common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

お茶がもつダイエット効果とダイエットにおすすめ市販のお茶5選!本当に痩せるのはどれ?

2018.10.6

お茶が身体にいいということは、日本人なら誰でも知っていますね。ですが、ダイエット中の水分補給にお茶がピッタリだということをご存知でしょうか?「ダイエットにはどのような種類のお茶が効果的なの?」気になるお茶とダイエットの関係を解説します。

本当に痩せるお茶って?水より水分補給におすすめのお茶がもつダイエット効果

お茶には様々な効能や効果があると言われていますが、その中でもダイエットに効果的な特徴とはどのようなものなのでしょうか?

便秘改善効果

まず第一に、お茶には便秘改善効果があります。お通じが悪いと、便が腸内に溜まって腐敗し、有害ガスを発生させて新陳代謝を低下させてしまいます。お茶を飲むことで、お通じを改善させて代謝を上げてくれる効果が期待できます。

冷えの改善

次に、冷えの改善。身体が冷えると血行不良が起こり、身体中の各器官に必要な酸素や栄養が届かないだけではなく、老廃物の排出も滞ってしまい、むくみを起こしやすくなるとされています。温かいお茶で身体を温めることで、むくみを予防し、血流を改善できるでしょう。

血糖値を下げる

また、血糖値を下げてくれる働きを持つお茶も中にはあります。血糖値が急激に上がると、インスリンの分泌が増えて血中の糖を脂肪として溜めこみやすくなってしまうため、ダイエットにはもってこい。代謝が低下すると、食べた物を脂肪として溜めこみやすくなるので、代謝改善効果は脂肪燃焼効果とも結びつくとされています。

食べ過ぎ防止

さらに、食べ過ぎを防止する効果も。ストレスなどによる食べ過ぎに悩まされている人にとって、リラックスを促したり、満腹を感じやすくしたりといった効果が期待できるお茶は強い味方になってくれます。 

ダイエット中の水分補給におすすめの市販のお茶5選!本当に痩せるのはどれ?

ダイエット中におすすめの市販のお茶①緑茶

日本人にとって最も馴染みのある緑茶。脂肪燃焼効果が期待できるカテキンやサポニン、カフェインが多く含まれています。ダイエット効果だけでなく、健康や美容の強い味方として知られています。

ダイエット中におすすめの市販のお茶②黒烏龍茶

黒烏龍茶は重合型カテキンがというカテキンが含まれています。重合型カテキンは、体内にある脂肪を体外に排出してくれる効果を持つ強力なカテキン。通常のカテキン単体にもこの脂肪排出作用はありますが、重合カテキンはさらにその作用が強く、さらに腸内にある脂肪や糖の吸収を阻害する働きもあるので、よりダイエット効果が高いとされているのです。
通常の烏龍茶にも重合型カテキンが含まれていますが、黒烏龍茶の方が多く含まれているので、よりダイエットに効果的。

ダイエット中におすすめの市販のお茶③黒豆茶

黒豆といえば、イソフラボンやポリフェノール。これらの成分には血液の流れを促進する働きがあります。血行が促進されると、身体に溜まった余分な水分や老廃物の排出が促されるので、黒豆茶にはむくみ解消効果があるとされています。

ダイエット中におすすめの市販のお茶④ルイボスティー

ルイボスティーの原材料は、アスパラサスリネアリスという植物の根。原産地である南アフリカでは昔から「不老長寿のお茶」として親しまれています。ルイボスティーには様々なミネラルが含まれており、血行を促進してむくみを解消するといわれているのです。

ダイエット中におすすめの市販のお茶⑤ごぼう茶

ごぼうには不溶性・水溶性両方の食物繊維が含まれています。便秘解消に効果のある野菜であることは昔からよく知られていますね。ごぼうを薄く切って天日干しにし、炒って煎じたのがごぼう茶。日常的に飲むようにすることで、便秘を解消する効果があるといわれています。

ドラッグストアで市販されている「ダイエット茶」ってどうなの?本当に痩せる?

ドラッグストアなどで販売されている、いわゆる「ダイエット茶」。様々な種類がありますが、商品によって効能や成分が異なります。そのため、ただ「ダイエット茶」と呼ばれるものを飲めばいいわけではなく、自分のダイエットの目的に合ったものを選ぶようにすることが大事になります。例えば、便秘を改善してダイエットしたいという人は、特に便秘効果に特化したお茶を選ぶことが重要。また、継続して飲むようにすることも重要。そのためにも、毎日楽しめるような好みのフレーバーを選ぶのがいいでしょう。

市販のお茶で効果最大限!本当に痩せるお茶の飲み方とは?

いわゆるダイエット茶の飲み方ですが、様々な種類があるため一概には言えません。烏龍茶がベースになっているダイエット茶なら食事中に飲むと効率がいいなど、お茶の種類によってダイエットに効果的な働きが違うので、痩せるのに最適な飲む時間帯も変わってきます。必ず製品パッケージの表記を確認するようにしましょう。

最後に

日頃から口にしている緑茶や烏龍茶をはじめ、専用のダイエット茶にもさまざまな種類があります。しかし、どれもサプリメントなどではなくお茶ですから、劇的な体重の変化や減量を望めるかというと、さすがに期待ができません。お茶ダイエットを始めるにあたって、食習慣や運動習慣を見直すことは重要になります。辛い食事制限まではしなくてもいいですが、毎日甘いお菓子をお腹いっぱいになるほど食べるなどといったことは控えるようにしましょう。ちょっとだけ食事をヘルシーなものにする、ストレッチやウォーキングなどで少し体を動かすなどといった心がけに併せて生活にお茶を取り入れれば、さらに高いダイエット効果が期待できますよ。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、その後産業や健康経営事業を進めている。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin