チョコレートダイエットはカカオ含有量が決め手!賢い選び方・食べ方を伝授- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

チョコレートダイエットはカカオ含有量が決め手!賢い選び方・食べ方を伝授

2018.11.2

チョコレートはカロリーが高いからダイエットの敵!そう思っている方は多いのではないでしょうか。でも実は選び方さえ間違えなければ、チョコレートはダイエットの味方になります。今回は、チョコレートがダイエットに効果的な理由と、正しいチョコレートの選び方についてご紹介します。

チョコレートのカロリーが高いのは事実!

チョコレートを齧る

誤解を招かないためにはじめにお伝えしますが、チョコレートは糖質や脂質が多く、カロリーが高い食べ物です。一般的な板チョコ1枚で250kcal程度。お茶碗1杯(150g)の白米と同等のカロリーがあります。

つまり、チョコレートをたくさん食べればダイエット出来る!ということでおすすめするのではなく、チョコレートに含まれる成分にダイエット効果が期待できるということをお伝えしていきたいと思います。上手に活用していきましょう!

チョコレートがダイエットに効果的な理由

チョコレート

まずはチョコレートのどんなところがダイエットに有効なのか?チョコレートがもつ驚くべき効能についてご説明します。

■カカオポリフェノールがコレステロール値を低下

テレビなどでよく耳にするカカオポリフェノール、具体的に何をしてくれるのかというと、コレステロール値を下げ血液の滞りを予防したり改善したりします。さらに簡単に言うと、酸化し血管にこびりついた悪玉コレステロールを取り払うことができます。

■血行促進

チョコレートの原料であるカカオにはカフェインが含まれており、その働きで血行を促進させることができます。ダイエットで効果を得るコツのひとつは血行の促進、隅々まで血を巡らせ体内の機能を活発に働かせることで不要なものを体外に排出させます。

■抗酸化作用

身体のサビが老化を招くことは、情報番組でもよく特集されていますよね。チョコレートに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、身体のサビを防止する働きがありあります。身体のサビとダイエットにどういった関わりがあるのかというと、身体のサビ(酸化)が進行すると、腸内細菌のバランスが悪くなり、腸内環境が悪化し便秘といった肥満の原因を作ってしまうのです。つまり身体のサビ(酸化)を防ぎ腸内細菌のバランスを良くすることがダイエット成功の鍵になります。

■食物繊維が豊富に含まれている

野菜ではないので一見して食物繊維が豊富には見えませんが、チョコレートに含まれるカカオにはリグニンという食物繊維が含まれています。食物繊維は消化されず腸まで届き不要となった物に水分を含ませて体外に排出する働きがあります。

■ストレス改善

ダイエットをしていると少しのことでイライラし、つい自分に「ご褒美」をしてしまいますよね。そんな時はチョコレートをご褒美にすることで、体も心も満足し、ダイエットのイライラを解消することが出来るでしょう。それはチョコレートに含まれるカカオポリフェノールにリラックス効果があるからです。もちろんダイエットにも有効な一石二鳥の食べ物です。

チョコレートダイエットにおすすめするチョコレートの選び方

■高カカオチョコレート

チョコレートといっても、どんなチョコレートでもダイエット効果があるわけではありません。チョコレートダイエットでおすすめするのはカカオ含有量70%以上の「高チョコレート」と呼ばれるチョコレートです。

以前までは海外旅行のお土産や輸入雑貨店くらいしか見なかった高カカオチョコレートですが、最近はスーパーのお菓子売り場で見かけるようになりました。パッケージに大きくカカオ○%と含有量が記載されているので、購入される場合は必ずチェックしてください。

■おすすめはカカオ含有量70%から

カカオの含有量が多いほどもちろん効果が期待できますが、カカオの苦みがあり、人によっては苦手な方もいることでしょう。また、カフェインによる気管支拡張や興奮でドキドキしたり、利尿作用でトイレが近くなったりする可能性もあるので、急にカカオ含有量の多いチョコレートを食べるのはおすすめできません。

はじめはカカオ含有量70%あたりから挑戦して、徐々に含有量が多いチョコレートを試してみてください。

■安価すぎるものはおすすめしない

高カカオチョコレートが注目されるようになって、多くの小売店が日本製だけでなく、海外製のチョコレートを販売するようになりました。高カカオチョコレートは一般的なチョコレートよりも高いので、つい特売品がないか見てしまいますよね。

しかし、なかにはパッケージに「カカオ含有量70%」と記載されていても、実際はカカオが70%も含まれていない商品もあります。これは生産元のモラルですが、明らかに安すぎるものに手を出さない方が安心でしょう。

■いくつか試しに食べるものおすすめ

人によって体質はそれぞれです。つまり「これがいいよ」と人から言われても、その人にとっては口当たりが気に入らなかったり、美味しいと思わなかったりします。だから、ダイエットを始めるときに何種類か準備して、試しながら自分に合ったチョコレートを見つけることをおすすめします。

チョコレートを食べるタイミングと量

チョコレートを食べる女性

チョコレートを食べる量やタイミングもダイエット効果を高めるために大切なポイントです。

・1日50gを目安にする
・朝昼晩食前に食べる

 

高カカオチョコレートは脂質もカロリーも多めなので、気が向いたときにちょこちょこ食べるという方法はおすすめできません。1日50g(板チョコの半分弱)を目安に、3度の食事に分けて食前に食べます。チョコレートのカロリーが高いからといって食事を抜くのではなく、バランスよく摂取することがダイエット効果を高めるポイントです。

 

 

チョコレートが持つ意外なダイエット効果や選び方、おすすめの食べ方についてご紹介しましたがいかがでしたか?ダイエットのためにおやつを我慢してストレスを貯めている方にも、チョコレートはおすすめの食べ物です。上手に取り入れて、健康で美しい体を目指しましょう!

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。