common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【医師監修】フルーツグラノーラは太るって本当?健康に良いと思い込みがちな食材リスト

2018.6.21

フルーツグラノーラは太るって本当?グラノーラは健康によさそうだけど、、、私たちの身近には、“健康に良い”イメージの食品がたくさん存在します。しかし、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生によると、そういった食品に頼りすぎるのは危険なんだそう。ダイエットをスムーズに成功させるためにも覚えておきたいことを、教えてくれました。

それって本当に“健康にいい食べ物”ですか?

健康的にダイエットを行う上で、ぜひ注意してもらいたいのが、“健康にいい食べ物”という思い込みを持ってしまうこと。これは美容にいい、ヘルシー、ダイエットに効く、そういった情報を過信しすぎる方は、特に注意して欲しいと思います。

“健康にいい”と言われる食品には、確かにそれなりの理由があると思います。不足しがちな栄養を補うことができるものや、少量で満足感を得ることができるものなど、実際に頼りになるものがほとんどです。

ただしそれらのカロリーは、意外にも高いことがあります。

グラノーラは太りやすい

例えばこんな食品はイメージよりもカロリーが高いことがあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

グラノーラ1食(約50g)=約250kcal
野菜ジュース(コップ1杯)=約60kcal
豆乳ラテ(Lサイズ)=約150kcal
ドライフルーツ マンゴー(約100g)=約370kcal

他にも、ヘルシーなイメージの強いスムージーも1杯で500kcal程度あることも珍しくありません。特に甘味料やヨーグルト、牛乳が入っているスムージーはカロリーが高い可能性が大。朝食の代わりということであれば良いかもしれませんが、食事と共に飲むドリンクや3時のおやつとして取り入れるとカロリーオーバーしてしまいます。

フルーツグラノーラはヘルシーじゃない!?

海外セレブや日本のモデルさんなどが取り入れたことで人気となったグラノーラ。一般に、フレーク状にしたトウモロコシやオーツ麦、小麦、大麦といった穀物とナッツ類やドライフルーツを合わせ、砂糖やはちみつ、メープルシロップといった甘味料を加えてオーブンで焼いたものです。ヘルシーで身体にいい!というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

フルーツグラノーラは食べ過ぎは太りやすい

確かに穀物やナッツ類が主原料なので、鉄分やミネラル、ビタミン、食物繊維が気軽に摂れる便利な食品だと言えます。

ただ、一口にグラノーラといってもさまざまな種類があることを覚えておきましょう。市販のグラノーラは、砂糖や小麦粉多く使用されていることがほとんどです。そのため、味は美味しく食べやすいものの、カロリーはどうしても高くなってしまいがち。血糖値も上昇しやすいでしょう。そのため、食べ過ぎれば当然太ってしまいます。

ダイエットの味方として取り入れたいなら、砂糖を使用せず自然の甘味料で作ったグラノーラなども登場しているので、いろいろ探してみると良いかもしれません。

野菜ジュースを野菜の代わりにしてはダメ

野菜ジュースを、野菜不足を補うという目的で取り入れるのは良いと思いますが、だから野菜を食べなくていいと思い込むのはよくないですね。過信しないことが大切です。理想はきちんと本物の野菜から栄養を摂ることです。

野菜ジュースでも砂糖が入っていたら太る

グラノーラと同じように、砂糖が含まれていることもあります。ダイエット中に取り入れるなら、砂糖不使用のものを選ぶようにするなど工夫してみましょう。

タンパク質不足にご注意を!

またそういった食品にばかり頼ってしまうと、筋肉や髪、肌の材料となるタンパク質が足りなくなってしまうことも。それでは美容にも健康にもよくありませんね。もし、引き締まった身体を目指してるのなら、タンパク質の摂取は尚更大切です。

赤身のお肉やお魚、卵、納豆などからタンパク質をとるようにしましょう。

 

“健康にいい食べ物”に頼って、偏った食生活になっていませんか?それが、ダイエットの妨げになっているかもしれません。イメージに振り回されずに、本当に身体に良い食事方法を実践していきたいですね!

医師工藤孝文

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。

text:common編集部

Posted by admin