common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

背中のニキビ跡が消えた?!背中のニキビ跡を消す市販の薬やケア用品、皮膚科での治療までご紹介

2018.12.7

自分では見えにくい部分である背中に残ったニキビ跡は、案外目立つもの。背中が大きく開いたドレスでキメても、背中のニキビ跡が目立つようでは魅力が半減してしまいますよ!そこで今回は、背中のニキビ跡を消す市販の薬やケア用品など自力での対処法から皮膚科で治療法まで、気になる背中のニキビ跡を消す方法をご紹介します。

背中にニキビ跡ができる原因

背中は発達した毛穴が多いため、皮脂の分泌が多い部分。また、背中は体の部位の中でも皮膚が厚く、角質ができやすいという特徴があります。過剰に分泌された皮脂や角質は、背中の毛穴を塞ぐ原因に。塞がれた毛穴の内部では、皮脂をエサとする「アクネ菌」や「マラセチア菌」が繁殖し、炎症を起こすことで背中にニキビができてしまうのです。ニキビが出来てしまっても、早めに治せば背中にニキビ跡は残りにくいです。しかし背中は汗をかきやすく蒸れやすいこと、ボディソープやシャンプー・コンディショナーなどが付着しやすい部分であること、衣服や寝具に擦られて刺激を受けやすいことで、ニキビの炎症が進んでしまいがち。他の部分と比べても、背中のニキビは跡になりやすいと言えるでしょう。背中のニキビ跡を防ぐためには、炎症がひどくなる前に、早めの治療が肝心です。

自力で背中のニキビ跡を消す方法1.清潔にして刺激を与えない

背中の皮膚を清潔に保つことで、背中ニキビやニキビ跡の原因となる毛穴のつまりや過剰な皮脂、原因菌を取り除きます。ただし刺激を与えてしまうと、背中のニキビ跡が悪化する原因に。洗浄はしっかりと泡立てた洗浄料で優しく、1日1回にとどめましょう。背中に触れる肌着や寝具は、こまめにとりかえて清潔に。背中ニキビ跡を悪化させる「ムレ」や「刺激」を抑えるため、肌着や寝具の素材は綿や絹をおすすめします。

市販の洗浄料で「背中ニキビ跡」に効果的なのは?

洗浄料は殺菌効果のあるアクネ菌の殺菌に効果的な「サリチル酸」、炎症を鎮静させる「グリチルリチン酸」、マラセチア菌に効果的な「イソプロピルメチルフェノール」が配合されたものがおすすめです。

自力で背中のニキビ跡を消す方法2.保湿をしっかりと

乾燥は皮脂の過剰分泌につながるため、しっかりと保湿を行います。保湿を行うことで、お肌のターンオーバーも促進されます。

市販の薬やケア用品で「背中ニキビ跡」に効果的なのは?

市販の薬やケア用品を使うなら、保湿成分と一緒に、殺菌や炎症を鎮める成分が配合されたものが理想的。保湿や殺菌には、次の成分が有効です。

【保湿に効果的な成分】

ヒアルロン酸
コラーゲン
セラミド
ビタミンC誘導体

【殺菌に効果的な成分】

サリチル酸……アクネ菌の殺菌
グリチルリチン酸……炎症を鎮静させる
イソプロピルメチルフェノール……マラセチア菌の殺菌

自力で背中のニキビ跡を消す方法3.食事や生活習慣の改善

皮脂の過剰分泌を促進する糖分や脂質の多い食べ物を避けましょう。また、ニキビを早く直し、跡を残さないようにするためには、肌のターンオーバーを促進させることが大切。肌のターンオーバーを促進するビタミンCやビタミンB群、ビタミンEを多く摂るようにしましょう。また、皮脂の過剰分泌の原因の一つとなる「ホルモンの乱れ」を防ぐために、しっかりと睡眠をとり、ストレスを解消しましょう。

ビタミンCが多い食べ物

パプリカ、柑橘類、パセリ、ピーマン、ゴーヤ、キウイフルーツ、いちごなど

ビタミンB群が多い食べ物

牛、豚、鶏などの肉類やレバー、卵、マグロやカツオなどの魚類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や味噌などの発酵食品、バナナ、ニンニク、玄米、豆類、ナッツ類など

ビタミンEが多い食べ物

アーモンドやピーナッツ、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種などのナッツ類、ひまわり油、鮎、にじます、うなぎなどの魚類、かぼちゃ、パプリカなど

背中のニキビ跡の種類によって「+α」の治療法が必要!

ニキビ跡の種類によっては、ご紹介した基本の治療法に+αの治療法が必要になることも。ニキビ跡の種類別の治療法を解説します。ニキビ跡は大きく分けて「赤ニキビ跡」「茶ニキビ跡」「凸凹ニキビ跡」の3種類に分けられ、それぞれ効果的な治療法があります。それぞれの特徴と効果的な治療法をご紹介しましょう。

背中にできた「赤ニキビ跡」の治療法は?

