半身浴は古い!?痩せたいなら10分間の「ヒートショックプロテイン入浴法」がおすすめ|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

半身浴は古い!?痩せたいなら10分間の「ヒートショックプロテイン入浴法」がおすすめ

2019.1.17

冬は寒くてお風呂で温まりたくなりますよね。実はお風呂はある入り方をすると体を温めるだけでなく、ダイエットにも効果があるのです。その入浴法が「ヒートショックプロテイン入浴法」。今回は、ヒートショックプロテインとは一体何か、どうやって実践するのかを紹介していきます。

ヒートショックプロテイン入浴法でダイエット!

いつもは何となく入っているお風呂かもしれませんが、実は入り方を工夫するとお風呂でダイエット効果を高めることができます。

お風呂が好きな方なら、少しぬるめのお湯で胸あたりまで浸かって長く入ることが多いのではないでしょうか。半身浴は汗をかきますし、疲れを感じることもあるのでダイエット効果があるような印象をうけますが、それよりもおすすめなのが「ヒートショックプロテイン入浴法」です!

今回は、お風呂でダイエットを可能にしてくれる「ヒートショックプロテイン入浴法」とは一体どのようなものなのか、そもそもヒートショックプロテインとは何なのかを紹介していきます。

ヒートショックプロテインはタンパク質の合成を高める!

「ヒートショックプロテイン(HSP)」とは、熱の刺激を受けると体内で活性化されるタンパク質のことを指します。

タンパク質が機能するためには、立体的な構造が重要となりますが、活性酸素などの刺激により構造が崩れてしまうことがあります。ヒートショックプロテインは、タンパク質の立体構造を組み立てる役割を果たし、タンパク質を正常に機能させてくれます。

また、ヒートショックプロテインには、傷んだ細胞を修復する働きがあるとされています。

ヒートショックプロテインは38℃前後で活性化されるので、お風呂はヒートショックプロテインを活性化させるのに最適な場所なのです。ヒートショックプロテインは、加圧トレーニングやホットヨガでも増やすことができると言われていますが、お風呂に入るほうが簡単ですよね。そのため、出来るだけ楽にダイエット効果を得たい方には「ヒートショックプロテイン入浴法」はおすすめです。

ヒートショックプロテイン入浴法の効果

ヒートショックプロテイン入浴法 入浴中の女性の脚

・基礎代謝が高くなる

「ヒートショックプロテイン入浴法」を行うと、体温を高めることができます。体温を高めることで基礎代謝が上昇し、脂肪を燃焼する効果があります。そのためヒートショックプロテインはダイエットに役立つと言えるでしょう。

・スタミナがアップ!

体を動かすためにはエネルギーを作り出す必要がありますが、体内でエネルギーを作り出す器官にミトコンドリアというものがあります。ヒートショックプロテインが活性化するとミトコンドリアが増え、持久力の向上にもいいことが知られています。ダイエットのための運動のパフォーマンスを上げるのにも、「ヒートショックプロテイン入浴法」は役立つのです。

・むくみの改善

体温を高め血流が良くなることで、むくみの予防・改善にもなります。脚の太さが気になるなら、むくみを解消するのが近道です。

・美肌効果

「ヒートショックプロテイン入浴法」は、美肌にも効果的なことが知られています。それは傷ついたタンパク質を補修してくれるから。また、体温が上昇し血流が良くなることで、リンパの流れも促進され、余分な水分や老廃物が排出されやすくなることも美肌に影響しています。

・免疫力の向上

体温が上がることで、免疫力のアップも見込めます。風邪をひきやすい、疲れやすいという人は、いつもシャワーで済ませていて体温が低い傾向があります。「ヒートショックプロテイン入浴法」を取り入れて、強くしなやかな体を目指しましょう。

ヒートショックプロテイン入浴法のやり方

ヒートショックプロテイン入浴法

それではヒートショックプロテインを活性化させる「ヒートショックプロテイン入浴法」の具体的な手順をご紹介します。

1、お湯を40〜42℃に設定し、肩が浸かるくらいまでお湯を張る

2、シャワーなどで浴室を温める

3、バスタオル、着替えを速やかに行えるようにする

4、水分補給用に1L程の水(常温)を用意する

5、お風呂に肩まで浸かり、10~20分程入る(※40℃なら20分、41℃なら15分、42℃なら10分程度を目安に)

