common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

しらたきのカロリーや糖質は?!ダイエットに活かせるしらたきの簡単レシピをご紹介

2018.10.7

ダイエットブログを見ると多くのブロガーさんがしらたきで痩せているのを見かけますが、真似をしてしらたきダイエットをしても痩せなかった方、いませんか?!それはしたらきのカロリーが低い故の落とし穴にはまっているからかもしれません。今回はしたらきのカロリーや糖質はもちろん、ダイエットに活かせる簡単なレシピをご紹介します。

しらたきのカロリー

しらたきはこんにゃく芋を糸状にした食べ物です。100グラムで5キロカロリー、ほとんどが水分ですが食べごたえがありますよね。

しらたきに栄養はあるのか?!

たった5キロカロリーなので栄養がないかもしれないと心配になりますが、しらたきの原材料はお伝えしたようにこんにゃく芋、食物繊維が豊富に含まれています。こんにゃくは水分をそのまま維持し腸を通過し便を一緒に排出してくれます。

したらきの糖質

しらたきには糖質がほぼ含まれていません(0.1g)。カロリーや糖質がほとんどないからダイエットに適した食材なのですが、なかにはしたらきダイエットで失敗する人もいます。次項で詳しくご説明します。

カロリーが低いのにダイエットで失敗?!しらたきダイエットで痩せない理由

しらたきダイエットで痩せない理由について考えられることを挙げます。

■アレンジ料理の落とし穴

しらたきの味に個性がないのでとてもアレンジしやすい食材です。それが仇となってダイエットを失敗させてしまう人がいます。例えば、しらたき自体にカロリーはなくてもカルボナーラにしたり脂つきの肉をたっぷり使った焼きそばにしたり、おかずとして濃い味付けにしてお米と合わせて食べたりしてカロリーオーバーを起こしている可能性があります。

■しらたきに偏り過ぎ

しらたきは食物繊維が豊富でしかもカロリーも糖質もほとんどない、だからそれだけを食べていれば確実に痩せると思った人は偏ってしらたきのみを食べていたのではないでしょうか。それが何を示すのかというと、偏って食物繊維を摂取したせいで、便秘を起こし体内の自律神経を乱した可能性があります。食物繊維には水溶性と不溶性があり、1対2の割合で摂取すると心地よい便通が期待できるとされています。しらたきは不溶性食物繊維が豊富です。しらたきばかりを食べることで起こしてしまった便秘によって腸内環境が乱れ、その結果自律神経も乱れると血行不良を起こすので、酸素と栄養が行き渡らず各器官が十分に働けなくなる、結果として痩せにくい身体になるのです。
また、しらたきを炭水化物の代替えとして長期間食べることで糖質不足に陥り、身体が危機を感じて糖質を溜めこんでしまった可能性もあります。いつでもダイエットをやめられると自分の頭ではわかっていても、身体は勝手に救済措置をとってしまうのです。

しらたきダイエットを成功させるポイント

上記項目から、しらたきダイエットを成功させるポイントを挙げます。

■バランス良い食生活にする

しらたきダイエットのみでは糖質が不足します。他の(野菜など)食材から糖質を上手に取り入れるために、バランス良い食生活を心がけましょう。

■しらたきの食べ過ぎを防ぐ

しらたきは1日1袋までを目安に「昼と夜のみ」など自分でルールを決めて食べ過ぎを防ぎましょう。

しらたきの簡単ダイエットレシピ

しらたきダイエットを成功に導く簡単なレシピをご紹介します。

しらたきの簡単ダイエットレシピ①しらたきのスープ

ポイントはトマトベースのスープにすることです。トマトには強い抗酸化作用(リコピン)があり、他の栄養素と違って加熱による栄養素の損失は少ないことが特徴です。準備するものはしらたきとトマトジュースとコンソメと塩、さらにキャベツなどのお好みの野菜です。ベーコンを入れると美味しいのは間違いありませんが、ダイエットをしているなら加工食品は避けたほうが良いでしょう。作り方は簡単、鍋にトマトジュースを煮立たせそこにカットした野菜を投入します。コンソメと塩で少し味付けをしてしらたきを入れたら完成です。

しらたきの簡単ダイエットレシピ②しらたきのピリ辛料理

このレシピはキムチと納豆を使用します。フライパンでしらたきを乾煎りします。そこにキムチを入れてしばらく炒め、さらに納豆を入れます。最後に納豆のタレとお好みでしょうゆを入れて混ぜたら完成です。キムチは水溶性食物繊維なので食物繊維をバランス良く摂ることができます。またキムチと納豆は発酵食品、整腸効果は抜群に良いです。

しらたきの簡単ダイエットレシピ③しらたきのパスタ

しらたきのアレンジ料理の王道、パスタにして食べたいですよね。パスタにするなら和風をおすすめします。しらたきはフライパンで乾煎りしておきます。お好みの野菜(きのこや豆苗がおすすめ)をカットし、きのこ類を炒めます。次に豆苗としらたきを入れて和風だしの素としょうゆで味を整えたら完成です。

最後に

しらたきはカロリーも糖質もほぼありませんが、偏って食べるとダイエットを失敗させることになります。アレンジ料理をするときもなるべく薄味を心がけ、他の食材もバランス良く摂るようにしましょう。

text:common編集部

Posted by admin