common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

もつ鍋や牛もつのカロリーはどのくらい?もつ鍋って体に悪いの?太る?もつ鍋のカロリーや糖質を抑える太らない食べ方

2018.11.30
鍋の美味しい季節ですね!冷えた体を芯から暖めてくれる鍋ですが、なかでももつ鍋は人気のメニューです。お酒にも合いますし、もつ鍋の名店も多くありますよね!けれど、もつ鍋のカロリーがどれくらいあるか、知っていますか?ついつい食べ過ぎてしまう鍋料理だからこそ、もつ鍋のカロリーをしっかりと把握しておきたいですね。今回は、牛もつ鍋のカロリーや栄養素について調査しました。他にももつ鍋は太るのか?体に悪いのか?など、もつ鍋について気になることをご紹介します!

牛もつ鍋のカロリーはどのくらい?

まず、気になる牛もつ鍋のカロリーを紹介していきましょう。牛もつ鍋はお店の具材やレシピによって異なりますが、一般的な1人前388キロカロリーくらいと低めです。すき焼き鍋のカロリーは1人前で約880キロカロリー、しゃぶしゃぶのカロリーが1人前で約700キロカロリーなので、1人前388キロカロリーの牛もつ鍋はヘルシーな食べ物といえますね。

牛もつのカロリーはどのくらい?

もつは、牛肉や豚肉、鶏肉などの内臓のことをいい、ホルモンと呼ばれます。一般的にもつ鍋に使われる内臓は小腸や大腸が多いです。小腸は脂身が多くプルプルして美味しく、大腸は脂身がほとんどなく歯ごたえがあるのが特徴です。今回はその中で、牛もつをメインにカロリーを紹介していきます。

牛の小腸のカロリーは100gで287キロカロリー。脂身があるだけあってなかなかの高カロリーです。牛の大腸のカロリーは100gで162キロカロリーとなっており、脂身が少ないだけカロリーは低めです。

そもそも「もつ」は肉の部類の中でもカロリーが低い部類なんです。牛肉のほかの部位と比べてもその差は歴然。100gあたりでカルビ517キロカロリー、ハラミは301キロカロリーあるのに対して、もつは大腸だと162キロカロリーとかなり低めとなっています。

Posted by admin