common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

小顔メイクのおすすめアイテム7選!シェーディングやハイライトで光と影を味方にしよう

2018.9.9

メイクで小顔になりたいと思っている女性は多いでしょう。そんな方におすすめなのが、シェーディングやハイライトといった、光と影を操るメイクアイテムです。そこで今回は、小顔メイクにおすすめの、シェーディングやハイライトをご紹介していきます。最近フェイスラインがむくんできたという方は、ぜひ小顔メイクにトライしてみてくださいね。

■小顔メイクおすすめアイテムその1:キャンメイク シェーディングパウダー

人気プチプラコスメブランド、キャンメイクから発売されているシェーディングパウダーです。自然な陰影が出せる平ブラシ付きなので、持ち運びにも便利ですよ。価格は、税抜680円です。

シェーディングパウダー : canmake.com/キャンメイク

■小顔メイクおすすめアイテムその2:セザンヌ シェーディングスティック

こちらもプチプラコスメブランド、セザンヌから発売されているシェーディングです。お肌に密着するクリームタイプなので、ぐずれにくいのが特徴です。

ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分も配合されていますよ。価格は、税抜600円です。

ハイライトスティック / シェーディングスティック : 商品ラインナップ : CEZANNE/セザンヌ化粧品

■小顔メイクおすすめアイテムその3:ルナソル コントゥアリングスティック

自然な陰影を演出してくれる、ルナソルのシェーディングスティックです。肌に溶け込むシアーな発色が特徴です。価格は、税抜3,000円となっています。

ルナソル コントゥアリングスティック | カネボウ化粧品

■小顔メイクおすすめアイテムその4:イヴサンローラン クチュールコントゥーリング

シェーディングとハイライトが1つになったフェイスパレットです。透明感あふれる発色と、肌にすっと溶け込むやわらかな質感が、自然で上質な艶と立体感を実現してくれます。価格は、税抜7,000円です。

クチュールコントゥーリング – イヴ・サンローラン・ボーテ公式通販サイト|YSL Beaute リップ、ファンデーションなど化粧品

■小顔メイクおすすめアイテムその5:THREE シマリンググローデュオ

自然な血色感を演出するチークベースと、ハイライトカラーが1つになったTHREEの人気商品です。クリーミーなテクスチャーで、肌にぴったりと密着してくれます。光を味方にして、顔に立体感をもたらしてくれます。価格は、税抜4,500円です。

THREE シマリング グロー デュオ| 公式オンラインショップ

■小顔メイクおすすめアイテムその6:NARS コントゥアーブラッシュ

自然な立体感を作り出す、マットで軽い質感のシェードがセットになったフェイスパレットです。明るいシェードは、顔の高い部分を輝かせ、立体的に見せる効果があり、深みのあるダークシェードには、輪郭を引き締める効果がありますよ。価格は、税抜4,000円です。

コントゥアーブラッシュ 5180 | NARS Cosmetics

■小顔メイクおすすめアイテムその7:資生堂 インテグレート3Dニュアンスパウダー

ハイライトに使えるホワイトとシェーディングに使えるブラウンの2色展開で販売されているフェイスパウダーです。質感の異なる2つのパウダーで、光や影を味方に立体的な顔立ちへと導きます。価格は、税抜1,200円と、求めやすい価格になっていますよ。

INTEGRATE|資生堂

■小顔メイクの基本!シェーディングとハイライトの使い方は?

ここまでは、小顔メイクにおすすめの、シェーディングとハイライトの商品をいくつかご紹介してきました。続いては、シェーディングとハイライトの実際の使い方をご紹介していきます。

◇シェーディングとハイライトは仕上げに使う!

シェーディングとハイライトは基本的にベースメイクもポイントメイクもした後、メイクの仕上げ段階で使用します。シェーディングやハイライトを使用してからフェイスパウダーを使用すると、せっかくの小顔効果が薄れてしまいますよね。また、ベースメイクだけでなくポイントメイクも終了してから、顔全体のバランスを見ながら使用することも重要です。

◇シェーディングは頬骨の下とフェイスラインに入れる!

まずは、シェーディングから使用します。顔のくぼんでいる位置(頬骨の下あたり)と、フェイスライン全体に使用すると良いでしょう。鏡を見ながら、左右対称になるようにシェーディングを入れてみてくださいね。

◇ハイライトは、鼻筋と頬骨の上に!

光を集めてくれるハイライトは、鼻筋や頬骨の上など、顔の高い位置に乗せるのが基本です。そのほか、額やあご先にも少量乗せてもきれいかもしれませんね。

◇シェーディングの色は肌色より2トーンほど暗めを選ぶ!

シェーディングをより自然に使用するためには、色選びが重要です。暗すぎると不自然な印象になりますし、明るすぎるとシェーディングの小顔効果が薄れてしまいます。理想は、肌の2トーンほど暗い色です。自然に小顔を演出できるような色味を選びましょう!

■シェーディングとハイライトで光と影を味方につけましょう!

今回は、小顔メイクにおすすめの、シェーディングとハイライトについて、具体的な商品や使い方をご紹介してきました。シェーディングとハイライトは、メイクの必須アイテムではありませんが、使用するのとしないのとでは、顔の印象が全くことなります。もし、小顔効果を期待するなら、シェーディングとハイライトは絶対に使用するようにしましょう。使い心地や仕上がりなどを踏まえて、自分にぴったりのアイテムをみつけてみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin