common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中のカレーはOK?カレーの効果を活かしたカレーダイエットの痩せるレシピと食べ方

2018.9.9
ダイエット中にどうしてもカレーが食べたくなることってありますよね。カレーには太る要素がたくさんあるため、ダイエット中にカレーを食べるのは不向きというのがダイエッターの常識でしょう。しかし、カレーの成分を見ると、ダイエットに全く効果がないわけでもなさそう…?!今回のテーマは「カレーでダイエットができるのか? 」です。カレーの効果を活かしたカレーダイエットの痩せるレシピとダイエット中の食べ方をご紹介します。

ダイエット中のカレーが太ると言われる理由

まずはダイエット中のカレーが太ると言われる理由についてご説明します。

■流し込むことができるから食べ過ぎる

カレーはご飯があっても一緒に流し込むことができます。「カレーは飲むもの」という名言を残したウガンダさんを崇拝する人は多いですよね。そう、流し込めるので満腹中枢を刺激する前に何杯でも食べることができるのです。

■食欲を増進させるから食べ過ぎる

カレーに含まれるスパイスは辛いと感じても2口目を誘う味ですよね。「辛い」と言いながら完食、さらにはおかわりをしたくなります。そう、クミンやコリアンダーには胃腸の働きを良くして食欲を増進させる働きがあるのです。

■どうしても糖質を摂りすぎる

市販のカレー粉には小麦粉と砂糖が含まれます。それに加えてライスやナンを食べたくなりますよね。こちらも糖質、さらにじゃがいもを入れると美味しいのはあたりまえ、糖質とわかっていてもつい入れてしまいます。カレーは「糖質祭り」だから太ると言われているのです。

■市販の固形カレールーを使うから

これは仕方がないことですが、市販のカレールーは日本人の口に合うよう成分を調合されていて、なかにはカレー本来のスパイスがほとんど入っていないルーもあります。例えば固形のルーにはフルーツペーストやビーフブイヨンなどは原材料名の前のほうに記載され、カレー粉と記載があっても具体的に何が入っているのかわからないようになっています。

このようにカレーが太ると言われる理由を考えるとやはりカレーでダイエットをするのは無理なのかと思ってしまいますが、カレーその物に含まれるスパイスの成分はとても優秀なのです。

カレーに含まれるダイエットに効果的な成分

アジア諸国のカレーを好んで食べる国々の皆さんを見てください。スリムな方が多いイメージがありますよね。次に、カレーに含まれる成分の働きによってどのようなダイエット効果がもたらされるのかをご紹介します。

■ウコン(ターメリック)

ウコンにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールといえば抗酸化作用、また、胃腸の機能を整えたり脂肪を燃焼させる働きもあります。

■クミンやコリアンダー

前の項目でクミンやコリアンダーには食欲を増進させる働きがあることをお伝えしましたが、その他にも脂肪を燃焼させたり消化機能を活性化させたりする働きがあります。

■シナモン

シナモンには血行を促進させる作用があります。

■唐辛子

唐辛子にはご存知の通りカプサイシンが含まれているので発汗作用があり血行を促進させます。

■ニンニク

ニンニクに含まれるスコルニジンは熱を加えることで脂肪を燃焼させる効果を発揮させます。また血行を促進させる働きもあります。

■野菜や肉など栄養たっぷりの具材

カレーに入れる具材の代表格は玉ねぎ・人参・じゃがいもなどの野菜と肉です。ダイエットのためにじゃがいもを省いたとしても、玉ねぎがもつ脂肪を燃焼させる作用や血行を促進させる働き、人参がもつ代謝を上げる作用やむくみ防止の効果など、カレーの具材となる野菜には、ダイエットに役立つ成分がたくさん含まれています。また肉類には人間には欠かせない動物性タンパク質が含まれています。肉は悪玉コレステロールを減らしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果があり、カレーの具材としての肉類そのものが太る理由にはならないでしょう。

Posted by admin