common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カロリーが低いのになぜ太る?!お茶漬けダイエットで失敗する理由とお茶漬けダイエットを成功させるコツ

2018.11.3

ダイエット中は炭水化物であるお米をひかえる傾向にありますが「お茶漬けならいいよ」という意見をネットで見かけます。お茶漬けはカロリーが低そうだけれど、どう考えても腹持ちが悪いそうでドカ食いのきっかけになる気がします。しかし、お米を食べながらダイエットできるなら試してみたいですね。今回はお茶漬けのカロリーやダイエットを成功させる方法について考えていきます。

お茶漬けのカロリー

お茶漬けはお米を気持ち少な目にお椀にいれます。お米1膳は140~150g(約230~250キロカロリー)ですが、それを120g(約200キロカロリー)にして市販のお茶漬けの素(永谷園のお茶漬け海苔は15キロカロリー)をかけた場合、215キロカロリーです。自宅に余った鮭がある場合、お茶漬けのトッピングにしますよね。細かく裂いた鮭(20gで約40キロカロリー)とお米(200キロカロリー)を合わせると240キロカロリーです。

カロリーも気になるけれどお茶漬けの糖質も気になる

トッピングによって糖質は異なりますがお米200gの糖質は約45g、海苔や鮭など糖質がほとんどない食材をトッピングすることでお米のみの糖質に抑えることができます。市販のお茶漬けの素はカロリーも糖質も低いのでトッピングにするのにおすすめです。ただし、それだけでは栄養が偏るので、魚や野菜などバランス良く摂取することをおすすめします。

お茶漬けダイエットとは

お茶漬けダイエットは3食のうちの1食をお茶漬けに置き換えるダイエット法です。いちばんサイズダウンが期待できるのは夕食を置き換える方法ですが、無理のないように行うことがお茶漬けダイエットの基本、サイズダウンしてダイエットが面白くなってきても栄養バランスを考え、1食のみの置き換えにすることをお勧めします。

お茶漬けをダイエットに活用するとなぜ良いのか?!

まずは世の中のダイエッターさんたちがお茶漬けに目を付ける理由を挙げます。

■お茶漬けはカロリーが低くお米の量も減らせるから

お米はお湯で少し膨らむからいつもよりも気持ち少なめ、もちろんカロリーも低いのでダイエット中に食べるのは良いとされています。

■お茶漬けは低カロリーで身体が温まるから

最近は冷たいお茶漬けを好む人もいますが、基本は大きめの茶碗にお米とトッピングを入れてたっぷりお湯を注ぎます。熱いお茶漬けをゆっくり食べているうちに身体が温まりお腹を膨らませるのです。ダイエットに大切なのは身体を温めること、お茶漬けはひかえめにしているお米を食べることができて満足できるうえにカロリーが低く身体が温まる食べ物なのでダイエッターさんたちに人気なのです。

カロリーが低いのになぜ太る?!お茶漬けダイエットで失敗する理由

■胃に流し込むから腹持ちが悪い

お茶漬けは喉ごしが良いので、胃に流し込む人がいます。それでは唾液が出ず消化器官に負担をかけるだけ、お茶漬けはしっかりと噛んで唾液を出して消化器官を活発に動かしましょう。

■急いで食べてしまうから腹持ちが悪い

お茶漬けは喉ごしが良いので何故か急いで食べてしまいます。ダイエットのコツはゆっくりと食べ満腹中枢を刺激することが大事ですが、それに反しているのがわかりますよね。

■お茶漬けはお米ということを忘れているから

お茶漬けは一見ヘルシーですがお米は糖質だし少量でも血糖値が上昇する食材、それをたくさん食べるともちろん太る原因になります。

■アレンジしすぎたから

例えば牛肉のしぐれ煮などをトッピングにするとカロリーや糖質は増えます。お茶漬けダイエットに飽きてきたらどうしても濃い味のものを食べたくなりトッピングに選びがちですがダイエット失敗の原因です。また、お茶漬けの素をパスタにかける人がいますが、パスタは炭水化物、単品で食べたら血糖値が急上昇、太る原因になります。

お茶漬けダイエットを成功させるコツ

お茶漬けダイエットを成功させるコツをご紹介します。

■野菜など何かを口にしてから食べる

置き換えと言ってもお茶漬けは炭水化物なので、いきなり食べると血糖値が急上昇します。野菜を入れた味噌汁などを摂ってからお茶漬けを食べたほうがより効果を得られます。

■カロリーを抑えめに!トッピングを工夫する

お茶漬けだけでは栄養不足に陥ります。それを予防するのがトッピングですが、カロリーや糖質をひかえめにすることがポイントです。詳しくはアレンジレシピの項目でご紹介します。

■使用する水は断然ミネラルウォーターが美味しい

お茶漬けにかける湯ですが、ミネラルウォーター(軟水)にするとより美味しくいただけます。

お茶漬けの素を使ったアレンジレシピ

アレンジと言っても簡単、市販のお茶漬けの素にヘルシーな食材を乗せるだけです。

  • 海苔
  • わかめ+ゴマ
  • 梅干し(1個まで)
  • 豆腐で量増し
  • ささみをプラス
  • 薬味

 

鮭や海苔やわかめは糖質が低いけれど現代人が不足しがちな栄養を豊富に含んでいるし、梅干しは疲労回復に役立つのでおすすめです。豆腐は栄養が豊富でカロリーも少ないのに量増しにもってこいの食材です。また、ささみに含まれるタンパク質は筋肉を作り脂肪を燃焼させるのに欠かせません。もちろんショウガやネギといった薬味もアクセントになって飽きを防ぎます。

最後に

お茶漬けはカロリーを低く抑えられるとダイエットに人気です。検索するとお茶漬けのアレンジ料理がたくさん載っていますが、やり過ぎはダイエットを失敗させる原因です。市販のお茶漬けの素を上手に活用して身体が必要とする食材をトッピングすると良いでしょう。

text:common編集部

Posted by admin