common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

セルライトの元凶!夏冷え解消マッサージ&ストレッチをプロが伝授

2019.6.18

夏こそ痩せたいのに、ダイエットがなかなか成功しないのは、“冷え”が原因かもしれません!体が冷えると、代謝の低下や血行不良が起きることで、脂肪やセルライトが蓄積しやすくなります。そこで今回は、夏冷えによって増える脂肪やセルライトを撃退する方法を、エステティシャンである筆者がご紹介します。

脂肪が増える原因は、冷えのせい!?

特に生活を変えていないのに夏は太ってしまう、夏の旅行のためにダイエットを頑張っているのに痩せられない・・・

そんなときに疑ってみて欲しいのが、体の冷えです。

夏になるとエアコンや扇風機が効いた場所に長時間いたり、冷たい食事や飲み物、アイスクリームを食べる機会が増えたりするもの。さらに、体は熱を発散しようと汗をかいて体温調整をしています。汗をかいたまま涼しい部屋に行くと、一気に体が冷えてしまうことに・・・。

暑いのを我慢すると熱中症などの危険もあるため、適度に涼しい場所で体温を調整することが大切ですが、1日中エアコンの効いた場所で過ごしていたり、冷たい食べ物ばかり食べていると体がどんどん冷えてしまいます。お腹や太ももを触ってみて、「冷たい」と感じたら、体がだいぶ冷えている証拠ですよ。

今回は、エステティシャンである筆者が夏冷えによって増える脂肪やセルライトの原因となる夏冷えを解消する方法をご紹介していきます。

冷えによって太る理由

冷える女性

体が冷えると血液循環が悪くなります。すると、むくみやセルライトができやすくなります。内臓機能も低下し、便秘や下痢、消化不良、食欲不振といった不調も引き起こされます。基礎代謝も落ちるので、消費エネルギーが減り、脂肪が増えやすくなります。

むくみがあると太って見えるだけでなく、血行の妨げとなり、さらに冷えが起こるという悪循環に陥ってしまいます。すると、次の冬もさらに冷え性が悪化。むくんでいる状態が当たり前になり、セルライトは肥大化して硬く頑固になります。

痩せたくても、なかなか脂肪が落ちにない体になってしまうのです。

このように冷えは太りやすい体質に直結しています!そうならないためには、体の内側、外側を日頃から温めることが大切です。

ここからは、具体的に何をすれば良いのかご紹介していきます。

夏冷えを解消!脂肪やセルライトを作らない方法

1.常温の水を飲む

夏の時期は汗をかくことも多く、体温調節するためにも水分を摂ることは必要。ここで大事なのことは、冷たい飲み物をたくさん摂りすぎないことです。つい氷の入った飲み物を口にしてしまいますが、外側からも内側からも冷やすと、体は悲鳴をあげてしまいます。

暑い日でも、常温の水を飲むように心がけましょう。エアコンなどで冷えを感じときには、白湯を取り入れるようにして内臓を冷やさないようにしてくださいね。

2.小麦・夏野菜を摂りすぎない

夏は喉ごしの良い麺類や夏野菜を多く摂りがちになりますが、小麦や夏野菜は体を冷やす原因になります。食べ過ぎにはご注意を。

麺類や夏野菜は食べるなら、体を動かす昼間に取り入れるのがおすすめ。夕食は、温野菜や生姜などの体を温める食材、肉や魚などのたんぱく質源を摂るようにしましょう。食事の際は、一番最初に温かい味噌汁やスープなどを口にするようにして、内臓を温めるように工夫することも大切です。

3.入浴と運動によって体を温めること

1日の終わりはシャワーだけで済ませずに入浴によって体を温めるようにしましょう。入浴の際に温浴効果のある入浴剤を取り入れて血行促進を促しながら足先からふくらはぎ、太ももをマッサージしたり、腕を伸ばしたり体をひねるなどのストレッチをおこない冷えて硬くなった筋肉をほぐすようにしましょう。

脂肪をセルライト化にさせないためには体を冷やしっぱなしにしないこと、温めることによって血行促進をさせることはもちろんですが、ストレッチやエクササイズ、マッサージによってむくみや老廃物を放置しない、筋肉を動かすことが重要です。

夕方以降の過ごしやすい気温の時にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をして体を動かしたり、入浴後の体が温まっているうちにストレッチをして筋肉をほぐすのも良いですね。

4.カーディガンやストール、靴下で冷え対策

勤務先や自宅で長時間エアコンの効いた部屋で過ごすことが多い方は、首や肩を冷やさないようにカーディガンやストールを常備しましょう。直接冷たい風に当たらないようにしたり、足先が冷えやすい方は靴下を履いて足先を冷やさないようにする工夫も大切です。

夏冷え解消マッサージ法

ここからは、血行&リンパの流れを良くするおすすめのマッサージ方法をご紹介。じんわり体が温まりますよ。わきの下にはリンパが集中しているので、入念に揉み解しましょう。顔色も良くなります。

夏冷え解消マッサージ

1.二の腕をまっすぐ垂直にあげ、マッサージクリームもしくはオイルをなじませてひじ〜脇に向かって約1分流しましょう。

2.二の腕を手の指に引っ掛けるように外から内側にひねるように約2分繰り返し流しましょう。

3.腕を上げ、脇の部分を全体的に約30秒揉みほぐしましょう。

夏冷え解消ストレッチ法

体が冷えていると、肩甲骨周辺の筋肉も固くなっていますよ。肩甲骨を大きく動かすことで、全身の血行を促進していきます。簡単なストレッチですが、冷えの解消に効果大。肩こりや疲労を感じたときにも取り入れてみてください。

夏冷え解消ストレッチ

1.手のひらを上に向け、腕を肩の位置までゆっくりと持ち上げます。少し後ろへ引っ張り肩甲骨を寄せ、そのまま30秒キープ×3回繰り返しましょう。

2.手を後ろで組み、腕をゆっくりと上がるところまで持ち上げます。姿勢をまっすぐ伸ばして30秒キープ×3回繰り返しましょう。

 

冷え対策で脂肪・セルライトを増やさない!

夏に太る、ダイエットをしてもなかなか痩せないという方は、夏冷えを防止することが大切です。夏の冷えは、セルライトを増やす原因にもなっていますよ。体を内側、外側から温める工夫をすることで、代謝の良い体を目指してみてください。

寒川あゆみ

寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目にてエステティックサロン private salon Laule'aを運営。自身のコンプレックスであったニキビ肌やダイエットなどの経験から美容に興味を持ち美容業界に従事。エステサロン運営の他、ビューティー講師、美容ライターとしても幅広く活動中。
Instagram @laulea.beauty

Posted by admin