common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

肌が綺麗な状態とは?肌を綺麗にするための生活習慣や肌が綺麗になる食べ物まとめ

2018.10.12

肌が綺麗な状態とは、どんな状態をいうのでしょうか?人は見た目に健康状態が表れますよね。肌の状態もそのひとつ。生活習慣の乱れやストレスによってお肌の健康状態が乱れると、肌荒れを起こしたり、乾燥やくすみ、ニキビなどが出来たりします。お肌のトラブルは肌の状態を悪くするだけではなく、健康面でも赤信号のサインとなって現れるのです。こうしたお肌のトラブルをなくし、肌を本当に綺麗にするためには身体の内面から改善が必要です。そこで今回は、肌が綺麗なのはどのような状態なのか、肌が綺麗になるためにまずやることとして、日常的に取り入れたい食べ物や生活習慣などをご紹介していきます。

肌が綺麗な状態とは「ターンオーバー」が正常であること

ターンオーバーとはよく耳にする言葉ですが、肌が綺麗な状態とは、この肌のターンオーバーが正常な状態であることを言います。では「ターンオーバー」とは何かと言うと、簡単には「表皮の心身代謝」の事で、日々作られる細胞がそれぞれ役割をこなして最期には表皮の一番外から垢となって排出される過程のことをさします、この過程が正常に行われていると、肌を綺麗に保っている事になり、その過程で何らかの乱れが起きると、ニキビが出たり乾燥したり、シミが出来たりとお肌のトラブルとなって現れるわけです。
このターンオーバーの周期は身体の部位によって違いますが、顔であれば約28日が正常と言われています。加齢と共にターンオーバーの周期は遅くなっていきます。ですが、若い人のお肌のトラブルはターンオーバーを早めてしまっていることから起きているとも言われています。

肌のターンオーバーが乱れると肌トラブルが起きる

ターンオーバーが行われる表皮は4つの層から成り立っていて、老廃物を垢として排出するだけではなく、栄養素を送り込んだり、保湿成分因子を作り出したり、紫外線などの外敵から守ったり、肌の表面を保湿クリームのように覆うなと、それぞれの役割を果たします。この機能が正常に働かなくなると、ターンオーバーの乱れとなって肌トラブルを引き起こすのです。

肌のターンオーバーの周期が早いと、十分な角質細胞が作られずに垢となって排出されずに乾燥肌になったり、また十分な水分が排出されないために余分な皮脂が生まれ、やがて角栓となって、それが酸化してニキビになってしまうなどの肌トラブルが起こります。またターンオーバーの周期が遅くなると表皮でメラニンの生成が正常に行われなくなり、沈着するためにシミとなる場合もあります。

肌を綺麗にするために日常の生活に取り入れたいことは?

肌を綺麗にすること、それは肌のターンオーバーを正常に保つ事を考えるのが一番だと言えます。ではどのようなことが原因で肌トラブルが起きているのでしょうか?普段の生活習慣がターンオーバーの乱れに繋がっている事が多いのです。

肌を綺麗にするための生活習慣①洗い過ぎない

例えば、日頃のクレンジングや洗顔などのスキンケア、また顔以外だと入浴の際の身体の洗い方などです。これらで肌トラブルを起こしている殆どが「洗い過ぎ」によるもの。洗い過ぎによってお肌に必要な皮脂や水分まで汚れと共に取り除いていると、表皮の一番上の部分である角質層まで剥がれ落ちてしまい、大切な油分を失うだけではなく角質そのものが無くなってしまいます。それによって、お肌のターンオーバーが早まってしまい、肌トラブルに結びつきます。まずは日頃から「洗い過ぎない」で最低限の汚れを取るスキンケアが大切になります。

肌を綺麗にするための生活習慣②睡眠と栄養

また、睡眠不足や食事での栄養不足も肌トラブルの原因になります。睡眠は新しく細胞を作り出すのに必要な時間なので、睡眠時間が不足するとターンオーバーの期間が長くなる原因になってしまいます。また栄養不足は、表皮で生成する成分が過剰になったり不足したりするので、日頃から食生活に気を使うことも大切です。最低限のスキンケアに加えて、十分な睡眠や食事は日頃のストレスを軽減させる大切なことでもありますので、肌を綺麗にするためには気をつけておきたいですね。

肌を綺麗にするための生活習慣③紫外線を避ける

そして、日差しに当たり過ぎないように紫外線を避けることも重要です。日常生活で知らず知らずのうちに浴びている紫外線を生活紫外線と呼びますが、生活紫外線を長期間浴び続けることは、皮膚細胞、コラーゲンなどにダメージを与え、シミ、しわ、たるみの原因になり得ます。

肌を綺麗にするために必要な食べ物の栄養素

「肌を綺麗にする食べ物」と一口に言っても、美肌に良いものだけに偏らず、まずはバランスよく食べることが大切です。不足しがちな栄養素をサプリメントで補う事も有効ですが、普段の食事でなるべく摂取するのがより効果的です。

肌を綺麗にする食べ物の栄養素①リコピン

美肌に有効なのは野菜や果物と言われますが、中でもトマトは肌に良いとされています。トマトに含まれているリコピンは紫外線に有効な成分です。玉ねぎやにんにくと炒め合わせてトマトソースとして採るとより体内に吸収されやすくなります。また、サラダなどでも積極的に採りたいですね。トマトをはじめとして抗酸化作用のある食品は、美肌にも効果的です。

肌を綺麗にする食べ物の栄養素②ビタミンE・ビタミンA

アーモンドやかぼちゃに含まれるビタミンEや、ほうれん草など緑黄色野菜に含まれるビタミンAには高い抗酸化作用があり、お肌の老化防止の役割も果たしてくれます。他のビタミン群に加え、ゴマや豆腐など大豆製品に含まれる亜鉛やこんにゃくなどに含まれるセラミドなどのミネラル製品は、抗酸化作用をより高めてくれる成分なので合わせて採りたいところです。

肌を綺麗にする食べ物の栄養素③果物を食べるときの注意

また、果物にはビタミンCが豊富で美白効果が高いと言われていますが、オレンジなどの柑橘系、キウイなどの果物には光毒性のあるソラレンを含むため、日中は避けて夜に採るようにするのが良いでしょう。また脂質や糖質の採り過ぎにも注意しましょう。特に市販の野菜ジュースは糖質が多いので、野菜は自分で調理して採るように心がけたいところです。

より肌を綺麗にするために

肌を綺麗に保つためには、皮膚の代謝である肌のターンオーバーを正常に保つことが大切なのが分かります。肌を綺麗にしたいと思ったら、ますスキンケアや食生活の見直しをしてみましょう。自分のお肌の状態を常に知っておくことが肌を綺麗にする近道です。

text:common編集部

Posted by admin