common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

背中のニキビ跡が消えた?!背中のニキビ跡を消す市販の薬やケア用品、皮膚科での治療までご紹介

2018.12.7
自分では見えにくい部分である背中に残ったニキビ跡は、案外目立つもの。背中が大きく開いたドレスでキメても、背中のニキビ跡が目立つようでは魅力が半減してしまいますよ!そこで今回は、背中のニキビ跡を消す市販の薬やケア用品など自力での対処法から皮膚科で治療法まで、気になる背中のニキビ跡を消す方法をご紹介します。

背中にニキビ跡ができる原因

背中は発達した毛穴が多いため、皮脂の分泌が多い部分。また、背中は体の部位の中でも皮膚が厚く、角質ができやすいという特徴があります。過剰に分泌された皮脂や角質は、背中の毛穴を塞ぐ原因に。塞がれた毛穴の内部では、皮脂をエサとする「アクネ菌」や「マラセチア菌」が繁殖し、炎症を起こすことで背中にニキビができてしまうのです。ニキビが出来てしまっても、早めに治せば背中にニキビ跡は残りにくいです。しかし背中は汗をかきやすく蒸れやすいこと、ボディソープやシャンプー・コンディショナーなどが付着しやすい部分であること、衣服や寝具に擦られて刺激を受けやすいことで、ニキビの炎症が進んでしまいがち。他の部分と比べても、背中のニキビは跡になりやすいと言えるでしょう。背中のニキビ跡を防ぐためには、炎症がひどくなる前に、早めの治療が肝心です。

自力で背中のニキビ跡を消す方法1.清潔にして刺激を与えない

背中の皮膚を清潔に保つことで、背中ニキビやニキビ跡の原因となる毛穴のつまりや過剰な皮脂、原因菌を取り除きます。ただし刺激を与えてしまうと、背中のニキビ跡が悪化する原因に。洗浄はしっかりと泡立てた洗浄料で優しく、1日1回にとどめましょう。背中に触れる肌着や寝具は、こまめにとりかえて清潔に。背中ニキビ跡を悪化させる「ムレ」や「刺激」を抑えるため、肌着や寝具の素材は綿や絹をおすすめします。

市販の洗浄料で「背中ニキビ跡」に効果的なのは?

洗浄料は殺菌効果のあるアクネ菌の殺菌に効果的な「サリチル酸」、炎症を鎮静させる「グリチルリチン酸」、マラセチア菌に効果的な「イソプロピルメチルフェノール」が配合されたものがおすすめです。

Posted by admin