真似したい!ベストボディジャパン優勝者に聞いた、コンテスト直前に実践した食事方法- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

真似したい!ベストボディジャパン優勝者に聞いた、コンテスト直前に実践した食事方法

2018.6.11

『ベストボディ・ジャパン2018千葉大会』のウーマンズクラスで満点を獲得し、グランプリに輝いたMegさんが実践した食事方法を教えてもらいました!その内容は意外にも・・・!?

コンテスト優勝者の食事が気になる!

ここ数年で一般的にも浸透してきた、美ボディを競うコンテストの存在。優勝する方は、さぞストイックな食生活を送っているんだろうな・・・と想像している方も多いのではないでしょうか。

その気になる実態を探るべく、健康的でバランスのとれた美しい身体を競う健康美コンテスト『ベストボディ・ジャパン2018千葉大会』のウーマンズクラスでグランプリに輝いたダンサーのMegさんに、大会前に行った食事方法について教えてもらいました!

8キロ減量してコンテスト優勝!NY帰りのプロダンサーが魅せる“完璧ボディ”(Meg)

基本的には、しっかり食べる

私は週に10本ほどダンスレッスンをしていて、有酸素運動のクラスもあるので、カロリーを消費してしまうんです。なので、大会前でも基本的にはしっかり食べていました。身体を動かすためのエネルギーとしても必要だと思うので。

食事する女性

当てはまらない人が多いかもしれないですが、中には運動量が多かったり、痩せやすかったりする方もいるはず。そういった方は、私のようにしっかり食べると良いと思います。

食事は、身体の中に入れるものなのでとても大事!特に30代40代からは食べるものに左右されることも多いと感じます。だから大人女性の方は、楽しみながら美味しいものを食べられたらいいですよね!

炭水化物抜き!蒸し野菜&蒸し鶏でラストスパート

大会の2週間前には、レッスン後の夜遅くに食事をするときはご飯(炭水化物)を減らすなどの工夫をしていましたね。

蒸し野菜

あとは、蒸し野菜と蒸し鶏をメインに食べていました。味付けは無しでというストイックな方も多いですが、私はそこまでは出来なくて、ポン酢で食べていました。

普段食べるスイーツも、しっかり控えましたよ!

ストレスなく“腹八分目”が一番いい

大会に出場するとはいえ、食事制限に関してはストレスが貯まるほどはやりませんでした。30代40代になると、極端な食事制限は肌などに負担をかけることになってしまうので・・・。

それにストレスは身体にとって良くないと思っているので、どうしても食べたいときには食べてましたね。

ただ、ガンとか健康面のことを考えても、“腹八分目”“腹六分目”が良いと言われていますよね。「痩せるため」だけじゃなくて健康面に目を向けると、無理なく食事管理できると思います!

ここぞのときに“プチ断食”もおすすめ

やっている女性も多いと思いますが、プチ断食もおすすめ。昨年『ベストボディ・ジャパン長崎大会』でグランプリをとったときにも、取り入れました。

プチ断食 ジュース

プチ断食もそうですが、人それぞれ合っている合っていないがあるので、いろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけるのが一番だと思います!

 

真似できないほどストイック!というイメージは覆されたのでは?ある程度年齢を重ねてからの無理な食事制限は、筋肉量の低下や肌への負担といった悪影響を及ぼすことも。大事なことは“腹八分目”を心がけ、ストレスを溜めない食事を続けていくことなのですね。あなたも早速、心がけてみては?

Meg

ダンサー、ズンバインストラクター。国内外の有名トップアーティストのMVに多数出演。ライブやテレビ番組でバックダンサーも務める。現在は、ヒップホップ、ズンバのクラスを中心にインストラクターとして活躍中。

Instagram : @sugar_meg

text:common編集部

commonからのHOTな情報を手軽にGETしよう!

最新のフィットネスやビューティー情報など、ライフスタイルを彩る情報を配信中!

LINE友達限定のプレゼントキャンペーンも随時開催!

友だち追加
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。