common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ステーキの部位別カロリーは?ステーキを美味しく食べて痩せるコツを伝授

2018.12.7
カロリーが高いステーキはダイエット中は、食べちゃダメ。そんな考えはもう古いかもしれません。ステーキは食べ方を工夫すれば、むしろダイエットに役立つ食べ物なんです。今回は、ステーキの部位ごとのカロリーやダイエット中に食べる時の注意点についてまとめてみました。

ステーキでダイエットできる!?

食べ応えのあるステーキは、男女問わず人気の一品です。ジューシーなお肉を一口頬張れば、一気に幸せな気分になれますよね。しかし、カロリーが高いのでダイエット中には避けるべきだと思っている方も多いのでは?

それは間違いかもしれません。最近では、ステーキはダイエットに向いている食べ物だと注目を集めているんです!ステーキを食べて10kg痩せた!という猛者もいるんだとか・・・。一体なぜステーキで痩せることができるのでしょう。気になるカロリーやダイエット効果についてご紹介していきます。

ステーキの部位別カロリーは?

ステーキ

まずは、ステーキの部位ごとの100gあたりのカロリーを調べてみました。

サーロインステーキのカロリー…(和牛)456kcal/(輸入)238kcal

リブロースステーキのカロリー…(和牛)556kcal/(輸入)223kcal

ヒレステーキのカロリー…(和牛)223kcal/(輸入)133kcal

最もカロリーが低いのは、輸入牛のヒレステーキであることが分かりました。輸入牛よりも和牛の方がカロリーが高いのは、アメリカやオーストラリアの肉が脂肪分の少ない赤身肉であるのに対し、和牛は霜降りが多い(=脂肪分が多い)ためだと考えらえます。

ダイエット中にステーキを食べるのであれば、輸入牛のヒレステーキをチョイスするのが良さそうです!

Posted by admin