もつ鍋や牛もつのカロリーはどのくらい?もつ鍋って体に悪いの?太る?もつ鍋のカロリーや糖質を抑える太らない食べ方- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

もつ鍋や牛もつのカロリーはどのくらい?もつ鍋って体に悪いの?太る?もつ鍋のカロリーや糖質を抑える太らない食べ方

2018.11.30

鍋の美味しい季節ですね!冷えた体を芯から暖めてくれる鍋ですが、なかでももつ鍋は人気のメニューです。お酒にも合いますし、もつ鍋の名店も多くありますよね!けれど、もつ鍋のカロリーがどれくらいあるか、知っていますか?ついつい食べ過ぎてしまう鍋料理だからこそ、もつ鍋のカロリーをしっかりと把握しておきたいですね。今回は、牛もつ鍋のカロリーや栄養素について調査しました。他にももつ鍋は太るのか?体に悪いのか?など、もつ鍋について気になることをご紹介します!

牛もつ鍋のカロリーはどのくらい?

まず、気になる牛もつ鍋のカロリーを紹介していきましょう。牛もつ鍋はお店の具材やレシピによって異なりますが、一般的な1人前388キロカロリーくらいと低めです。すき焼き鍋のカロリーは1人前で約880キロカロリー、しゃぶしゃぶのカロリーが1人前で約700キロカロリーなので、1人前388キロカロリーの牛もつ鍋はヘルシーな食べ物といえますね。

牛もつのカロリーはどのくらい?

もつは、牛肉や豚肉、鶏肉などの内臓のことをいい、ホルモンと呼ばれます。一般的にもつ鍋に使われる内臓は小腸や大腸が多いです。小腸は脂身が多くプルプルして美味しく、大腸は脂身がほとんどなく歯ごたえがあるのが特徴です。今回はその中で、牛もつをメインにカロリーを紹介していきます。
牛の小腸のカロリーは100gで287キロカロリー。脂身があるだけあってなかなかの高カロリーです。牛の大腸のカロリーは100gで162キロカロリーとなっており、脂身が少ないだけカロリーは低めです。
そもそも「もつ」は肉の部類の中でもカロリーが低い部類なんです。牛肉のほかの部位と比べてもその差は歴然。100gあたりでカルビ517キロカロリー、ハラミは301キロカロリーあるのに対して、もつは大腸だと162キロカロリーとかなり低めとなっています。

もつ鍋のカロリーは低い!でも体に悪い?

カロリーは低めとわかったもつ鍋ですが、もつを食べると体にどのような影響があるのでしょうか?もつ鍋のメイン食材もつの栄養成分を見ていきましょう。

体にいい?もつ鍋のもつの栄養素

まずはもつの体にいい成分です。もつはたんぱく質が100ℊあたり9.9gと多めに含まれています。たんぱく質は、皮膚や髪の毛、筋肉や内臓などを作るもととなる成分で体に欠かせない栄養素です。そしてもつにはビタミンAやビタミンBが豊富に含まれており、ビタミンAは皮膚粘膜の健康を保ったり、目にもいい成分です。ビタミンBは疲労回復に良かったり、貧血を防ぐ効果があります。ほかにも、もつには味覚を正常に保つ亜鉛や、細胞の動きを正常にするカリウムが含まれています。ここまで聞くと、もつって栄養豊富で体にいい食材だと思われますが、残念なことに食べすぎは体に支障をきたす場合があるんです。

体に悪い?もつ鍋のもつの栄養素

もつ鍋のメイン食材もつの体に悪い成分を紹介します。もつにはプリン体が多量に含まれています。プリン体は通常、体のなかで分解されて尿として体外に排出されますが、とりすぎてしまうと、体内に蓄積されると痛風の原因となってしまいます。もつ鍋といっしょにビールを飲むと、ビールにもプリン体が多く含まれていますのでとりすぎに注意が必要になってきます。また、もつは100gあたり26gが脂でできています。脂分のとりすぎは高血圧や糖尿病などになったり、中性脂肪が蓄積されて脳卒中や心筋梗塞を引き起こしたりするのでとりすぎには注意が必要です。もつは基本的には体に良い食べ物ですが、とりすぎには気を付けたいところですね。

もつ鍋のカロリーは低い!もつ鍋は太る?太らない?

カロリーは比較的低めのもつ鍋。けれど脂分は多く、食べすぎに注意が必要なのは説明しましたが、もつ鍋を食べると太るのでしょうか?結論からいえば、もつ鍋自体を普通に食べる分には特段太る食べ物とはいえません。しかし、もつ鍋を食べて太らないようにするには、食べ方には注意が必要です。もつ鍋にはニンニクや、唐辛子、ゴマといった薬味が使われています。カロリーが低めのもつを使った鍋でも、これらの味付けが食欲を増進してしまいます。ついつい味付けを濃くしてしまいがちですが、気を付けたいところです。それともうひとつ。鍋といえば、締めに白米を入れたり、うどんやラーメンなどの麺類を入れて楽しむ方もいるでしょう。当然これも太る原因になりますので注意が必要です。

もつ鍋のカロリーや糖質を抑える太らない食べ方は?

もつ鍋を食べてもで太らないようにするにはいくつか注意が必要です。

もつ鍋には具材に野菜を多く入れる

もつ鍋に一般的にキャベツやもやし、ニラという野菜が使われますが野菜類はカロリーも低いですし、ビタミンなどの栄養も多く含まれます。お皿によそうときも、もつは少なめ、野菜は多めを意識しましょう。

もつ鍋の味付けは薄目に

味付けが濃いとそのぶん食欲がそそって食べ過ぎてしまいます。また。味付けが濃いと喉が渇いて飲み物をとるペースが早くなり、飲み物からアルコールや糖分をとりすぎてしまいがちです。もつ鍋を食べるときは薄味を心がけましょう。

ごはんや麺類は入れない

もつ鍋のカロリーや糖質を抑え、太らないようにするには、締めにごはんや麺類を入れるのは避けたいところです。炭水化物はもつ鍋のカロリーを上げるだけでなく、糖質も多く摂ることになります。もつは歯ごたえもあって、噛み応えのある食材。しっかりゆっくり噛んで食べることによって満福中枢もあがります。締めの麺類を入れなくてもお腹いっぱいになるようにしっかり噛んで食べましょう。

最後に

ここまでもつ鍋のカロリーについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?もつは体にいい成分を豊富に含んでおり、カロリーも低めです。しっかり噛んで食べることによって満足度をあげて食べすぎを防ぐこともできます。しかし食べすぎや食べ方を誤ると太ってしまったり、体に悪い影響がでてしまうことも。もつ鍋は適度な量をいただくようにしましょうね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram