common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

シチュー1人前のカロリーを調査!ダイエット中に食べるならホワイトシチューとビーフシチューどっち?

2018.10.14

寒い時期になると、シチューなどの煮込み料理が食べたくなりますよね。クリーミーなホワイトシチューと牛肉を使った食べ応えのあるビーフシチュー。どちらも美味しいのですが、気になるのはカロリーです。ダイエット中の方だとカロリーの他に糖質も気になっちゃいますよね。ホワイトシチュー、ビーフシチュー両方のカロリーを比べてみましたので、ダイエット食の参考にして下さいね。
 

シチューのカロリーは高い?1人前のカロリーを調査!

ホワイトシチュー・ビーフシチューのそれぞれ一人前のカロリーを調査してみました!

・使用するルーの種類によってもカロリーは異なるので注意!

シチューを作る時は市販のルーを使う事が大半だと思いますが、ルーの種類によってもカロリーは変わってきます。一般的なホワイトシチュー、チーズが入ったシチュー、よりコクのあるプレミアムシチューなど、その種類は様々です。

スーパーに並んでいる一般的なホワイトシチューのルーだと、

  • S &B クリームシチュー  20g 112kcal
  • ハウス北海道シチュー 19g 98kcal
  • ハウスクリームシチュー 19g 82kcal
  • グリコクレアおばさんのクリームシチュー 20g 114kcal

 

となっています。使うルーによってカロリーが変わるので、購入する時はパッケージに記載のあるカロリーを見比べて、ダイエット中はよりカロリーが低いルーを選ぶと良いですね。

・ホワイトシチュー一人前のカロリーはコチラ

カロリーは使用するルーの種類によっても多少異なりますが、材料は変わらないので調理後の一般的なカロリーを算出してみました!

  • ホワイトシチュー 1人前…291kcal/糖質14.3g

 

使用する一般的な具材はコチラ。

  • 鶏モモ肉  85g  170kcal
  • じゃがいも 50g  37kcal
  • 玉ねぎ  50g  19kcal
  • にんじん 30g  12kcal
  • 牛乳 80g   53kcal

 

・ビーフシチュー一人前のカロリーはコチラ

次はビーフシチューのカロリーを調べてみました!

  • ビーフシチュー 1人前…340kcal/糖質20.6g

 

使用する一般的な具材はコチラ。

  • 牛肉…100g 281kcal
  • じゃがいも…50g 37kcal
  • 玉ねぎ…50g 10kcal
  • にんじん…30g  12kcal

 

・シチューはカロリーが高い具材を使うので全体的なカロリーは高い

シチューのルーは小麦粉やバターなど、カロリーが高い材料が使われているので元々のカロリーは高めです。使用する具材によってカロリーは変わりますが、一般的なレシピで作ると、ホワイトシチューもビーフシチューも、カロリーは結構ありますね。ダイエット中にカロリーオフのシチューを作りたい場合は、使用する具材を変えたりすることでカロリーを抑える事が出来るかと思います。

ダイエット中におすすめローカロリーなシチューレシピはコチラ

シチューは基本的に糖質やカロリーが高め。ですが、どうしてもダイエット中に食べたくなる時ってありますよね。そんな時に安心して食べられるように、ローカロリーなシチューレシピを調べてみました!

・低カロリーシチューの作り方【1人前232kcal】

低カロリーシチューの基本は使う具材のカロリーを抑えるという部分です。シチューに使われる鶏モモ肉はカロリーが高いので、代わりに胸肉を使うと100gあたり84kcalもカロリーカットする事が出来ます。また、野菜類も調整を。にんじんやジャガイモはカロリーが高い上に糖質も多いので、代わりにブロッコリーやアスパラなどで代用します。白菜、カブ、ほうれん草などもシチューと良く合いますよね。次に牛乳を使うのではなく、豆乳を使うのがベスト。牛乳のカロリーは1カップあたり138kcalですが、豆乳の場合は115kcalと23kcalもカット出来ます。

シチューは美味しいけどカロリーが高い!食べる時の注意点

クリーミーなシチューは濃厚で美味しいですが、カロリーは高め。食べる時の注意点をまとめています。

・使用するルーの種類によってカロリーが異なる

シチューは使うルーの種類によってカロリーが異なります。より濃厚に作られているルーはカロリーも高いので、作る時はパッケージに記載のあるカロリー表を参考に、よりカロリーが低いシチュールーを選びましょう。また、ホワイトシチューよりもビーフシチューの方がカロリーが高いので、食べる時はホワイトシチューを選ぶと良いですよ。

・シチューを食べる時は炭水化物を減らす

シチューと一緒に食べたくなるのが、パンやご飯などの炭水化物です。特にパンはシチューと合う付け合わせですが、糖質の量は極めて多いので注意しましょう。ダイエット中にシチューを食べる時は、炭水化物を減らした方が安心です。

シチューのカロリーについて【まとめ】

シチューのカロリーや糖質、意外に高い!と思った方は多いはずです。小麦粉やバターなどの糖質&カロリーが高い食材を使って作るので、どうしてもカロリーが高くなってしまうのが難点ではありますが、どうしても食べたい時は使う具材を工夫すれば、ダイエット中でも食べる事が出来ます。

  • 使用する鶏肉をささみや胸肉で代用
  • 野菜をアスパラやブロッコリーなど、低カロリー&低糖質のもので代用
  • 牛乳ではなく豆乳をつかう
  • 炭水化物、特にパンは控えるとなお良し

 

ダイエット中の食事のカロリーを気にするあまり、好きなものを我慢してストレスを溜め込んでしまうのは本末転倒です。シチューを食べたい!と思った時は、なるべく低カロリーの具材で代用して作るようにすればカロリーをカット出来るので、ダイエット中にどうしても食べたくなった時はぜひシチューのローカロリーレシピに挑戦してみて下さいね。

text:common編集部

Posted by admin