6、お風呂から上がり、速やかに着替え体温の高い状態を20分程維持する

以上が「ヒートショックプロテイン入浴法」の基本的な流れになります。いくつかポイントがあるので解説していきます。

ヒートショックプロテイン入浴法を効果的に行うポイント

・お湯は40~42℃

まずお湯の温度ですが、ヒートショックプロテインが活性化されやすいよう、高めの40〜42℃で設定します。こうするすことで体温を38℃近くまで高め、ヒートショックプロテインをより活性化させることができます。

可能なら舌で体温を測りましょう。体温が38℃になればベスト。37℃台でも十分ヒートショックプロテインを活性化させることができます。

・肩までしっかり浸かる

半身浴が好きな方もいるかもしれませんが、ヒートショックプロテイン入浴法は肩までしっかり浸かります。こうすることで上半身を冷やさず、全身の温度を上げてヒートショックプロテインを活性化させることができます。

・常温の水を飲む

水分補給用の水もポイントです。水は常温のものを用意しましょう。冷たい水を飲むと体温が下がるので、ヒートショックプロテイン入浴法の効果が下がってしまいます。

・体をしっかり保温する

お風呂から上がった後は体の水分をよく拭き取り、すぐに着替えて体が温かい状態を維持しましょう。入浴が終わった後も高い体温を維持することで、ヒートショックプロテイン入浴法の効果をより高めることが期待できます。

 

このように「ヒートショックプロテイン入浴法」にはいくつかポイントがあるもの、意識すれば誰でもできます。いつもの入浴時間を利用して、簡単にダイエット効果を高められるのは嬉しいですね。

ヒートショックプロテイン入浴法は週2回でOK!

バスローブの女性

ヒートショックプロテインは活性化されると2、3日は活性が高い状態が続くと言われています。そのため、「ヒートショックプロテイン入浴法」は毎日行わなくてもよく、週に2〜3回行えばOKです。

これなら無理なく続けられそうですよね!すぐに辞めてしまったら意味がないですが、一定期間続けることで嬉しい変化を実感できます。

ヒートショックプロテイン入浴法の注意点

最後に「ヒートショックプロテイン入浴法」の注意点をまとめます。

「ヒートショックプロテイン入浴法」では体温が上がり汗をよくかきます。そのため水分補給はこまめに行うようにしましょう。500mL〜1L程水分を飲むことをオススメします。

体調が悪い、のぼせてきたと感じたらすぐにお風呂から上がるようにしましょう。熱くて我慢できなければ少し休憩してからもう一度再開しましょう。お風呂は気づかない間に体に負担をかけてしまいます。健康に気をつけながらヒートショックプロテイン入浴法を実践しましょう。

ヒートショックプロテイン入浴法で体重が減った!?痩せた!?

お風呂から上がった後には体重を測る習慣がある人もいるかもしれませんが、入浴後の体重には注意が必要です。お風呂に入ると汗をかくので、お風呂に入る前と比べて体重が減っていたとしても、それは体内の水分の減少量で、脂肪が減ったわけではありません。入浴後の体重に惑わされないようにしましょう。

「ヒートショックプロテイン入浴法」は続けることでダイエット効果を得ることができます。数回行っただけですぐに痩せるというわけではありません。脂肪を減らす助けをしてくれると思って実践してみてくださいね!


 

今回はダイエットに効果的な「ヒートショックプロテイン入浴法」を紹介しました。「ヒートショックプロテイン入浴法」は高い温度のお湯に浸かり体温を上げることで、ヒートショックプロテインを活性化させ、ダイエット効果や美容・健康効果などを得ることができます。お風呂ではのぼせたりすることもあるので、体調に気をつけながら「ヒートショックプロテイン入浴法」を行い、痩せやすい体を作りましょう!

【医師監修】20代女性も注意。内臓脂肪を減らす方法・理想の数値

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。アロマテラピー検定1級取得。

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram