common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

どら焼きのカロリーは低い!?どら焼きのカロリーや、ダイエット中食べるならおすすめのどら焼きをご紹介

2018.11.3

お茶や紅茶にもあうどら焼きは、甘党さんにはたまらない甘さですよね。特に、あんこがたっぷりと入ったどら焼きは、ついついと手が伸びてしまいます。ダイエット中に甘い物は禁物と思われがちですが、ダイエット中でも甘いどら焼きは食べる事が出来るんです!今回は、どら焼きのカロリーや、ダイエット中におすすめなどら焼きを多数ご紹介致します!ダイエット中甘い物は食べられないと思っている方は必見ですよ。

どら焼きのカロリーとは?

甘く、アンコがたっぷりと入っているどら焼きのカロリーですが、約70gのどら焼きの場合172キロカロリーとなります。172キロカロリーは、ご飯1膳分と大差無いカロリー数です。主食の置き換えを行えば、1日1つどら焼きを食べてもダイエットに大きく影響はしないでしょう。ただし、100gあたりは271キロカロリーと少しカロリーが高いです。ダイエット中に食べるどら焼きは小さめのどら焼きを選んだ方が良いでしょう。

どら焼きの糖質量とは?

どら焼きの糖質量は、約70gのどら焼きの場合は、約40gとやや高めです。糖質量的には、ご飯1膳分よりも、少し少なめ程度です。糖質制限ダイエット中の方には、オススメできない和菓子となります。糖質制限ダイエット中の方は、糖質カットされているどら焼きがおすすめです。

どら焼きの主な成分紹介

どら焼きの主な成分ですが、以下のようになっております。

  • 水分 31.5g
  • タンパク質 6.1g
  • 脂質2.6g
  • 炭水化物 58.9g
  • ナトリウム 120mg
  • カリウム 170mg
  • カルシウム 22mg
  • マグネシウム 16mg

 

どら焼きには、タンパク質はあまり含まれていませんが、炭水化物はしっかりと含まれています。エネルギー不足の時に積極的に摂取していきたい和菓子です。また、カリウムやナトリウムが豊富に含まれています。カリウムは食事から摂った塩分の排出を助けてくれる働きがあり、ナトリウムには体内の水分調整や消化の促進に効果があります。

いつ食べるのがオススメ?どら焼きを食べるベストタイミングとは!

どら焼きの主成分やカロリーはわかりましたが、どら焼きはいつ食べるのが良いのでしょうか。様々なベストタイミングをご紹介致します!

筋トレ・運動前後

筋トレ、有酸素運動の前後にどら焼きを食べるのはおすすめです。どら焼きは糖質量が高い和菓子です。運動前に食べれば、運動のパフォーマンスがグッと上がります。特に、トレーニング時には、体内のエネルギーとして、主に糖質(炭水化物)が使われています。トレーニング効果を上げるためにも糖質(炭水化物)は必要不可欠です。また、運動後にもどら焼きはおすすめです。運動、トレーニング後は身体に貯蔵されていたエネルギーが無くなり、筋肉細胞も傷つけられた状態です。運動後にエネルギーを取り込む事によって、傷つけられた筋肉細胞の回復にも役立ちますよ。

主食に置き換える

パンやお米、うどんといった主食としてどら焼きを食べるのもおすすめです。主食と共にどら焼きを食べていれば、1日の摂取カロリーは大きく越してしまいますが、置き換える事によって、1日の摂取カロリーを抑える事が出来ます。「食べない」ではなくカロリーをやりくりしながら好きな物を食べるとストレスも溜まりませんよ♪

温かい飲み物と一緒に食べる

温かい飲み物と共に、どら焼きを食べるのもおすすめです。温かい飲み物は、冷たい飲み物と違いゴクゴクと飲む事が出来ません。さらに、温かい飲み物は、ゆっくりと飲む事が出来るので、空腹感を抑える事が出来、食べ過ぎを予防する事が出来ます。どら焼きは甘い為、食べる事により、血糖値が急上昇しやすい和菓子ですので食べ過ぎは禁物です。温かい飲み物と、どら焼きを交互に口に運ぶ事により、少量でも満足感を得ることが出来ますよ。

ミニどら焼きで暴食防止対策に

ミニどら焼きや、お菓子の一口サイズのどら焼きは小腹が空いた時におすすめのどら焼きです。特に、お腹が空いていると、ついついあれもこれもと、毎食食べ過ぎてしまいがちな方に、おすすめの食べ方です。しかし、ミニどら焼きも食べすぎてしまうと1日の摂取カロリーから大幅に外れてしまいますので、食べ過ぎは禁物です。

ダイエット中に食べるならコレ!おすすめどら焼きご紹介

①バターどら焼き

バターどら焼きは、約260キロカロリーと通常のどら焼きとカロリーは大きく変わりません。しかし、バターが追加されている為、脂質は通常のどら焼きと比べ高くなるでしょう。脂質が高いバターどら焼きは、運動前後の栄養補給に食べるのがおすすめです。

②ミニどら焼き

ミニどら焼きは、約51キロカロリーと非常に低カロリーです。低カロリーですが、1日に沢山食べてしまえばあっという間に高カロリーな和菓子になってしまいます。ミニどら焼きを食べる場合は1日のうち3個まで、温かいお茶や紅茶と一緒に食べるのがおすすめです。

③ジャンボどら焼き

ジャンボどら焼きは通常のどら焼きとサイズやカロリー以外の差はありません。ジャンボどら焼きは、通常のどら焼きと違い、カロリーは約560キロカロリーと非常にハイカロリーです。ご飯に換算すると、約4杯分です。ジャンボどら焼きを食べる際は、1日で食べきるのではなく、2日に分けて食べるのがおすすめです。

④栗どら焼き

栗どら焼きに含まれている栗には、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸が20%も含まれています。
オメガ脂肪酸は、便秘だけではなく肌の感想やしわの増加、血行不良が原因の冷え性やシミを防止してくれる効果があります。つまり、ダイエットだけではなく、美容面でも大変有効な成分なのです。また、栗にはタンパク質やビタミンB1、B2、カリウムが含まれているため栄養素も豊富です。

最後に

今回は、ダイエット中でも安心して食べる事が出来るどら焼きのカロリーや、おすすめのどら焼きをご紹介致しました。ダイエット中でも、我慢せず美味しい食べ物は食べていきたいですよね!運動前後は、どら焼きをダイエット中でも罪なく食べられる絶好のチャンスです。タイミングを見計らって、美味しいどら焼きを食べましょう♡

text:common編集部

Posted by admin