common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

鍛えるべきはお腹の「奥」と「下」!ぽっこり下腹が凹むトレーニング5選

2019.1.21
引き締まったお腹を目指して、腹筋を鍛えている女性は多いのではないでしょうか。しかし毎日鍛えていても、下腹だけ出てしまうことに悩んでいる人もいると思います。実は、下腹を引き締めるためにはそのためのトレーニング方法があるんです!詳しくご紹介していきます。

ぽっこり下腹が嫌だ!原因は何?

別に太っていないのに、下腹だけぽっこり出てしまう。そんな悩みはありませんか?下腹がでていると、座ったときにお腹のお肉がたるんでしまったり、細身のパンツが綺麗に着こなせなかったりと残念なことがたくさん起こります。

ぽっこりお腹になる原因の多くは、お腹下部の筋肉が衰えてしまっていること。それは普段の生活で使う腹筋は上部を使うことが多く、何も意識しないと下部の筋肉を使うケースは少ないからです。

また、加齢や運動不足により腹筋が弱くなると、臓器を支えられなくなり位置が下がってしまいます。内臓下垂も下腹が出てきてしまう一因になっています。

腹筋は大きく分けると3つ

お腹の筋肉 ぽっこりお腹

腹筋と一言でいっても複数の筋肉からできているので、トレーニングも腹筋の各部位に合わせて選択すると結果がでやすくなるでしょう。ここで、3つの腹筋の場所と特徴をご紹介します!

1、腹直筋(ふくちょくきん)

胸の下からへその下まで続く腹筋で、シックスパックの筋肉としても有名です。主に、姿勢保持や体を起こすために使われます。下腹とは腹直筋の下部のことで今回鍛えるメインの部位です。

2、腹斜筋(ふくしゃきん)

腹直筋に対して斜めにある筋肉で、主な役割は体幹部の回旋動作や屈曲。お腹周りを引き締めてくれる重要な部位で、鍛えると通称『人魚線』といわれるラインが出ます。

3、腹横筋(ふくおうきん)

お腹を凹ませたときに動く筋肉で、インナーマッスルの一つです。体幹を安定させる、臓器の位置を安定ために重要な筋肉です。正しい姿勢をキープするためにも欠かせません。他にも、下腹や脇腹を引き締める効果が期待できます。

Posted by admin