common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

お弁当にしたら痩せた?!作り置きおかずでらくらくダイエット弁当に挑戦しよう!レシピもご紹介

2018.12.28
「ダイエット弁当」という言葉を聞いたことがある方はいませんか?ダイエット弁当とは、その言葉の通りお弁当を食べるダイエット方法のことを言います。ネットの口コミやブログなどでも、「お弁当にしたら痩せた」「お弁当なんて面倒と思っていたら、意外に簡単だった」といった声も上がっていて、注目のダイエット方法であることが伺えます。では一体、お弁当でできるダイエット方法とはどのようなものなのか見てみましょう。作り置きおかずで作れるらくらくダイエット弁当レシピもご紹介します。

「お弁当にしたら痩せた」って本当?

ダイエットをすることで一番重要なことは、「必ずダイエットして痩せるぞ!」という気持ちを持ち続けることです。ダイエット弁当を自ら作ることの最大のメリットは、「ダイエットを成功させるぞ」という気持ちを毎日思い返すことができる、にあると言うことができます。

一方、普段のお昼ご飯は、お店のランチやコンビニのお弁当で済ませてしまう方がほとんどなのではないでしょうか。ここであなたのお昼ご飯のレパートリーを思い起こしてみてください。よく通っているお見せも4〜5件ほど、コンビニのお弁当の場合も食べやすいパスタを選ぶことが多い、、、と同じようなメニューを繰り返し食べてしまっている方が多いのではないでしょうか。ダイエット弁当にすることで、毎回作るときに「今はダイエット中」と思い返すことができますし、自分の体にあったダイエットメニューの構成を考えることができます。

ダイエット弁当のポイントを伝授

では、ダイエット弁当でダイエットを試みようとしている方へ、ダイエット弁当をするときのポイントをお教えします。

ダイエット弁当のポイント①長く続けられるようになるべく簡単に

どのダイエット方法にも言えることですが、苦痛やストレスを感じず、長く続けられることが最も大事なポイントとなります。後ほど、作り置きの仕方など長く続けるための手の抜き方をお教えします。

ダイエット弁当のポイント②お弁当の主役!おかずメニューは低カロリー食材を選ぶ

お弁当のメインになるおかずメニューには、鶏肉のささみや赤身肉、魚など低カロリーな食材を選ぶようにしましょう。

ダイエット弁当のポイント③お弁当は500〜600キロカロリーに抑える

毎日のお弁当作りのためにカロリー計算なんて面倒…という方がほとんどかとは思いますが、ネットのレシピなどにはカロリーも掲載されていることがありますので、ぜひ利用しましょう。

ダイエット弁当のポイント④ご飯もしっかりととる

よく糖質カットのダイエットをされる方もいらっしゃいますが、適切な糖質は体にとって必要な栄養素です。脳や体を動かすために必要な糖質量は、ご飯から摂取すると良いでしょう。

Posted by admin