「ご飯抜き」はむしろ太る。ご飯を食べて痩せる新ダイエット方法- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

「ご飯抜き」はむしろ太る。ご飯を食べて痩せる新ダイエット方法

2019.5.13

ご飯を抜いたら痩せた!とここ数年よく耳にしますよね。実は、それは間違った情報なのかもしれません。実践した人の中には、痩せるどころかむしろ太ったという人もいるようです。はたしてその真相とは・・・!?今回は、ご飯抜きが太る理由とご飯を食べて痩せる新ダイエット方法をご紹介します。

ご飯はキレイな体にとって必要な栄養

糖質制限ダイエットの影響もあり、『ご飯=糖質=太る』というイメージが定着してきていますね。まるで糖質が敵のような扱いになっていますが、本当に排除すべき栄養素なのでしょうか?

糖質は脳や筋肉のエネルギーとして使われる栄養素です。不足すると疲労感や精神不安定が起こるといわれています。

痩せるためには我慢できるという人もいるでしょうが、痩せるのは一時的だけで、逆に太りやすい体質になるかもしれません。これについては後で詳しく解説しますね!

今回は、ご飯を食べて痩せる新ダイエット方法をご紹介します。

ご飯の栄養素

白米

まず、ご飯=糖質だけのイメージになっていますが、糖質以外にもさまざまな栄養素が含まれています。

ご飯の栄養素150g(252kcal)

糖質(55.7g):脳や筋肉のエネルギー源
タンパク質(3.8g):筋肉や肌、血をつくる
脂質(0.5g):ホルモンの構成、臓器の保護、寒冷耐性
ビタミンB1(0.03mg):免疫力向上、脳神経系を正常にする
ビタミンB2(0.02g):肌細胞を活性化する
カルシウム(5g):骨を強くする
鉄分(0.2g):貧血予防
マグネシウム(11mg):血圧の維持
亜鉛(0.9g):肌や髪の状態を良好に保つ
食物繊維(0.5g):整腸作用で便秘改善

このようにご飯にはたくさんの栄養素が含まれています。

本格的に体作りをしている人も、ブログやInstagramなどを見ると適度にご飯は食べるようにしているようです。ダイエット中に不足しがちな栄養素も含まれているので、完全にカットするのはもったいないかもしれませんね。

なお、栄養素に炭水化物がありませんが、炭水化物とは『糖質+食物繊維』のことなので表記はしていません。

ご飯抜き(糖質制限)ダイエットで太るケース

お腹スリムな女性

ご飯にもカロリーが含まれているのに、なぜ食べないと太りやすくなるのでしょうか?ご説明します。

1.リバウンドしやすくなる

ご飯には体作りに最適な栄養素が豊富に含まれています。仮に完全にご飯(糖質)をカットすると栄養が不足して身体が飢餓状態になり、必要以上に脂肪を溜め込みやすくなってしまうかもしれません。

なお、糖質が不足するとかわりに筋肉を分解してエネルギーに変えます。そのため例え痩せても基礎代謝が下がるので、リバウンドしやすい体質になる可能性が高くなるでしょう。

2.ストレス耐性が弱くなる

ご飯の栄養素の中でも『糖質』は脳の栄養素として使われます。脳がエネルギー不足になると些細なことでストレスを感じるようになり、物事に対して正常な判断ができなくなるそうです。

ストレスで身体が弱体すると必要以上に栄養を求めるようになるので、暴飲暴食にもつながってしまうかもしれません。

3.間食が増える

ご飯を食べないということは、人間にとって必要不可欠な糖質が不足している可能性が高くなります。糖質が不足すると脳がエネルギー不足を感じて何か食べるように指示をだしてくるそうです。そうすると間食が止められなくなって太ってしまいます。

実際に、糖質制限をしてご飯の量を減らしているという人が、おやつはしっかり食べていたことがあります。この状態に陥ってしまう女性は多いのでは?

4.エネルギーが不足する

ご飯を食べないと脳と身体が思うように機能しなくなります。身体が動かなければカロリーも消費できませんし、力もでないので筋肉量も減ってしまいます。これでは代謝が落ちるので当然痩せることは難しくなり、なんのためにご飯を抜いたのかわからなくなってしまいますよね。

このような理由により、ボディメイクのプロでもご飯はしっかり食べるようにしているそうです。

新ダイエット方法!太らないご飯の食べ方

ご飯

ここでは太りづらいご飯の食べ方をご紹介します。手間暇がかからないので、さっそく今日から試してみてくださいね!

・白米じゃなくて玄米か雑穀米

食後は血糖値が上昇してそれを下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンは糖を脂肪に変える働きがあるので、ダイエットのためには抑制しなければなりません。白米と比べて玄米や雑穀米は血糖値の上昇が緩やかなので、インスリンの分泌も少なくてすみます。

このため、同じ量を食べても白米より玄米や雑穀米の方が太りづらくなるのです。

玄米や雑穀米は、腹持ちが良いのも特徴です。血糖値が上昇して下がり始めたときに人は空腹を感じます。玄米や雑穀米は血糖値の上昇が緩やかなので『長時間に渡って満腹感が持続』できます。間食の予防になりますね!

また、食物繊維が豊富で便秘解消にも効果的です。

・最初に食べない

血糖値の上昇を抑えるための対策として、ご飯はあとから食べましょう。定食なら、汁物やサラダ(野菜料理)を食べ、メインのタンパク質源を口にしてからご飯を手にとりましょう。

ご飯を全く避ける必要はなく、順番を意識することで、自然とご飯を食べる量も減らせます。

・よく噛んで食べる

ご飯はパンやパスタより噛み応えがあり、満足感を得やすい主食です。一口20~30回噛むことを意識して満腹中枢を刺激しましょう。噛めば噛むほど味がでてきますよ。

・100gのご飯を食べる

体格や運動量によっても差がありますので一概にこれというのはいえませんが、健康食で有名なタニタ食堂によると1食500kcalでそのうちご飯の量は100g(160kcal)だそうです。通常の茶碗1杯分は約150gなので、それよりも少し減らして食べるのが良いということです。

ただし、運動量に対して食事量が足らないと筋肉が分解してリバウンドしやすくなってしまいます。そのため本格的に運動をしている人ならもう少し量を増やすか、食事の回数を増やしてもいいかもしれません。

ご飯を抜くより運動を始めてみない?

人によってダイエットは一生続きますので、できるだけストレスが少なくしたいものです。ご飯を一生抜くのはとてもつらく、食事に対する喜びが半減してしまいます。そこでおすすめなのが『運動』です。

運動をすればご飯を食べても痩せることができますし、なによりも綺麗に痩せることができます。

特におすすめなのが『筋トレ』です。ダイエットをしていると脂肪よりはやく筋肉が分解されてしまうので痩せてもブヨブヨで、しかも代謝が落ちるのでリバウンドしやすい身体になってしまいます。

筋トレをしながらダイエットをすれば筋肉量を維持できるので、リバウンドを予防して綺麗に痩せることができるでしょう。また、筋トレ後の食事は脂肪になりづらいので、いつもよりたくさん食べることができます。ぜひやってみてくださいね!

 

ご飯を食べて楽にダイエット!

ご飯を抜くと太る理由と太らないご飯の食べ方をご紹介しましたがいかがでしたか?ご飯抜きは痩せると思っていた人には衝撃的な内容だったかもしれませんね。今までご飯抜きダイエットしていた人もこれからしようとしていた人も、これをきっかけに”ご飯を食べて痩せるダイエット”に挑戦してみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

LINE@友達追加

美尻特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram