common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【カリスマメンタルコーチ直伝!】ダイエットを継続させるマインドづくりの極意

2019.5.21
ダイエットが続かずいつも成功しない・・・そこにはマインドが関係しています。では、一体どのようなマインドを持ち合わせれば良いのでしょう。今回は、メンタルコーチのワタナベ薫さんにダイエットを継続させる極意を聞いてきました。

なぜダイエットは継続できないのか

ダイエットを試みたことがある人であれば、誰しも一度はぶつかったであろう「ダイエット継続断念」の壁。糖質制限やトレーニングなどダイエットに有効なノウハウは、いまやネットでも手軽に仕入れられますが、実践するかどうかは自らの意志ひとつです。

ダイエットが続かずに、目標体重まで減量できなかったりリバウンドしたりすると、せっかくの努力も水の泡・・・。

では、どのようなマインドを持ち合わせれば、ダイエットを継続させることができるのでしょうか。

今回は美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面外面からキレイになる方法を独自の目線で分析しているメンタルコーチのワタナベ薫さんに極意を聞きました。

ワタナベ薫

知らず知らずのうちにダイエットを失敗に導く「後ろ向きな動機」

ダイエットに一度でも失敗すると、そのときの思い込みが根付いてしまいます。そのため、口では「ダイエットしたい」と宣言しても、本心はなかなか前向きになれないものです。

では、なぜ失敗したのかというと、大きな理由のひとつとして考えられるのは、「すぐ目に見える結果」にこだわるからです。「〇〇するだけ簡単ダイエット」や「ながらダイエット」が流行るのは、その顕れだと思います。

でも、ダイエットはそんなに早く結果が出るものではありません。短期間で結果が欲しいという人は過剰な期待があるので、「こんなに頑張っているのに何ですぐに痩せられないんだろう」と気持ちが揺らいで諦めに向かってしまうもの。

つまり、短期間でとにかく痩せたいという曖昧な動機自体が、ある意味で「後ろ向きな動機」になってしまっていると言えるでしょう。ダイエットは長距離マラソンだということを心に留めて、短期間で結果を求めようとする気持ちを捨てるべきです。

たとえ1カ月で体重が減らなくても、とにかく3カ月は続けてみること。体重計に乗るたびに一喜一憂せず、また、「これで結果が出るのかな」とか「やり方変えてみようか」などと“判断”しようとせずに、ただただやってみることが大切です。ダイエットのセオリーに則って習慣化してしまえば、3年経てば必ず変化があるはずです。

Posted by admin