common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ちんすこうは一袋何カロリー?カロリーと糖質は高い?ダイエット中に気をつけたい食べ方とは

2018.11.6

ちんすこうは沖縄の有名なお菓子です。焼き菓子で日持ちするうえ、バリエーションも豊富なので、沖縄のお土産として多くの人に愛されています。シンプルでさっぱりとした甘さがおいしいちんすこうですが、実は高カロリーでダイエット中にはちょっと控えたい食べ物。そんなちんすこうのカロリーや糖質、そして「ダイエット中にお土産でもらってしまった!」「どうしても食べたい!」というときに役立つ食べるときの注意点を解説します。
 

ちんすこうは一袋何カロリー?カロリーと糖質は高い?

ちんすこうはなぜカロリーが高い?その作り方とは

ちんすこうの由来は、「金(高価な)すこう(お菓子)」または、「珍(珍しく貴重な)すこう(お菓子)」といった言葉が変化したといわれています。沖縄のお土産として長い歴史があるちんすこうは、小麦粉、砂糖、ラードといったシンプルな材料で作られています。小麦粉や砂糖は、ダイエット中にはできれば避けたいもの。さらにラードも脂質が高いことで知られているので、やっぱり高カロリーな食べ物になってしまうようです。

ちんすこうは一袋で何カロリー?カロリーは高い?

お店や商品によってレシピや味付けが異なるため差はありますが、ちんすこうの1個あたりの平均的なカロリーは約103kcalになります。1個が約20gほどなので、やっぱり大きさやボリュームの割に高カロリー。1袋に10個ほど入っているとすると、なんと1030kcalにものぼってしまいます。1個1個が小さいので、ついつい食べ過ぎてしまい、摂取カロリーがオーバーしてしまうなんてこともあるかもしれません。

一袋のカロリーがすごく高い!ちんすこうの糖質は? 

ちんすこうの1個あたりの平均的な糖質量は12.5g程度といわれています。1個あたり約20g前後であることが多いちんすこう。そのほとんどが糖質でできているといっても過言ではありません。

ちんすこうはカロリーが高い!ほかの沖縄土産のカロリーは?

沖縄には、ちんすこう以外にも人気のお土産がいろいろありますよね。ちんすこう以外の沖縄土産のカロリーは以下の通りになります。

  • 紅芋タルト:約111kcal
  • ロイズ石垣島のチョコレート:約276kcal
  • サーターアンダギー:約119kcal
  • 海ぶどう:約4kcal
  • さんぴん茶:0kcal

このようにして比べてみると、基本的に沖縄のお菓子は高カロリーなものが多い印象です。食べるときには注意しましょう。

ちんすこうのカロリーと糖質は高い!ちんすこうのダイエット中の注意点

ちんすこうはカロリーと糖質が高いので、間食に食べるのがおすすめ

ちんすこうのカロリーや糖質が高いのはすでにお話ししましたが、ダイエットに向いていない反面、腹持ちがいいというメリットもあります。腹持ちがいいということは、間食に食べればお腹が空きにくくなるということ。その分食事の量を減らすことができ、1日の摂取カロリーをカットすることにつながります。ただし、食べ過ぎてしまえばもちろん太る原因になるので、1日2個までを目安にするといいでしょう。時間帯は、脂肪に変換されにくい15時頃に食べるのがオススメです。

お供の飲み物は緑茶がおすすめ!

ちんすこうのお供には、緑茶がおすすめです。緑茶に含まれるカテキンには、脂肪を燃焼してくれる働きが期待できます。緑茶を飲むことで、体に蓄積された脂肪を燃やしてくれるだけでなく、脂質を排出しやすくしてくれる働きも期待できるのです。緑茶は、脂質が多いちんすこうとの相性が抜群のドリンクです。

カロリーの高いちんすこうをローカロリーに!自作するのもおすすめ

ちんすこうをヘルシーに食べるなら、家で作ってみるのもおすすめです。糖質をカットするのであれば、砂糖を甘味料に変更してみましょう。甘みを抑えずにカロリーや糖質を抑えることができます。また、小麦粉を大豆粉やおからで代用する方法もいいでしょう。カロリーや糖質を抑えながら、ダイエット中でも食べやすいオリジナルのちんすこうを作ることができますよ。

まとめ

お土産としてもらう機会が多いちんすこう。サクサクでおいしいですが、ほぼカロリーの高い材料でできているお菓子なので、ダイエット中には少し気をつける必要があります。お土産などでもらったときには、しっかりエネルギー量をチェックするようにしましょう。
そんなちんすこうですが、食べ方次第ではダイエット中でも十分おいしく食べることができます。高カロリーなちんすこうはとても腹持ちがよく、間食を抑えて食事の量を減らすことにつながるのです。緑茶を飲んで脂肪を燃焼させたり、間食に食べるようにしてみたり…。ダイエット中だからといってむやみに食べるのを敬遠せず、今回紹介したポイントを抑えて楽しんでみてくださいね。また、自宅で手作りしてみれば手軽にヘルシーなちんすこうを作ることもできるので、チャレンジしてみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin