common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ベーグルのカロリーは高い?本当にヘルシーかどうか、コストコのベーグルでカロリーや太る原因を調査!

2018.10.14
ベーグルは食パンと違い、モチモチとした食感が美味しいので好きな方も多いと思います。カフェなどに行ったらメニューとして置いてある事も多く、見た目もおしゃれで美味しそうなので、ついつい食べたくなりますよね。そんなベーグルはヘルシーで低カロリーと言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

モチモチ食感が美味しいベーグル!そのカロリーは?

ベーグルのカロリーをまとめています!今回はコストコで販売されているべーグルのカロリーを一覧にしてみました!

・種類別コストコベーグルのカロリー一覧はコチラ!

  • プレーンベーグル…260〜330kcal
  • チーズベーグル…300〜370kcal
  • オニオンベーグル…280〜330kcal
  • エブリシングベーグル…280kcal
  • チョコチップベーグル…290kcal
  • シナモンレーズン…270kcal
  • セサミベーグル…290kcal
  • ブルーベリーベーグル…290kcal

 

以上がコストコで販売されているベーグルのカロリー一覧になります!ヘルシーと言われているベーグルですが、こうしてみると意外にカロリーが高いんですね。

・実は高カロリー?!パンと比べるとどの位違う?

カロリーを一覧でみるとカロリーが高いベーグルですが、パンと比べてどう違うのか、気になりますよね。ベーグルとパンの違いは原材料にあるとの事で、パンはバターや牛乳、卵を使って作るのに対し、ベーグルはそういった材料を使わずに作られているそうです。その為、パンと比べるとベーグルはカロリーは低めなのだとか。

作り方についても、パンは発酵させて作るのに対し、ベーグルは発酵させた生地を熱湯で茹でてから焼き上げるのだそうで、工程に一手間加える事で水分の蒸発を防ぎ、モチっとした食感にさせる事が出来るそうです。

モチっとしたベーグルの方が食べ応えがあるので、パンと比べると腹持ちが良いのが特徴。なので、パンを食べるのであれば、ベーグルサンドでしっかりと食べ応えを味わった方がダイエットに向いていると言えますね。

・ベーグルのカロリー低い理由がわかる!他のパンとカロリー比較!

ベーグルのカロリーが低い理由をご紹介しましたが、それでは、実際に他のパンと比べてベーグルのカロリーは低いのか、実際のカロリーを比較してみましょう。説明したベーグルのカロリーが低い理由は当てはまっているのか、カロリーを比較することでよくわかるはずです。先ほど紹介した、コストコのプレーンのベーグルは260~330kcalでした。コストコで売られているベーグルは1個当たり120gほどで一般のベーグルより少し大きいので、一般にお店で売られている1個60gサイズのプレーンベーグルのカロリーで比較してみます。通常サイズのプレーンベーグルのカロリーは1個60gで130kcalほどです。

それでは、ベーグルが他のパンに比べてカロリーが低い理由が当たっているのか、他の一般的なパンとカロリーを比較して検証してみましょう。

【ベーグルのカロリーと他のパンのカロリー比較/100g当たり】

  • ベーグル…210kcal
  • 食パン…265kcal
  • コッペパン…265kcal
  • フランスパン…280kcal
  • デニッシュパン…300kcal
  • クリームパン…235kcal
  • ぶどうパン…270kcal
  • カレーパン…290kcal
  • あげぱん…335kcal

 

これだけ見てみても、どのパンよりもベーグルのカロリーが低いのが分かります。やはりベーグルのカロリーが低い理由である材料の違いによって普通のパンよりもカロリーが低いことが良くわかりました。しかし、カロリーが高めのパンの中ではカロリーが低いベーグルですが、ほかの食材と比べるとどうなんでしょうか…?

「低カロリーでヘルシー」は嘘だった?!ベーグルで太る原因5つ

パンの部類の中ではカロリーは低めのベーグルでも、小麦やバター、卵などのカロリーが高い原材料を使用しているので、食材の中ではカロリーは高めです。ただ、モチっとした食感で食べ応えがあり腹持ちも良いので、間食ではなく食事として食べるのがオススメですが、食べ方を間違えると太る原因になるので注意して下さいね。

・ベーグル以外の主食とカロリーを比べてみた

ベーグル以外の主食のカロリーを調べてみました。

(※100gあたりのカロリーを算出しています。)

  • ご飯:168kcal
  • 中華麺:281kcal
  • ジャム付き食パン:約300kcal
  • あんぱん:280kcal
  • クリームパン:305kcal
  • チョココロネ:308kcal

 

パンの中ではカロリーが低いベーグルも、ご飯や麺類と比べるとややカロリーは高めです。その為、間食として食べると一気にカロリーオーバーしてしまう可能性が高いので、注意が必要です。

・実は糖質も高い

ベーグルは小麦やバターなどの糖質が高い原材料を使用していますので、プレーンのベーグルで100g中の糖質は6gとやや高め。ベーグル1個につき200g前後になるので、1個あたりの糖質は低くても12gの計算になり、サンドイッチにして食べる場合は具材の糖質も加算されるので、挟む具材にも注意したいところですね。ダイエット中に食べる場合、プレーンのベーグルをそのまま食べたり、サンドイッチにする場合はカロリーや糖質が低い鳥ササミやレタス、トマトなどを選び、マヨネーズなどの調味料は控えた方が良さそうです。

・間食で食べてしまうと主食のカロリーと合わせてオーバーしてしまう

ベーグルはそれ自体のカロリーが高めなので、間食というよりも主食として食べた方が良い食材だと言えます。ベーグルサンドイッチとして食べると、カロリーは高くはなりますがベーグル独特のモチっとした食べ応えのある食感で腹持ちが良いので、朝食や昼食に向いています。間食で食べる場合は3食の食事にベーグルのカロリーが加算される事になるので、ダイエット中に食べる場合は主食として置き換えるのがポイントです!

・サンドする具材によってカロリーの別れ道になるので注意

ベーグルにサンドする具材によってカロリーが高くなるかどうかの分かれ道になります。サンドイッチの具材として人気なのがベーコンやチーズですが、これらは糖質もカロリーも高いのでオススメ出来ません。ダイエット中にベーグルサンドを食べる場合、ヘルシーで満足感も得られる鳥ササミや鶏胸肉を利用したり、野菜も糖質が低くダイエットにもオススメのアスパラやブロッコリーなどを添えると、より食べ応えのあるヘルシーなサンドイッチになりますよ!

・デザート系のベーグルを選ぶと高カロリーになってしまう

ベーグルは甘いデザート系のものもありますが、デザート系のベーグルはよりカロリーが高くなっているので気をつけましょう。コストコで販売されているベーグルの中でも、チョコチップやブルーベリーなどはカロリーも高めなので、出来ればシンプルなプレーンベーグルを選ぶと良いですよ。

Posted by admin