ダイエットで風邪をひくのは何故?風邪の改善・予防におすすめの食べ物|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

ダイエットで風邪をひくのは何故?風邪の改善・予防におすすめの食べ物

2019.6.30

ダイエットと始める前と比べて風邪をひきやすくなったと感じることはありませんか?特に無理をしているわけではないのに、なぜ風邪を引いてしまうのでしょうか。今回はダイエットで風邪を引いてしまう理由と、食べるべきおすすめの食べ物についてご紹介します。

ダイエット中は風邪をひきやすい!?

筆者も経験があるのですが、ダイエットやトレーニングなど体作り中は、いつもより風邪を引きやすくなっている気がします。

健康に良いと思ってやっているのに、体を壊すなんて不思議ですよね?たまになら我慢できても頻繁に風邪をひくようになってしまったら、生活に支障がでてしまうので困ってしまいます。

予防のためにも風邪の原因を把握し対策をしてみましょう!

ダイエット中に風邪をひきやすい理由・原因

風邪を引いた女性

医師ではないので風邪の原因を特定することはできません。しかし、ダイエット期間に風邪をひくということは、ダイエットが原因になっている可能性があるとも思います。

そもそも風邪をひきやすい時というのはどのような時でしょうか。例えば、新しい職場で緊張しながら働いて一ヶ月。だいぶ新しい環境になれてきたころに突然の高熱・・・・・「きっと疲れがたまっていたんだな」と自分に言い聞かせるといったことはよくありますよね。

多忙なときやプレッシャーなど『疲労やストレス』を感じているときは、いつもより免疫細胞の働きが悪くなるそうです。これはダイエットでも同じで、食事制限による『栄養不足や偏り、我慢によるストレス』があると免疫細胞の働きが悪くなります。

ダイエットで風邪をひかない鍵は栄養バランス!

ダイエットのために食事制限をすることは大切ですが、風邪をひいてしまっては元も子もありませんよね。風邪予防のために、ダイエット中は栄養バランスには気を使うようにしましょう。

ウイルスから守る免疫細胞は、食事による栄養素で成り立っています。そのため、ダイエットによって栄養バランスが乱れると風邪をひきやすくなってしまうと考えられます。

人は5大栄養素である『糖質』『脂質』『たんぱく質』『ビタミン』『ミネラル』がなくては生きていけません。ダイエット中はカロリーや糖質を意識するあまり、5代栄養素のバランスが乱れがちです。ダイエットによる栄養不足やストレスが続けば、風邪をひきやすくなります。

食事制限をしながらでも最低限の必須栄養素は摂れば、風邪をひくことはだいぶ少なくなるでしょう。

風邪予防のためには5大栄養素を中心にさまざまな栄養素を摂取する必要があります。どの栄養も大切ですが、特に風邪予防におすすめの食べ物をご紹介しますので、意識して摂取してみてください。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物①:ほうれん草、ブロッコリー、人参

ビタミンはたくさんありますが、特にビタミンAとビタミンCを摂取しましょう。ビタミンAはウイルスの侵入を防ぐ粘膜を強化します。ほうれん草やブロッコリー、人参を食べてください。

ほうれん草やブロッコリーは糖質量が少なく、ダイエット中でも安心して食べられますね。

にんじんは、βカロテンの量が非常に豊富で、他の緑黄色野菜と比較としてもずば抜けています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、免疫力の強化やアンチエイジングに働きかけてくれます。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物②:キウイ

風邪をひいたらビタミンCが良いというイメージを持っている人も多いのでは?ビタミンCは免疫力を活性化させるので、風邪の予防のためにも摂っておきたい栄養素です。

ビタミンCは熱に弱いので、生で食べられるキウイやいちご、みかんなどを摂取しましょう。中でもキウイは食物繊維が豊富で、腸内環境の整えてくれるのでおすすめです。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物③:肉

五大栄養素

たんぱく質は侵入してきたウイルスから守る免疫細胞の素になる栄養素です。たんぱく質は免疫細胞だけではなく、ダイエットに必要な筋肉の材料にも使われるので特に意識して摂るようにしてみましょう。

効率的にたんぱく質を摂りたいなら、お肉が良いですね。ダイエット中でカロリーが気になるなら、脂質が少ない鶏胸肉がおすすめです。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物④:納豆

大豆製品もたんぱく質が摂れるので、ダイエット中やトレーニングをしている人にはおすすめの食べ物です。中でも発酵食品である納豆は、腸内を綺麗にしてくれます。

腸は人間の臓器の中で、最も重要な免疫器官だと言われています。そのため、腸内環境が乱れているといくら気をつけても、風邪をひきやすくなります。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物⑤:ココア

ココアにはカカオポリフェノールが摂取でき、たんぱく質、食物繊維、ミネラルも含まれています。

森永製菓株式会社が行った検証によると「ココアを飲むことによって、インフルエンザウイルス感染に対してより高い予防効果が期待できると考えられる」と結論づけられています。

ダイエット中は砂糖たっぷりのココアは避けたいですが、ほんのり甘いココアを飲むことでストレス解消にも繋がると思います。ストレスは免疫力低下の元なので、1日1杯のココアでリラックスすると良いかもしれません。

ダイエット中の風邪を予防する食べ物⑥:ヨーグルト

乳酸菌も、食物繊維と同様に整腸作用があります。ヨーグルトや納豆を食べるようにしてください。ヨーグルトはたんぱく質も補給できるので、トレーニングをしている人にも最適です。

習慣にするために、毎朝、もしくは毎晩食べてみましょう。

筋トレをして糖質を摂らないと風邪をひく!?

ご飯

栄養不足は風邪をひきやすくなりますが、実は、筋トレも一時的に免疫力が低下します。筋トレ後のホルモン過剰分泌や、乳酸による酸性体質によって免疫力が低下するので風邪をひきやすくなります。これらの状態は筋トレ後72時間続くそうです。

では、どのようにして予防すればいいのでしょうか?

それはご紹介した栄養素とは別に、糖質を摂取することです。糖質は脳や筋肉のエネルギー源になるので、筋トレによる疲労を軽減、回復することができます。免疫細胞の活性化にも効果があるので、ダイエット中でも筋トレの前後には摂取するようにしましょう。

筋トレをしているにもかかわらず糖質を完全に抜くと、免疫力が低下するばかりか筋肉も分解されてしまうので注意してください。

ダイエット中にの風邪予防は体温調整も大事

栄養バランスが整えば風邪をひくことは少なくなります。しかしそれだけでは予防しきれません。そこで栄養バランスと一緒に意識して欲しいことは、体温調整です。

例えば汗をかいたまま冷房にあたると、急激に体温が奪われ体力が低下します。そうすると免疫細胞が弱まり、逆にウイルスが活発になるそうです。予防のためにも、汗をかいたらすぐに着替えるようにしましょう。また、運動後や入浴後の冷房にも注意してください。

かといって空調完備の場所ばかりにいると、汗をかかなくなるので体温調整が上手くいかなくなってしまいます。これも風邪の原因になるので、なるべく一日一回は汗をかく運動をするようにしましょう!


ダイエット中はいつも以上に健康管理を!

ダイエット中はいつもより風邪をひく可能性が高くなります。風邪をひいて寝込んでしまうと、せっかく痩せても元に戻ってしまうかもしれません。予防のために多少カロリーが増えたとしても、栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。最終的にはその方が綺麗に痩せられると思います。ぜひ栄養を意識してみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

LINE@友達追加

美尻特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram