ダイエット中でも大満足!色鮮やかな「新じゃがいもとビーツのポタージュ」- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

ダイエット中でも大満足!色鮮やかな「新じゃがいもとビーツのポタージュ」

2018.6.7

美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門機関『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中の片山真美さんが、美に効くとっておきのレシピを伝授。簡単で美味しいことはもちろん、おもてなしにも最適なお洒落なレシピが満載です。今回は、見た目も華やかな新じゃがいもとビーツのポタージュのレシピをご紹介してくれました。

実はダイエットにもイイ!別名”畑のりんご”

じゃがいもは、ダイエットに適していない食材だと思い込んでいませんか?

確かに、炭水化物のでんぷんを主成分としていますが、イモ類の中では比較的糖分やカロリーが少ないのが特徴。その上、栄養価が高く食べごたえもあるため、実はダイエットの味方になる野菜でもあるのです。

豊富に含まれるカリウムには、体内のナトリウムとバランスをとって、血圧を安定させ、むくみを改善するなど、女性には嬉しい働きが。その栄養価の高さから、フランスでは「畑のりんご」の呼び名で親しまれています。

じゃがいも

今回は、じゃがいもを使用したレシピをご紹介します。ビーツも入って、見た目もとっても華やか。おもてなし料理にも最適なレシピです。ぜひ、ご活用ください♪

新じゃがいもとビーツのポタージュ

新じゃがいもとビーツのポタージュ

<材料>2人分
ビーツ…100g
玉ねぎ…1/2個(100g)
じゃがいも…1個(150g)
豆乳…300ml
塩、胡椒…適量

<作り方>
① ビーツ、玉ねぎ、じゃがいもを薄くスライスする。
② 鍋に①、大さじ2の水、ひとつまみの塩を入れ、くたくたになるまで煮込む。
③ ②をブレンダ―やミキサーで撹拌し、豆乳を入れ、鍋に戻して再び温める。
④ 塩、胡椒で味を整えて、冷やして完成。

じゃがいもは、淡白な味なのでどんな食材とも相性が良いことも魅力の一つです。鉄の吸収を助ける働きがあるビタミンCが含まれているため、レバーソテーの付け合せや、ひじきと調理するのもおすすめです。

皮に含まれる“クロロゲン酸”でアンチエイジング

じゃがいもは、加熱してもビタミンCを損失しにくいのが特徴。ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な栄養素なので、美肌効果も期待できます。

また、皮に含まれる”クロロゲン酸”には、血糖値を抑える効果があります。その他、コレステロール値を調整する働きや、抗酸化作用による老化予防効果もあり、アンチエイジングに効果的です。

ただし、青い皮や発芽部分にはソラニンという有害物質が含まれているため、取り除いていただきましょう。

上手なじゃがいもの選び方

お店での選び方のポイントとして、皮が青緑色に変色していないもの、表面に張りがあり、しわがないものを選びましょう。また保存方法は、紙袋やダンボールなどに入れ、冷暗所に置いておくと良いです。長期保存する場合は、りんごを一緒にいれると、りんごから発生するエチレンガスが有害成分のソラニンを含む発芽を抑えてくれますよ。


気分が明るくなるような色鮮やかなポタージュのレシピをご紹介しました。栄養もたっぷり摂れる一品です。ぜひ、お家ごはんに取りいれてみてはいかがでしょうか♪

片山真美

『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中。美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門家として、旬の野菜や発酵調味料を活かしたレシピを紹介している。バレエ、ダンス、ヨガの経験から現在は「食×運動」についても勉強中。 Instagram @x.x.mami.x.x

commonからのHOTな情報を手軽にGETしよう!

最新のフィットネスやビューティー情報など、ライフスタイルを彩る情報を配信中!

LINE友達限定のプレゼントキャンペーンも随時開催!

友だち追加
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。