common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

バターやマーガリンのカロリーは?ダイエット中に食べる時の注意点や成分の違いなどはコチラ

2018.10.19
食事のアクセントに欠かせないバター。色んな料理に使えるので重宝している方も多いのではないでしょうか。1度に大量に使わないのでカロリーを気にしない方も多いと思いますが、バターのカロリーはどの位あるのか知っておいた方が、ダイエットを成功させやすくなりますよ。今回はバターだけではなく、マーガリンやピーナッツバターなどのカロリーも調べてみました!

バターとマーガリンの違いは何?成分やカロリー比較もしてみた

バターとマーガリン、どちらも似ているようですが作り方が違うようです。こちらで詳しく見ていきましょう!

・マーガリンとバターとではこう違う!

バターに使われているのは「乳脂肪」で、マーガリンに使われているのは「なんらかの油脂」です。例えば、大豆油やコーン油、菜種油などがマーガリンの原料として使われています。これが大きな違いで、乳脂肪を使うバターの方が風味や香りが良いのが特徴です。

・バターとマーガリンのカロリーはコチラ

バターのカロリーは大さじ1杯で100kcalです。マーガリンは大さじ1杯で80〜100kcalなので、カロリーによる違いはそこまでないですね。一般的な油も大さじ1杯で110kcalになるので、バターやマーガリンだからと言ってカロリーが高い!という訳ではなさそうです。

有塩バターと無塩バターの違は?カロリーはどう違う?

バターには【有塩バター】と【無塩バター】がありますが、その違いやカロリーについて調べてみました。

・有塩バターと無塩バターってどう違う?

有塩バターと無塩バターの違いは【塩が入っているかいないか】の違いです。また、塩が入っていないので、無塩バターの方が有塩バターと違って保存期間は1ヶ月ほど短いと言われています。無塩バターは塩がほとんど入っていないので、血圧が気になる方やダイエット中の方などが通常のバターの代わりに使用しているみたいですね。

・カロリーの差はどれくらい?

有塩バター100gに対しカロリーは745kcalとなっています。無塩バターは100gに対し763kcalになっていますが、塩の分量がない分無塩バターの方がやや高めになっています。無塩バターは塩が入っていないので血圧が高い方などに向いています。

Posted by admin