common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【前編】正直、勝算はあった。人気トレーナー谷川氏が『筋肉食堂』を立ち上げた理由

2019.5.24
トレーニングをしている人のみならず、美容に気を遣う女性たちからも支持を集めている「筋肉食堂」の店主を務める谷川俊平さんにインタビューを決行!“筋肉が悦ぶ食事”が食べられる、日本で唯一のレストランができたきっかけを深堀してきました。

『筋肉食堂』店主・谷川さんを直撃!

「高たんぱく、低カロリーの食事を美味しく提供する」をコンセプトに、カラダ作りをしている全ての方に利用して頂きたいという思いを込めて生まれた「筋肉食堂」。2015年末に六本木にオープンして以来、水道橋、丸の内、渋谷、銀座と拡大を広げ、確実にファンを増やし続けています。日頃からフィットネスを取り入れている方、健康を意識している方なら、一度は訪れたことがあるのでは?

そんな注目の筋肉食堂を手がけるのは、元パーソナルトレーナーのナイスガイ・谷川俊平さん!

谷川俊平さん

今回は、谷川さんのベースとなるトレーナー時代のお話から、筋肉食堂を始めたきっかけ、女性のトレーニングシーンについてお話をたっぷり伺いました。

【谷川さん’s キャリア】

学生時代 大学まで陸上部

21歳 就職活動・パーソナルトレーナーにエントリー

22歳 九州から上京

22歳~32歳 都内スポーツジム「トータル・ワークアウト」でパーソナルトレーナーを務める(見習いから約10年!)

33歳 筋肉食堂スタート

内定先を全部蹴って、まだ認知されてない“トレーナー”に!

common編集部

 

谷川さん、本日は宜しくお願いします!大学卒業とともにトレーナーになったんですね。元々トレーナーを目指していたんですか?

 

谷川さん

大学まで陸上をやっていたので、漠然とスポーツに携われたらいいな、と。まぁ・・・白状すると、陸上で食べていきたいなって思っていたんですよ。でも、上には上がいると気付いて、普通に就職活動をして、いくつか内定をもらいました。

common編集部

 

そのまま就職しなかったのは何故?

 

谷川さん

九州出身なんですけど、東京にすごく憧れがあって。大学4年の夏くらいから1週間に1回くらい、東京に遊びにきていたんです。洋服屋さんもそうだし、クラブもそうだし、東京のカルチャー全てに興味があった。その全てが詰まったハニカムというウェブサイトで、藤原ヒロシさんがブログをやっていたんですよ。あ、僕が待ち受けにしているくらい憧れている方です(笑)

そのヒロシさんが、ブログにジムの写真を載せたんです!

common編集部

 

どんな内容だったんですか?

谷川さん

当時の担当トレーナー・ゴリさん(僕の大先輩!)の写真と共に「最近ジム始めました。このパーソナルトレーナーが僕の食事とトレーニングを全部管理してくれている、彼に任せておけば大丈夫」と言うコメントがあって。これだ!って。

谷川俊平さん

common編集部

 

え!?もしかして、谷川さんがトレーナーになったのって、そのブログがきっかけですか?

谷川さん

はい(笑)でも当時は、パーソナルトレーナーって言葉自体知られていなくて、両親も「トレーナーって何するの?マッサージする人?」って言っていたくらい(笑)

common編集部

 

15年前ですもんね!トレーナーって職業は今ほど認知されてなかったと。

谷川さん

でも、すごくビビッと来ちゃったので、内定先を全部蹴って、トレーナーのエントリーを出したんですよ。それが僕のトレーナー人生の始まりでした。

Posted by admin