common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

“炭水化物を減らす”は本当に正解なのか。知らないと損をするダイエットのこと 

2019.7.29
ここ数年で、“痩せたければ炭水化物を抜けばいい”という、いわゆる糖質制限ダイエットの考え方が根付いてきましたね。確かに糖質制限ダイエットは、痩せることができる方法です。しかし、糖質を制限することにはいくつかのデメリットもあります。今回は、スポーツ科学と栄養学を専門とする筆者が、炭水化物を減らす前に知っておきたいいくつかの事実を紹介していきます。

炭水化物を減らす前にこれだけは知っておこう!

最近炭水化物を減らす、糖質制限がダイエットの方法として定着してきましたね。あなたの周りにも、糖質制限ダイエットで痩せることができた方がいるのではないでしょうか。

しかし、周りの人が成功したからといって、炭水化物を減らすことであなたがダイエットに成功するとは限りません。炭水化物を減らすことには、デメリットもあります。

炭水化物を減らす前には、炭水化物を減らすメリットだけでなくデメリットを知っておき、それを考慮して挑戦するのが理想的です。

今回は、スポーツ科学と栄養学を専門とする筆者が、炭水化物を減らす前に知っておきたい“事実”を紹介していきます。

炭水化物の栄養素

ご飯

まずは今回紹介する炭水化物について、体内ではどのような役割を果たしているのかを紹介します。

炭水化物は、「糖質」と「食物繊維」という2つの栄養素からできています。炭水化物=糖質だと思っていた方にとっては、少し驚きの事実かもしれませんね。

食物繊維は知っての通り、ダイエットの味方になる存在です。胃や小腸を綺麗にしてくれる栄養素で、摂取することで水分を吸収して膨れ上がるので、満腹感を味わうこともできます。血糖値の上昇も穏やかになり、脂肪が溜まりにくくなります。

糖質は、エネルギー源として働く栄養素です。体内では糖質と脂肪がエネルギー源として使われますが、糖質は脂肪よりもすぐに使いやすいエネルギー源だと言えます。

Posted by admin