common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

初心者必見の「正しい口紅の塗り方」をご紹介!口紅は筆で塗る?それとも直接?コンシーラーはどう使う?

2018.12.7

正しい口紅の塗り方がわからず、いつもなんとなく口紅を塗っているという方、メイク初心者には特に多いのではないでしょうか?しかし口紅は塗り方次第で「キレイさ」や「持ち」が断然変わってくるメイクアイテムなのです!そこで今回は、 初心者は絶対にマスターしておきたい「正しい口紅の塗り方」をレクチャーします。口紅は筆で塗るのが正しい塗り方なのか?それとも直接塗った方がいいのか?コンシーラーは使うべきなのか?など、メイク初心者必見の情報をお届けします。

正しい口紅の塗り方①唇のコンディションを整える

唇がガサガサと乾燥していると、当然口紅のノリも悪くなり、もちが悪くなってしまいます。まずはリップクリームやリップエッセンスで保湿し、唇のコンディションを整えておきましょう。

唇の荒れには「即席リップパック」がおすすめ

荒れた唇には、ワセリンやハチミツで行う「即席リップパック」がおすすめです。気軽にできるのに速攻で効き目があるので、唇の荒れが気になる時には試してみてくださいね。

【即席リップパックのやり方】

1、ワセリンかハチミツを、やや多めに唇に塗ります。

2、唇より少し大きめに切ったラップを唇のせ、約10分そのままの状態をキープします。

3、10分経ったら、ぬるま湯でぬらしたタオルでワセリンorハチミツを優しくOFFします。

正しい口紅の塗り方②長持ちの秘訣は「ティッシュオフ」

「口紅の塗り方」初心者が抱えるお悩みのひとつに、「長持ちしない」というものがありますよね。口紅の持ちを悪くする原因は、ずばり「油分」。唇に残った余分な油分が、口紅を落ちやすくしているのです。口紅の持ちを良くするためには、口紅を塗る前にティッシュを唇に軽く押し当て、余分な油分を除いておきましょう。唇が荒れる原因となるので、ゴシゴシとこするのはNGですよ!

正しい口紅の塗り方③気になる色むらには「コンシーラー」を!

コンシーラーは、シミやニキビ跡を隠すだけのアイテムと思っていませんか?実はこのコンシーラー、「口紅の塗り方」初心者にとって救世主とも言える便利なアイテムなんです!唇の色むらが気になる時や口紅の発色をよくしたい時って、ありますよね。そんな時はコンシーラーを塗ってから、口紅を塗りましょう。コンシーラーを塗ることで唇の色味が均一になります。また、先にコンシーラーを塗っておくことで口紅の発色も良くなり、色味が長持ちしますよ!

正しい口紅の塗り方④「リップライナー」は形を作るだけはない!全体に塗る!

リップライナーは、唇の輪郭を縁取ることで、唇の形を作るために使うアイテムです。「口紅の塗り方」初心者の方の中には「面倒だから使ってない」なんて方も多いのでは?しかしリップライナーは唇の形を作るためだけのものではありません。使い方によっては口紅のノリを良くし、長持ちさせる効果を高めます。「口紅の塗り方」 初心者は、リップライナーを積極的に使いましょう!リップライナーの使い方のコツとしては、唇の輪郭を縁取って形を整えるだけではなく、唇の内側も塗りつぶすこと。たったこれだけで口紅の発色を高め、色落ちも防いでくれますよ。

正しい口紅の塗り方⑤正しいのは「筆」or「直接」?

「口紅は「筆」で塗るのが良いの?それとも「直接」塗るのが良いの?」メイク初心者ならば、誰しもこの疑問を抱いたことがあるはず。口紅の塗り方としては「筆」と「直接」、どちらも正解なんです!ただ、口紅を「筆」で塗ると“キレイめ”、「直接」塗ると“カジュアル”な仕上がりに。そのため、求める雰囲気によって、「筆」と「直接」を使いわけるのがベストです。

「筆」を使った口紅の塗り方は?

口紅を「筆」で塗ると、口角などの細かなところまでしっかり塗ることができます。そのため、仕上がりは“キレイめ”な印象となり、オフィスでのメイクにおすすめ。「筆」を使った正しい口紅の塗り方は、次の4ステップで行います。

1.多めの口紅を筆にとる

筆で口紅を塗る場合には、まず筆がひたひたになるくらいの口紅を含ませます。多めの口紅を筆に含ませることで塗りやすさがアップ。口紅の発色もよくなりますよ。

2.上唇を筆で縁取る

筆を使って上唇の輪郭を縁取ります。輪郭を縁取る時は、唇の「山」の部分から口角までというように、左右わけて行うと塗りやすいですよ。

3. 下唇を筆で縁取る

筆を使って下唇の輪郭を縁取ります。上唇と同様に、下唇も山部分から口角まで、左右にわけて縁取りましょう。

4.唇の内側を筆で塗りつぶす

最後に、唇の輪郭の内側を筆で塗りつぶします。この時、筆を横方向だけではなく、縦にも動かしながら口紅を塗りましょう。縦方向に筆を動かすことで、唇の縦じわが口紅で埋まり、キレイに塗ることが出来ます。

口紅を「直接」唇に塗るときの塗り方は?

唇に「直接」口紅を塗ると、「筆」に比べて上唇の山や口角などの輪郭がぼかされた状態になります。そのため、仕上がりは優しく“カジュアル”な印象に。休日のナチュラルメイクなどにおすすめです。
「直接」口紅を塗る際には、細かなところが塗りづらくなります。そのため、「筆」よりも口角までしっかりと口紅を塗るのがポイントです。この際、口紅の角を使うと、口角までキレイに口紅を塗ることができますよ。

「正しい口紅の塗り方」でキレイが続く!

以上でご紹介した「正しい口紅の塗り方」を実践すれば、口紅がキレイに塗れるうえに、口紅の色ツヤを長時間キープできます。メイク初心者は、ぜひマスターしてくださいね!

text:common編集部

Posted by admin