common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中に摂っていい糖質量は?ご飯は1杯食べていい?

2019.8.21
あなたは1日にどのくらいの糖質を摂っていますか?気にせず好きなだけ摂る人もいれば、完全にカットしている人もいるのではないでしょうか。糖質は少なすぎても多すぎてもダイエットに影響します。今回はダイエット中に摂っていい糖質量についてご説明します。

ダイエット中はどのくらいの糖質を摂っていい?

食事制限ダイエットの基本は糖質量の調整です。糖質量は個人差やそのときの状況によって異なりますので、毎日これだけ摂れば良いというのはありません。ただ、摂取糖質量の『目安』はあります!

例えば運動するときは糖質量を増やした方がいいですし、逆に運動を全くせずエネルギーを使わない生活をしているのなら糖質を減らした方がいいかもしれません。

ただし、完全カットするメリットはありませんので、やりすぎないようにしましょう。ここからは、詳しくダイエット中の糖質量について解説していきます。

糖質制限ダイエットの糖質摂取量

炭水化物の朝食

ダイエット中に摂取すべき糖質量は、先程ご説明したとおり個人差や状況によって量は異なります。ここではパターン別の糖質量をご紹介します。糖質は、白米1膳に55g程度はいっています。そして、日本人1日の平均糖質摂取量は300gだそうです。

1. ゆるめの糖質制限ダイエット

1食20~40g。無理なく楽しく続けやすい糖質量として食・楽・健康協会が推奨しています。体型をキープしたい、老けたくないという方にも最適。運動を合わせれば、ダイエットすることが可能です。

2.ケトン体ダイエット

糖質量は1日50gとかなり少なくなります。糖質量が制限される分、エネルギー源として植物油を中心に、脂質を摂取することが推奨されています。脂質を摂らないと危険なので注意しましょう。ただし、方法はさまざまのようです。

Posted by admin