common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ネイル初心者におすすめ!セルフネイル初心者でもムラにならないマニキュアの塗り方まとめ

2018.10.12

ネイル初心者のみなさん、自分でマニキュアを塗るとムラが出来たり、色持ちがイマイチ…とお悩みの方はいませんか?今回はセルフネイル初心者でも簡単にキレイに長持ちするマニキュアの塗り方をご紹介します!

初心者におすすめなマニキュアの塗り方①準備する道具は?

ベースコート

意外と忘れてしまいがちなのがベースコート。ベースコートを最初に塗ることで爪の表面が滑らかになり、マニキュアの持ちがグンと良くなります。爪が折れやすい方は補強効果のあるタイプ、爪のくすみが気になる方はカラー補正効果のある色付きタイプを使ってみましょう。

マニキュア

透け感のあるシアーカラーやラメ・パール入りのマニキュアは色ムラが目立ちにくく、塗りやすいのでマニキュア初心者におすすめ。

トップコート

ネイルカラーを保護して、ツヤを与えるトップコート。ラメ入りタイプや速乾タイプ、ジェルネイル風のぷっくりした厚みが出せるタイプなど、様々なアイテムが発売されています。

ネイルリムーバー

ネイルリムーバーはマニキュアを落とす以外にも、マニキュアが爪のキワに流れてしまった場合の修正に使えます。修正する時は、綿棒にリムーバーを含ませ、撫でるように優しくなぞりましょう。強くこすると、皮膚を傷める可能性があります。

ウッドスティック

甘皮の処理・簡単なネイルアートなどマルチに使えるウッドスティック。100均でも手に入るので、チェックしてみてくださいね

キューティクルオイル

マニキュアの持ちを良くするためには、指先を乾燥させないことが重要です。キューティクルオイルを使って、爪と爪の周辺の皮膚をしっかり保湿しましょう。

エメリーボード(爪やすり)

エメリーボードは、爪の形を整えたり、長さを調整するのに便利。爪切りでカットするよりも負担が少ないので、爪を強くしたい人に最適です。

コットン

コットンは、マニキュアを塗る前の爪のケアやネイルを落とす時に使います。

初心者におすすめマニキュアの塗り方②マニキュアを塗る前に指先ケアをしよう

爪のフォルムを整える

エメリーボードを使って爪を好みの形に整えましょう。ここで気を付けたいのが、エメリーボードは同じ方向でのみ動かすということ。往復しながら削ると爪がダメージを受けてしまい、割れの原因になります。必ず一方向から削るようにしましょう。

甘皮を処理する

まず、爪を5分ほどお湯につけて甘皮を柔らかくしましょう。次にウッドスティックの先端にコットンを薄く巻き付けたものを作ります。コットン付きのスティックをキューティクルライン(爪の付け根)でクルクルと回転させると、余分な甘皮が取れて、キレイな爪に。この作業を行うことによって、爪の根元の凸凹がなくなってマニキュアが塗りやすく、色持ちが良くなります。

表面の油分・水分・ゴミを除去する

爪の表面に汚れがあると、マニキュアがうまくのらず、色ムラ・はがれの原因になります。
マニキュアをする直前に、アルコール入りのウェットティッシュか消毒用エタノールをコットンに染み込ませたもので、爪の表面をしっかりふき取りましょう。その後、水分がしっかり乾くまで待ってからベースコートを塗ってくださいね。

初心者におすすめマニキュアの塗り方③マニキュアがムラにならない基本の塗り方

1.ベースコートを塗る

爪を滑らかにするために、ベースコートは薄く塗っていきます。持ちを良くするために、爪のエッジ部分(先端)も必ず塗るのがポイントです。

2.マニキュアを塗る

まず爪のエッジ部分を塗り、その後に表面を塗っていきましょう。爪の表面は、最初に中央を塗ってから両サイドを塗ると、美しい仕上がりになります。ベースコートと同じく、ボテッとさせずにピタッと薄く塗ることが色ムラを防ぐコツ。色付きが足りない場合は、しっかり乾いてからもう一度薄く塗り重ねていきましょう。爪からはみだした部分は、リムーバーをしみこませた綿棒やウッドスティックで取り除くとキレイになります。

3.トップコートを塗る

マニキュアが乾いたら、少し多めの量のトップコートを重ねていきます。トップコートはマニキュアよりも乾くのが速いので、手早く正確に塗るのがポイント。ハケを縦にするとマニキュアがヨレやすくなるので、ハケを寝かせて塗っていきましょう。トップコートを二度塗りすると、さらにツヤツヤになり、強度が増すのでおすすめです。

4.乾かす

トップコートを塗った後は、最低でも一時間程度は触らないようにしましょう。マニキュアが乾いていない状態で手を動かすと、はがれやすくなってしまいます。ネイル乾燥機を使ったり、ネイルガード(爪のキャップ)を使うと便利です。

最後に

マニキュアの塗り方のコツを知れば、自宅でもネイルサロンのように美しいネイルに仕上がります。今回の記事を参考に、ぜひ指先のおしゃれを楽しんでくださいね♡

text:common編集部

Posted by admin