common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

フルーツダイエットで痩せたと話題に?!フルーツダイエットのやり方とその効果を徹底解説

2018.10.14

フルーツを食事代わりに食べるフルーツダイエットが、若い女性を中心に人気を集めています。女性はフルーツが好きな人が多く、フルーツは甘みがありかつ種類が豊富で飽きにくいというのが人気の秘密。ここでは効果的なフルーツダイエットのやり方とそのポイントを紹介します。

フルーツは太らない?

フルーツは糖分が多くてダイエットには向いていないというイメージがある方もいるかもしれません。確かにフルーツには糖分が多いですが、上手に取り入れればダイエットに心強い味方となってくれるのです。

フルーツはカロリーが低い

フルーツは水分を含んでいるものが多く、甘みは強くても全体的にカロリーが低いことが特徴です。朝昼夜どれか1回の食事をフルーツに置き換えることによって、大幅なカロリーカットができます。フルーツの中ではカロリーが高いと言われるバナナでも、1本あたりのカロリーはお茶碗1杯のご飯の半分ほど。フルーツの種類も考えつつ食べ過ぎなければ、フルーはダイエットに向いている食材なのです。

フルーツは血糖値の上昇を抑える

食事から得られる糖質は体内でブドウ糖に変換され、血糖値の上昇が起こります。すると血糖値を下げるインスリンというホルモンが分泌されます。このとき、エネルギーとして使われずに残ったブドウ糖はインスリンによって脂肪細胞に蓄えられ、これが太る原因に。摂取してから血糖値が上がるスピードは食べ物によって異なり、急激に血糖値を上昇させるものほどインスリンの過剰分泌が起こると言われています。一方で、フルーツに含まれる糖質は果糖と呼ばれ、ブドウ糖よりも血糖値の上昇が穏やかです。よって脂肪に変換されにくく、ダイエット中に甘いものが食べたくなったらフルーツがよいのです。

まだまだある!フルーツのダイエット効果

フルーツのパワーはこれだけではありません!フルーツの持つダイエット効果を挙げていきます。

デトックス効果

フルーツには水分のほか、お通じをよくする食物繊維や体内の水分調節の役割を担うカリウムなどが豊富に含まれています。フルーツを食べることで便秘やむくみが解消され、老廃物が除去されデトックス効果が期待できます。

代謝を高める

フルーツには様々な酵素が含まれています。酵素は組織や筋肉の働きをサポートする物質で、酵素によって体内の代謝を高めることができます。代謝が上がると痩せやすい体になるので、フルーツの持つ酵素はダイエットに有効なのです。

アンチエイジング効果

果物が持つビタミンには、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。鉄のスプーンが酸化されるのといっしょで、体が酸化されるとそれはさびとなり、老化を引き起こします。体の酸化を防ぐためには、酸化を抑える抗酸化物質の摂取が欠かせません。フルーツの持つビタミンのパワーで、体も肌も若々しく健康に保つことができるのです。

フルーツダイエットのやり方と注意点

ここからはフルーツダイエット実践編!フツーツダイエットのやり方と注意点について解説します。

朝食をフルーツに置き換えるのがおすすめ!

1回の食事をフルーツだけにすることで、大幅にカロリーダウンができます。だからといって毎食フルーツだけ食べていると、糖分の摂り過ぎで太ったり、タンパク質不足で筋肉が落ちて代謝が悪くなったりします。フルーツの置き換えは1日1回が原則。午前中は体が排泄のために活動している時間帯なので、朝食をフルーツにすることで便秘の解消やデトックス効果がさらに高まるのでおすすめです。

旬のフルーツを選ぶ

フルーツダイエットでは、一種類をひたすら食べるのはなく数種類食べた方がバランスがよくダイエットにも効果的です。ここで重要なのがフルーツの選び方。ポイントはいくつかありますが、まずは時期に合わせて旬のフルーツを選ぶようにしましょう。旬のものは栄養価が高く、なおかつ安いのでスーパーでも入手しやすいです。季節に合わせてフルーツを変えることで、ダイエットも飽きずに継続しやすくなります。

水分の多いフルーツを選ぶ

フルーツの持つデトックス効果を最大限に発揮するなら、なるべく水分の多いフルーツを選びましょう。水分の多いフルーツの方が、消化を助け便通をよくして体の中をきれいにしてくれます。1年中手に入るものであればグレープフルーツやオレンジ、季節ものであればすいか、いちご、梨などジューシーなフルーツがおすすめ。

常温で食べる

フルーツは冷やして食べた方がおいしい!という方もいるかと思いますが、ダイエットのためには常温で食べた方がよいです。冷たいフルーツは体を冷やして血流を悪くし代謝を下げてしまいます。体温を下げないためにも、フルーツは常温でいただきましょう。

加工されていないフルーツを食べる

コンビニやスーパーではカットフルーツも見かけますが、ダイエットにはカットフルーツを買うのではなく自分でフルーツをカットした方が効果的。カット面から酸化が進み、鮮度が落ちて栄養も逃げてしまいます。時間に余裕がないときに使う分にはいいですが、なるべく自分でフルーツを選び、食べる直前にカットするようにしましょう。

最後に 

女性に人気のフルーツダイエットは、やり方と選び方を押さえていれば継続しやすく、デトックス効果や代謝アップが期待できる方法です。フルーツは他の食べ物よりも消化時間が早いため、なるべく食事と一緒に、または食事後のタイミングでの摂取は避け、単体で食べることがオススメです。他の食品と食べるとしたらフルーツを食べて30分以降後がベストでしょう。

text:common編集部

Posted by admin