ニキビの炎症が治った後に赤みが残った状態で、ニキビ跡としては「初期」の段階です。ニキビの炎症によるダメージを修復するために、毛細血管が作られます。この毛細血管の赤みにより、ニキビ跡が赤く見えます。基本的には自力で対処しやすい段階ですが、なかなかニキビ跡が消えない場合には、皮膚科などの医療機関による「ケミカルピーリング」や「ビタミンC導入」でターンオーバーを促しましょう。

皮膚科など医療機関での「ケミカルピーリング」

肌表面の角質を取り除く「ピーリング」は、薬剤によって肌表面を溶かすと、スクラブなどでこすり落とすがあります。「赤ニキビ跡」はこするなどの刺激を与えると悪化する可能性があるので、薬剤によるピーリングがおすすめ。ただし、市販のピーリング剤は効果が感じられなかったり、逆に刺激が強すぎて肌の赤みが強くなったりという可能性も。状態に合わせたピーリング剤や頻度で行なってくれる、皮膚科など医療機関での「ケミカルピーリング」が安心です。「ケミカルピーリング」については皮膚科や美容外科クリニックにご相談ください。

皮膚科など医療機関での「ビタミンイオン導入」

炎症を抑えるには、皮膚科など医療機関での「ビタミンイオン導入」がおすすめ。「ビタミンイオン導入」とは、炎症を沈静化する効果のあるビタミンCやビタミンAを、肌に取り込みやすい「イオン」の状態にして肌に導入するです。この方法によりニキビの炎症が抑えられ「赤ニキビ跡」を消す効果が期待できます。

色素沈着によって背中にできた「茶ニキビ跡」の治療法は?

背中にできたしみのような「茶ニキビ跡」は色素沈着によるもの。炎症によるダメージや紫外線、皮膚の摩擦などの刺激によって発生した大量のメラニン色素が肌の内部に留まっているため、しみのように見える状態です。基本の治療法に加えて、メラニンに効果的な成分が配合されたケア用品を使うと、色素沈着によりしみのようになった「茶ニキビ跡」を薄くする効果が期待できます。

市販の薬やケア用品で「茶ニキビ跡」に効果的なのは?

しみのような「茶にきび跡」には、メラニン色素を薄くするビタミンC誘導体やハイドロキシン、メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸やカモミラエキス、プラセンタエキスが配合された薬やケア用品が効果的です。

【背中の茶ニキビ跡に効果的な美白成分】

ビタミンC誘導体……メラニン色素を薄くする
ハイドロキシン……メラニン色素を薄くする
トラネキサム酸……メラニンの生成を抑える
カモミラエキス……メラニンの生成を抑える
プラセンタエキス……メラニンの生成を抑える

UVをシャットアウト!

背中をUVから守りメラニンの生成を防ぐことで、背中の「茶ニキビ跡」の悪化を防ぎます。とはいえ「日焼け止め」は「ニキビ跡」に刺激を与えてしまいますし、塗るのも大変!背中のUV対策には、通気性のよい綿や毛素材のカーディガンやショールをはおるのがおすすめです。

皮膚科など医療機関でのケミカルピーリングやビタミンイオン導入も◎

自力のケアでなかなか治らない場合には、皮膚科など医療機関でのケミカルピーリングやビタミンイオン導入も効果的です。皮膚科や美容外科に相談してみてくださいね。

クレーターのような「凸凹ニキビ跡」の治療法は?

ニキビの炎症が進み、表皮の下にある真皮が傷つけられることで陥没し、クレーターのようになった状態です。すでに細胞が修復を行なっていない「最終段階」となるため、自力のケアでニキビ跡を消すことは難しいでしょう。「凸凹ニキビ跡」には、皮膚科など医療機関での「レーザー治療」が効果的です。レーザーが表皮より奥深い部分である真皮まで届き、コラーゲンを増やすことで、ニキビ跡の陥没や傷跡、シワやたるみを改善します。「レーザー治療」の種類は様々あるので、まずは皮膚科や美容外科に相談してみましょう。

背中のニキビ跡を消すには早めの治療が肝心!

背中にニキビ跡を残さないためにはまず、背中ニキビを作らないこと。それでもニキビが出来てしまったら、早めに治療することが肝心です。ご紹介した「自力で背中のニキビ跡を消す方法」は、背中ニキビの予防や治療にも役立つので、ぜひ実践してみてくださいね!自力のケアでなかなか治らない場合には、早めに皮膚科や美容外科で診断を受けることをおすすめします。

text:common編集部

Posted by admin