手羽元のカロリーは鶏肉の他の部位と比較しても、カロリーは高いほうだと言えるでしょう。

手羽元のカロリーだけで判断はもったいない!栄養素をチェック

鶏肉の中では高カロリーな手羽元ですが、栄養素はどうでしょうか?手羽元は、コラーゲン、タンパク質、ビタミンB6、ナイアシンなどを含み、栄養が豊富です。また、美容にも精神の安定にもいい栄養素が入っています。手羽元の栄養素を詳しく見てみましょう。

・手羽元の栄養素1:コラーゲン

手羽元に含まれる栄養素のひとつ、コラーゲンは、細胞と細胞の潤滑油の役割をしていて、肌艶アップなど栄養があるだけでなく、美容効果が期待できます。コラーゲンは冬に摂ると特に良いとされています。このコラーゲンを逃がさずに摂るには、手羽元をスープにするのがおすすめです。コラーゲンは、骨粗鬆症や関節炎予防にも効果的です。

・手羽元の栄養素2:タンパク質

鶏肉には元々タンパク質が豊富な部位が多く、手羽元にも多くのタンパク質が含まれています。このタンパク質は体を作るために必要な必須栄養素の1つ、必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は体内で作れないため、食品から摂る必要があるので手羽元を食べて摂取することができます。

・手羽元の栄養素3:ビタミンB6

手羽元にはビタミンB6も含まれています。このビタミンB6は水溶性ビタミンのひとつで、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝を補う働きをし、筋肉や血液をつくる役割もあります。また、ビタミンB6は精神の安定にも役立ちます。

・手羽元の栄養素4:ナイアシン

手羽元に含まれているナイアシンは、水溶性ビタミンのひとつです。皮膚や粘膜の健康にも欠かせない栄養成分です。

Posted by admin