common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

口コミで話題!牛乳でダイエットできる?!知られざる牛乳のダイエット効果とそのやり方

2018.10.14

カロリーや脂肪分が高く、ダイエットには不向きなイメージがある牛乳ですが、正しいやり方を押さえればダイエット効果が高く「牛乳ダイエットで痩せられる!」という口コミが話題なのです!本当に牛乳ダイエットは効果があるのでしょうか?今回は、牛乳の持つダイエット効果と牛乳ダイエットのやり方について解説します。

牛乳のダイエット効果とは?

牛乳は栄養豊富でダイエットにはうれしい効果がたくさんあるようです。まずは牛乳を飲むことで得られるダイエット効果について挙げていきます。

基礎代謝を上げて痩せやすい体に

牛乳に含まれるタンパク質は3大栄養素の一つで、筋肉を作るために欠かせないもの。しっかりタンパク質を摂って筋肉が作られれば、その分基礎代謝が上がります。基礎代謝とは、呼吸など生命維持のために消費されるエネルギー量のことで、基礎代謝は1日に消費される総カロリーの6~7割を占めています。基礎代謝が高いほど、何もしていなくてもカロリーが消費されるので、牛乳からタンパク質を摂ることで痩せやすい体を作ることができます。

糖質と脂質を代謝する

牛乳にはビタミンB1およびB2が豊富に含まれています。これらのビタミンは糖質や脂質など、放っておくと脂肪として体内に蓄積してしまうものを代謝する働きがあります。牛乳からビタミンB1、B2を摂取することで脂肪がつきにくい体になれるのです。

便秘の解消

牛乳のラクトース(乳糖)は、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすもととなるもの。乳酸菌の力によって腸内環境が整えられ、便通を促す作用が期待できます。さらに便秘が解消されることで体内の循環がよくなり代謝が上がるので、まさにダイットには一石二鳥というわけなのです。

ストレスの緩和

ダイエットを続ける上で、ストレスコントロールは必ず必要になってきます。牛乳に豊富に含まれるカルシウムは、神経の興奮や疲れを抑える働きがあります。さらに牛乳には、トリプトファンというアミノ酸も多く含まれます。トリプトファンは別名幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを作る材料となるもの。牛乳にはこれらの栄養素がしっかりつまっているので、ストレスを緩和してダイエットを続けやすい環境を作ってくれるのです。

満腹感が得られる

栄養素がたっぷり摂れる牛乳は、水やお茶などの飲料と違って満腹感が得られるのも特徴。間食や1回の食事の量を減らすことができるので、ダイエットに向いている飲み物です。

いつ飲めばいい?牛乳ダイエットのやり方

様々な効果がある牛乳ダイエットですが、基本的にはコップ1杯の牛乳を飲むだけ。しかしただ飲めばいいというわけではありません。飲むのに効果的なタイミングがありますので、正しい牛乳ダイエットのやり方を紹介します。

食前に飲んで脂肪の吸収抑制

食前に牛乳を飲むことで脂肪の吸収が抑えられ、かつ食べ過ぎを防止できることから、食前にコップ1杯の牛乳を飲むのがおすすめです。ただしここで注意すべきなのは飲む回数。食べ過ぎの傾向にある人は、食前に牛乳を飲むことで食事によるカロリーは抑えられますが、もともとの食事量が多くない人は、毎食前に牛乳を飲むと逆に太ってしまいます。自分の食生活に合わせて、1日に飲む回数を決めるようにしましょう。また、牛乳に含まれている乳糖は唾液の中の消化酵素から分解されはじめるものなので噛むようにしながら、唾液と混ぜるようにして飲むのがオススメです。

寝る前にホットミルクを飲んで代謝アップ

毎食前に牛乳を飲むのはカロリーが気になる…という人は、寝る前にホットミルクを飲むのも効果的。牛乳の中に含まれるトリプトファンはセロトニンとなり、セロトニンから睡眠を誘発するメラトニンというホルモンが作られます。つまり寝る前の牛乳は良質な睡眠をもたらしてくれるということ。しっかり睡眠をとると夜中に成長ホルモンの分泌が活発になるので、代謝が上がり脂肪の燃焼を促進してくれるのです。

運動後30分以内に飲んで効率よく筋力アップ

運動後は筋肉をつけるために体がタンパク質を欲しています。筋トレや有酸素運動を行ったあと、30分以内にタンパク質を摂取することで効率よく筋肉に変換することができます。ダイエットのために運動もしているという人は、運動後に牛乳を飲むのもよいでしょう。

お腹がすいたときに間食代わりに

牛乳は満腹感が得られるので、お腹がすいて間食したくなったときに飲むのもよいでしょう。 ゆっくり噛むように飲むと満腹中枢も刺激され、余計な間食を避けることができます。

牛乳ダイエットのポイント

牛乳ダイエットは飲むタイミングのほかにも、注意しておくべきポイントがあります。ここをしっかり押さえれば、牛乳はダイエットの強い味方になってくれます!

体を冷やさないようにホットミルクで

冷たい牛乳は体を冷やして代謝を下げてしまうほか、胃や腸にも負担がかかります。温かい飲みものを飲むことで体温が上がり代謝がアップするので、牛乳を飲むなら断然ホットミルク!夏でも冷房で体が冷えていることがありますので、温かい飲みものがおすすめです。寝る前も温かい飲みものを飲んだ方が睡眠の質が上がります。

毎日継続することが大切

すべてのダイエットにおいて言えることですが、毎日継続することが肝心。飽きないようにはちみつを足したりきな粉を入れたり、味の違いも楽しみながらダイエットを続けましょう。

飲むなら低脂肪牛乳の方がよい?

低脂肪牛乳の方がカロリーは低く、ダイエットに向いているというイメージがあるかもしれません。しかし低脂肪牛乳で逆に太ったという報告もあり、はっきりとした見解はありません。低脂肪かどうかにはこだわらず、自分の好きな牛乳を毎日しっかり飲んだ方がいいと言えるでしょう。

最後に 

一見ダイエットには不向きに見える牛乳ですが、やり方やポイントをしっかり押さえればダイエット効果が期待できる飲み物です。自分に合ったやり方を見つけて、継続してダイエットに取り組んでいきましょう。

text:common編集部

Posted by admin