common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

旨み10倍アップ&美腸効果!“醤油麹”と鯖の水煮缶で作る「簡単トマト煮込み」

2018.6.18

美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門機関『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中の片山真美さんが、美に効くとっておきのレシピを伝授。簡単で美味しいことはもちろん、おもてなしにも最適なお洒落なレシピが満載です。今回は、醤油麹と鯖の水煮缶を使った簡単で栄養たっぷりのレシピをお届けします。

旨味たっぷり!醤油麹で減塩レシピ

醤油麹は、もともと発酵食品である醤油に米麹を加えてさらに発酵させた食品です。生きた発酵菌が摂取できる調味料なので、腸内環境を整えたり、代謝をアップしたりする効果が期待できます。

醤油 発酵 麹

メリット① 旨みを最大限に引き出す

醤油麹の最大の特徴は旨味成分が増すことにより、まろやかな甘みがでて、料理に深い味わいを加えることができるというところ。

調味料としてはもちろん、ソースやドレッシングなど、そのまま使用してもおいしく食べられます。醤油よりも少しの量でしっかりと味がつき、香ばしい香りが立つのも特徴です。麹菌の発酵により、醤油の10倍の旨味成分があるとも言われているんです!醤油麹ひとつでお料理のコクがぐんとアップします♪

メリット② 塩分量は普通の醤油の半分!

醤油麹をうまく使用することで、減塩の調理も可能です。

醤油麹の塩分量は、普通の濃口醤油の半分ほど。これは、減塩醤油とほぼ同じくらいの塩分量です。しかし”旨味”は、一般的な減塩醤油よりも優れていると言えますね。

 

ここからは、醤油麹の作り方と、醤油麹を使った簡単なレシピをご紹介します。醤油麹は材料2つで簡単に作れるので、ぜひお家で作ってみてくださいね。

基本の醤油麹の作り方

<材料>
醤油 100g
乾燥麹 100g

<作り方>
① 清潔な保存容器(瓶やタッパー等、蓋のできるものがよい)に材料を全て入れ、スプーンなどでよく混ぜ合わせる。
② 常温に置き、軽く蓋をして、一日一回上下をかえすように混ぜる。麹が水分を吸い込み、干し上がっていたら、ひたひた程度に醤油を加える。
③ 一週間~10日ほど②を繰り返す。麹がやわらかくなり、発酵が進めば完成。完成後は冷蔵庫で保存。

鯖の発酵トマト煮込み

鯖の発酵トマト煮込み

<材料>
鯖の水煮缶 1缶(190g)
トマトピューレ 大さじ
玉ねぎ(薄切り) 1/2個
エンドウ豆 2つ
オリーブオイル 大さじ2
酒 大さじ2
醤油麹 大さじ1
塩 少々

<作り方>
① 鍋に玉ねぎ、エンドウ豆、大さじ2の水、ひとつまみの塩を入れ、玉ねぎがしんなりするまでウォータースチームする。エンドウ豆を取り出す。
② 鯖缶を缶汁ごと加え、酒、トマト缶を潰しながら加え、軽く煮詰める。
③ 醤油麹を加え、塩で味を調える。

 

いつものお料理の味にちょっぴりマンネリぎみなら、醤油麹で旨みをアップさせてみてはいかがでしょうか。お料理の幅も広がります。旨味たっぷりで健康にも良い醤油麹。ぜひ活用してみてください。

片山真美

『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中。美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門家として、旬の野菜や発酵調味料を活かしたレシピを紹介している。バレエ、ダンス、ヨガの経験から現在は「食×運動」についても勉強中。 Instagram @x.x.mami.x.x

Posted by admin