common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「17日間ダイエット」がすごい!好きに食べても痩せる方法を伝授

2019.3.24

17日間ダイエットというのを聞いた事はありますか?今までの食事制限やカロリー制限ダイエットとは、ちょっと違った効果があるそうです。今回は気になる17日間ダイエットについて、詳しくご紹介していきます。ダイエットがうまくいかない人や、もっと綺麗に痩せたい人はぜひ試してみてください。

17日間ダイエットとは?

「17日間ダイエット」は、モレノ博士が考案した事からモレノ式ダイエットとも呼ばれています。17日間ダイエットをテーマにした本は、全米で130万部以上売れたそうです。

世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット―一生太らない!絶対リバウンドしない!

一般的なカロリー制限ダイエットよりも効果が実感しやすく、しかもリバウンドしづらいという事から一躍人気のダイエット法となりました。

17日間とはいっていますが、実際は4つのサイクルをそれぞれ17日間ずつやるといった内容になります。食べることが好きな人でもつらくないダイエット法なので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

【医師監修】糖質制限で痩せた人、痩せない人の違いが判明

17日間ダイエットのメリット

喜ぶ女性

17日間ダイエットにはどのようなメリットがあるのでしょうか?他のダイエットとは違うメリットをご紹介します。

1.極端なカロリー制限がない

基本的にはカロリー制限はゆるくなっています。食べる物の制限はありますが、カロリーについてはさほど厳しく考えなくて大丈夫です。常に空腹でふらふら、というダイエット方法ではありません。

2.即効性がある

4つのサイクルがありますが、多くの人が最初の1サイクル目でダイエット効果が実感できるそうです。ダイエットをモチベーション高く継続するうえで、早めに効果を感じることは大事。即効性があるおかげで、最後までやりきることができます。

3.リバウンドしづらい体質になれる

通常の食事制限ダイエットはリバウンドがつきものです。しかし、17日間ダイエットは一気に痩せるにもかかわらず、最終的にはリバウンドしづらい体質になれます。

4.肌の調子がよくなる

17日間ダイエット期間は野菜をいつもより多く摂取します。ビタミンとミネラルの効果によって今よりも肌の調子が良くなる事でしょう。

5.特別な物はいらない

通販でしか手に入らないような物は使いません。基本は近所のスーパーにあるものだけでダイエットができます。

「8時間ダイエット」の効果がすごい!リバウンドしないやり方を伝授

17日間ダイエットの基本ルール8つ

ヘルシーな食生活

17日間ダイエットには8つのルールがあります。そんなに!?と思うかもしれませんが、内容は簡単で健康的な食生活を心がけるだけです。ご説明します。

1.4つのサイクルにわける

「促進期」「活性期」「確立期」を各17日ずつ、「達成期」は継続という流れでやります。わからなくならないようにスケジュール管理をするのもいいかもしれませんね!

2.朝にレモン水を飲む

朝に飲む事で胃腸を活発にさせて消化吸収を促進させます。

3.水を1日2L以上飲む

基本は水を1日2L以上飲みます。ジュースやお茶などは含みません。

4.食事は腹八分目まで

お腹いっぱいまで食べるのはNGです。腹八分目で慣れるようにしましょう。

5.発酵食品を食べる

発酵食品を取り入れます。ヨーグルトがおすすめです。他にも納豆や味噌もいいですね。

6.野菜をたくさん食べる

野菜を意識的に多く食べるようにします。糖質が多い野菜は避けましょう。(※サイクルによって糖質制限の内容が変わります)

7.アルコール禁止

お酒は利尿作用があるので水分が排出されてしまいます。糖質も多いので控えてください。

8.有酸素運動を17分間する

1日17分間、有酸素運動を必ずしてください。ウォーキングやランニング、自転車などなんでもOKです!17分間なら、継続しやすいですね。

AYAさん監修「BBB(トリプルビー)」は痩せるって本当?成分・効果を解説!

17日間ダイエットのやり方

17日間ダイエット食材

基本は4つのサイクルを、各17日間ずつ順番にこなしていきます。内容を詳しくご紹介していきます。

<促進期(17日間)>

最初のサイクルは、糖質制限の期間です。野菜とタンパク質を中心に食べましょう。少し大変ですが、痩せやすい体質をつくるベースになりますのでがんばってください!

食べてOKな食品
1.低脂質のタンパク質(鮭、カレイ、鶏胸肉、卵(2個まで)など)
2.発酵食品(ヨーグルト、キムチ、減塩味噌など)
3.野菜(キャベツ、ほうれん草、ピーマンなど)
4.良質な油(オリーブオイルや亜麻仁油など)
5.糖分が少ない果物(りんご、オレンジ、ベリー類など)

<活性期(17日間)>

促進期と活性期の食事を1日ごとに交互に行います。活性期だけ、炭水化物はOKです。また、糖質が多い食べ物はなるべく日中に食べるようにしましょう。

食べてOKな食品
1.促進期のメニュー
2.甲殻類(カニ、エビ、牡蠣など)
3.赤身の肉(牛、豚、ももなど)
4.穀物(玄米、大麦、オートミールなど)
5.豆類(大豆、いんげん、えんどう豆など)
6.でんぷん(じゃがいも、かぼちゃ、とうもろこしなど)※なるべく日中に食べる

<確立期(17日間)>

体重を定着させる期間です。野菜は食べ放題ですが、タンパク質は少なめにします。間食や少量のアルコールもOKです。タンパク質を少なめ以外は、ほとんどなんでも食べられるのが嬉しいですね!

食べてOKな食品
1.促進期、活性期のメニュー
2.でんぷん(パスタ、パン、オールブラン、うどん、無糖米、シリアルなど)
3.タンパク質(ソーセージ、ベーコンなど)※少なめ
4.野菜(アボカド、海藻、かぼちゃなど)
5.果物(バナナ、マンゴー、さくらんぼなど)
6低脂肪乳製品(チーズ、牛乳、豆乳)

<達成期(無期限)>

いままでのサイクルによってだいぶ体重が減ったと思います。達成期は体重を維持するための期間です。期限はないので、今後ずっと達成期の生活を心がけていきます。

1.月~金曜日
月曜日の朝食から金曜日の昼食までは、好きなサイクルのメニューが食べられます。
2.金~日曜日
金曜日の夕方から日曜日の夕方はサイクル関係なく好きな物を食べてください。ただし暴飲暴食はさけてくださいね!

17日間ダイエットの注意点

17日間ダイエットで痩せても、元の乱れた生活習慣に戻してしまえばリバウンドが起こる可能性があります。ダイエットには終わりはありませんので、油断して暴飲暴食にならないように注意しましょう!

また、食事ばかり気にして基本ルールを忘れてしまう人が多いそうなので、成功させるためにも基本ルールは守るようにしましょう。

そして、くれぐれくも無理はしないこと。ダイエットには個人差がありますので、体調が悪くなるなど自分の身体には合わないと思ったら途中でも止めてください。健康な体が一番大事です。そのことは忘れないようにしてくださいね。

 

17日間ダイエットで人生を変える!

17日間ダイエットは、食に対するストレスが少なく綺麗に痩せられる画期的なダイエット法です。しかも減らした体重を維持しやすくなるように計画されています。これまでダイエットに失敗してきた人にも、嬉しい効果があるかもしれません。ぜひ、17日間ダイエットに挑戦してみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

Posted by admin