common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

気のせいじゃなかった・・。食べたのにお腹が空く原因と5つの解決方法

2019.6.25
さっきしっかりとご飯を食べたのに、もうお腹が空いてきた・・・。ダイエット中にそんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。食べたのにお腹が空くのには、いくつか原因があります。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者がその原因と解決法を紹介していきます。

食べたばかりなのにお腹が空く・・・!

ダイエット中に問題となるのが、“空腹との戦い”です。ダイエット中は食べ過ぎを辞めて摂取カロリーを減らそうとするため、空腹を感じることが多いですが、そこで好きに食べてしまってはダイエットは成功しません。

しかし、「さっき食べたところなのにもうお腹が空いてきた」「次の食事まで待ちきれない」という経験をしたことがある方も多いと思います。

空腹はただでさえ辛いのに、食事の後すぐにお腹が空いたと感じてしまうと、気持ち的にも辛いですよね。

食後すぐにお腹が空いたと感じるのには、実はいくつかの原因があります。この原因を解消することで、つらい空腹をなくすことができます。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が食事の後にお腹が空く原因とその解決法について知っていきましょう。

食べたのに空腹を感じる原因

空腹の女性

食事の後にどうしてすぐにお腹が空くのか、その原因について紹介していきます。原因を知ることで、食後の空腹を避けることができますよ。

1. 血糖値が下がりすぎる!?

まずは、食事の後に血糖値が急激に下がることが挙げられます。血糖値は血液の中に含まれている糖がどれだけあるかを表す数値で、血糖値が下がると、体は糖を作り出すと同時に、食事から糖を補おうとします。つまり、血糖値が下がることで食欲が湧いてくるのです。

食事を摂った後には血糖値が上昇するので、しばらくの間は満腹感が続きますが、急激に血糖値が上がる方は要注意です。というのも、急激に血糖値が上がる方は、インスリンというホルモンが多く分泌され、糖が急速に筋肉に取り込まれ、結果すぐに血糖値が下がるからです。

血液検査を行わないと分かりませんが、食事を食べたのにすぐに空腹を感じる、という方は血糖値が急激に上昇している可能性があります。

この解決法については後ほど紹介していきます。

2. 満腹ホルモンが分泌されていない

食事を摂ると、「PYY」や「GLP-1」といったホルモンが小腸から分泌されます。これらは満腹ホルモンとも呼ばれ、分泌されることで満腹感が感じられます。

しっかり食事を摂ったつもりでも、満腹ホルモンの分泌が悪いと、なかなか満腹感を感じることができません。

また、食事の内容によってもこれらのホルモンは分泌されやすさが変わってきます。満腹ホルモンが出やすい食事を摂ることで、満腹感を得られることに繋がります

3. 満腹中枢が刺激されていない

満腹感は、脳にある満腹中枢という部分で感じられます。この部分をしっかり刺激してあげないと、「食事を摂ったのに空腹を感じる」ということに繋がります。

食事を摂ったのにすぐに空腹を感じる、という方は食事で満腹中枢をしっかり刺激できていない可能性が考えられます。満腹中枢を刺激するような食事の摂り方を意識しましょう。

 

このように、食後すぐに空腹を感じるのには、いくつかの原因が考えられます。こうした原因から考えて、食後の空腹を避けるにはどのような方法が挙げられるのでしょうか。ここからは、食後の空腹をの防止するために実践したい方法を紹介していきます。

Posted by admin