common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ハンバーグのカロリーが高い理由は?ダイエット中にハンバーグを食べても良い!?カロリーオフするコツも大公開

2018.10.19

子供から大人まで大好きなメニューと言えば、ハンバーグが思い浮かぶ人は多いでしょう。それだけハンバーグはメジャーなメインおかずとして浸透していますが、ジュシーなハンバーグはカロリーが高いイメージがありますよね…。ハンバーグの種類によってカロリーは異なるので、ダイエット中はどんな食べ方が良いのか調べてみました!

ジューシーで美味しいハンバーグのカロリーってどの位?種類別でまとめました!

一般的なハンバーグの他に、煮込みハンバーグだったりチーズハンバーグだったり…種類は様々です。一般的に人気の高いメニューのカロリーを調べてみました。

  • 一般的なハンバーグのカロリー…1人前で268kcal
  • 煮込みハンバーグのカロリー…1人前で408kcal
  • チーズハンバーグのカロリー…1人前で472kcal
  • 豆腐ハンバーグのカロリー…1人前で203kcal
  • デミグラスハンバーグのカロリー…1人前で430kcal

 

一般的なハンバーグや豆腐ハンバーグはそこまでカロリーは高くないですが、煮込みやチーズを加えたりすると、途端にカロリーが高くなるのでダイエット中は気をつけたい所ですね。

ハンバーグのカロリーが高い理由は?ダイエット中に食べるメリット・デメリットも

どうして煮込んだりする事でカロリーが高くなるのか?元々そこまでカロリーが低くないハンバーグ、なぜカロリーが高くなるのか理由を探ってみました。

・ハンバーグはなぜカロリーが高くなる?

ハンバーグに使用するひき肉自体はそこまでカロリーは高くないものの、卵やパン粉、牛乳、玉ねぎなどを加えて作る為カロリーが高くなってしまいます。また、一般的なハンバーグより、カロリーや糖質の高いチーズやデミグラスソースを使う事で更にカロリーは高くなってしまうのです。

・ダイエット中にハンバーグを食べるデメリット

ダイエット中にハンバーグを食べる際、カロリーや糖質が非常に気になってしまいます。ハンバーグの糖質は1人前で大体18g程度なので、1回の食事で考えると結構高い割合になりますね。
1日の成人女性での目安カロリーの摂取量は1800kcal〜2000kcal程度だと言われており、シンプルなハンバーグだけでも300kcalほどあるので、主食のご飯などと合わせると1回の食事で500kcalを越してしまう可能性もあります。その為、1日の目安カロリー摂取量をオーバーしてしまう可能性もあります。

・ダイエット中にハンバーグを食べるメリット

カロリーが高いからダイエット中にはNG、という事ではありません。ハンバーグは牛肉を使って作る方も多いと思いますが、牛肉はダイエットに有効な脂肪燃焼効果のある「カルニチン」という成分が含まれているんです。また、鉄分も多く含まれているので、食べる事により代謝アップを期待する事も出来るんです。ハンバーグ自体はカロリーが高いけど、その分食べる事で満足感を得やすいですし腹持ちも良いので、場合によっては上手に取り入れる事でダイエットの味方になったりもするのです!

高カロリーのハンバーグをヘルシーで美味しく!カロリーオフのコツとは

ハンバーグのデメリットは「高カロリー」、メリットは「腹持ちが良くダイエットサポート成分が含まれている」なので、ハンバーグの良い所を上手に活用するとダイエット中に食べても大丈夫!カロリーオフハンバーグのコツをお伝えします。

・豆腐やおからでカサ増しするとカロリーカットになる!

ハンバーグを作る時、豆腐やおからでカサ増しする事でカロリーを大分カットする事が出来ます。牛ひき肉50gとおからや豆腐50gの半量づつ加えて作ると、ふっくら柔らかいジューシーなハンバーグが出来ますよ。一般的なハンバーグが268kcalに対し、豆腐ハンバーグは203kcalまで抑える事が出来ます!

・ソースはヘルシーな大根おろしを使った和風ソースがおすすめ

ハンバーグに使うソースもカロリーが高くなる原因なので、ここは手作りでカロリーカットしていきます。ダイエット中にオススメなのが、大根おろしを使った和風おろしソースです。出汁醤油とおろし大根を合わせるだけで立派なソースになりますし、大根はアミラーゼなどの消化酵素が含まれてるので、炭水化物の消化を促進してくれる働きを期待する事が出来るのです。

・調理油は使わずヘルシーにふっくら焼き上げる

ハンバーグを焼く時は油を使わずに焼き上げる事でカロリーをカットする事が出来ます。テフロン加工のフライパンなら油を使わなくても大丈夫ですが、それ以外のフライパンをお使いの場合は、クッキングシートを敷いてその上でハンバーグを焼けば、油を使わずふっくら焼き上げる事が出来ますよ。焼いてる途中に出た油はクッキングシートでこまめに吸い取ってあげると、さらにカロリーをカットする事が出来ます。

最後に

ハンバーグのカロリーや糖質は思った通り高めではありましたが、だからと言ってダイエット中に絶対食べてはダメか?というと、そうではありません。ハンバーグにはダイエットをサポートする成分も含まれているので、調理方法などに工夫すればダイエット中に食べても大丈夫なんです。こちらでは食べる時や調理方法のコツをお伝えしてきましたが、その他にも自分が「コレだ!」と思う方法があれば、色々な方法と組み合わせながらダイエットに取り入れてみて下さい。

text:common編集部

Posted by admin