common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「ご飯抜き」はむしろ太る。ご飯を食べて痩せる新ダイエット方法

2019.5.13
ご飯を抜いたら痩せた!とここ数年よく耳にしますよね。実は、それは間違った情報なのかもしれません。実践した人の中には、痩せるどころかむしろ太ったという人もいるようです。はたしてその真相とは・・・!?今回は、ご飯抜きが太る理由とご飯を食べて痩せる新ダイエット方法をご紹介します。

ご飯はキレイな体にとって必要な栄養

糖質制限ダイエットの影響もあり、『ご飯=糖質=太る』というイメージが定着してきていますね。まるで糖質が敵のような扱いになっていますが、本当に排除すべき栄養素なのでしょうか?

糖質は脳や筋肉のエネルギーとして使われる栄養素です。不足すると疲労感や精神不安定が起こるといわれています。

痩せるためには我慢できるという人もいるでしょうが、痩せるのは一時的だけで、逆に太りやすい体質になるかもしれません。これについては後で詳しく解説しますね!

今回は、ご飯を食べて痩せる新ダイエット方法をご紹介します。

ご飯の栄養素

白米

まず、ご飯=糖質だけのイメージになっていますが、糖質以外にもさまざまな栄養素が含まれています。

ご飯の栄養素150g(252kcal)

糖質(55.7g):脳や筋肉のエネルギー源

タンパク質(3.8g):筋肉や肌、血をつくる

脂質(0.5g):ホルモンの構成、臓器の保護、寒冷耐性

ビタミンB1(0.03mg):免疫力向上、脳神経系を正常にする

ビタミンB2(0.02g):肌細胞を活性化する

カルシウム(5g):骨を強くする

鉄分(0.2g):貧血予防

マグネシウム(11mg):血圧の維持

亜鉛(0.9g):肌や髪の状態を良好に保つ

食物繊維(0.5g):整腸作用で便秘改善

このようにご飯にはたくさんの栄養素が含まれています。

本格的に体作りをしている人も、ブログやInstagramなどを見ると適度にご飯は食べるようにしているようです。ダイエット中に不足しがちな栄養素も含まれているので、完全にカットするのはもったいないかもしれませんね。

なお、栄養素に炭水化物がありませんが、炭水化物とは『糖質+食物繊維』のことなので表記はしていません。

Posted by admin