​​ common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

カレーパンのカロリーと糖質は?!ダイエット中はやはりカレーパンを食べてはダメ?!

2018.10.9

香ばしいパン生地に大好きなカレーがギッシリと入っている、多くの人が愛するカレーパンですが、カロリーが高いのでダイエット中は躊躇する食べ物です。急に食べたくなることがあるけれど、誘惑に負けて後悔したくないですよね。しかし、我慢するストレスほど身体に害を及ぼすことはありません。思い切ってカレーパン、食べましょう。今回はカレーパンのカロリーや糖質、さらには食べるタイミングや注意点についてご提案します。

カレーパンは太る?!

カレーパンは太りやすい要素がたっぷりと言われるのは、油で揚げたパンにもカレーのルーにも小麦粉が含まれるため、カロリーが高く血糖値が上がりやすい食品だからです。インドやネパールで食べられているカレーには香辛料がたっぷりと入れられていますが、日本で販売されているカレーはそれらとは異なり、日本人の味覚に合うよう香辛料を厳選し、アレンジが加えられ、なかには砂糖が入っているルーもあります。小麦粉や砂糖が入ったループラス揚げパン、ダイエットをしている人は食べるべきではないと言われる理由がわかりますよね。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

カレーパンのカロリー

カレーパンの大きさや調理方法によってカロリーは異なりますが、1個あたり200キロカロリー後半から400キロカロリーです。カレーパンをどうしても食べたいなら、1個あたりのカロリーを把握しなくてはなりません。

カレーパンのカロリーと他のパンと比べてみた

カレーパン1個あたり200~400キロカロリーを頭に入れ、他のパンと比較してみましょう。

  • チョココルネ 270キロカロリー
  • ミートパイ 298キロカロリー
  • シナモンロール 415キロカロリー

上記はコンビニなどで手に入るサイズなので、メーカーによって大きさやカロリーは異なりますが、基本的にパンは1個で300キロカロリー超えの高カロリー食品、他のパンを食べて我慢するよりカレーパンを食べたほうが満足できますね。また、最近の糖質ダイエットブームに乗って糖質制限を意識したパンを販売しているメーカーもあります。

カレーパンのカロリーをメーカー別に比べてみた

身近に手に入るカレーパンを比べてみましょう。

  • セブンイレブン 253キロカロリー
  • ファミリーマート 355キロカロリー
  • ローソン ビーフカレーパン 341キロカロリー
  • ローソン とろーり半熟卵入りカレーパン 361キロカロリー
  • デイリーヤマザキ 384キロカロリー
  • 神戸屋 ビーフカレーパン 377キロカロリー
  • 木村屋 カレーパン 335キロカロリー
  • ミスタードーナツ イギリス風カレー 293キロカロリー

 

カロリーが明記していない商品でも300キロカロリー後半であることを意識して食べなくてはなりませんね。

カレーパンの糖質

大きさや調理法にもよりますが、カレーパンの糖質は36~40gです。他の食品と比べてみましょう。

  • お米茶碗一杯 55.1g
  • 食パン 26.6g
  • フランスパン 13.7g
  • クロワッサン 14.0g
  • ベーグル 43.1g
  • ショートケーキ 51.1g
  • ジャガイモ 16.1g
  • バナナ 28.2g

糖質が多めの食材を挙げました。同じパン類で見てもカレーパンの糖質が高めであることがわかります。

近所のパン屋にもあるかも?!糖質制限を意識したカレーパン

糖質制限を意識したカレーパンをご紹介します。

  • イトーパン カレーパン15.5g
  • ローソン ブランの焼きカレーパン 15.8g
  • ローソン ブランのチキンカレーパン 15.3g
  • 糖限郷(通信販売)糖質ハーフのスパイシーカレー 10.1g

 

一般的なカレーパンに比べると大幅に糖質をカットしています。可能なら糖質制限を意識したパンを選びましょう。近所のパン屋さんに低糖質のカレーパンがあるかもしれないのでチェックしてみると良いでしょう。

ダイエット中にカレーパンを食べるときの注意点

カレーパンはカロリーも糖質も高めなので、食べる場合はなるべく血糖値を上げない食べ方をしなくてはなりません。

■ランチに食べる

ランチにカレーパン1個だけ食べてもお腹が満たされるわけはなく、ひもじい思いをするだけなので、カレーパンは食事の締めと捉えましょう。野菜や魚を中心にした炭水化物を抜いた昼食後に時間を置かずにカレーパンを食べます。

■カレーパンを1日のトータルカロリーに組み込む

自分がどれくらいのカロリーを摂っているか、把握することはダイエットを成功させるうえで大事です。例えば朝昼とカレーパンを合わせて1500キロカロリー摂取したら、夜は少しひかえめにするなど、意識する程度で十分です。カロリーと糖質が高いカレーパンを夜に食べるようなことは避け、できれば朝食にすると良いでしょう。香辛料の効果で朝から身体が温まり1日ポカポカした身体を維持することができますよ。ただ、朝食でカレーパンをいきなり食べると血糖値を急上昇させてしまうので、スープやサラダを食べて血糖値の上昇を緩やかにしてから食べるようにしましょう。

■焼きカレーパンを選ぶ

揚げるとパン粉が油を吸うのでカロリーが高めになります。焼きカレーパンを選ぶようにしましょう。

■食べることに集中してしっかりと噛む

テレビやスマホ操作など、ながら食べをすると満腹中枢が正常に働きません。食べることに集中し柔らかいパンであってもしっかりと噛みしめて味わいながら食べ、唾液をたくさん分泌させて消火を促進させましょう。

最後に

小麦粉で作られたパンは腹持ちが良くありません。つまり1食と考えると足りるわけがなくストレスが溜まるので、カレーパンは何かを食べた後に締めとして食べると良いでしょう。

text:common編集部

Posted by admin