common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

わらび餅の糖質は意外と高い?糖質制限わらび餅の簡単な作り方や通販で買えるおすすめ糖質制限おやつ

2019.6.16

わらび餅の糖質はどれくらいなのでしょうか?わらび餅の気になる糖質や、カロリーにつていてまとめてみました。また簡単にできる糖質制限中のおやつにピッタリのわらび餅レシピ、さらには糖質制限おやつにピッタリの通販で買えるわらび餅についてもご紹介します。

わらび餅の糖質とカロリーは意外と高い!?

わらび餅の糖質やカロリーが意外にも高いことをご存知ですか。わらび餅はスーパーやコンビニ、和菓子屋さんでもたくさん販売されている人気の和菓子です。わらび餅は女性からもヘルシーなおやつとしても人気が高いですが、わらび餅の糖質やカロリーはどれくらいなのでしょうか。

わらび餅の糖質は100gあたり30g

わらび餅の糖質は100gあたり約30gと高糖質になります。原材料はわらび餅粉や片栗粉、砂糖、水、きな粉です。ほぼ糖質で出来ていると言っても過言ではないほど、わらび餅は糖質が高い和菓子なのです。

わらび餅にかけるきな粉の糖質は100gあたり10g

きな粉の糖質は100gあたり約10gです。ただし、わらび餅の量にもよりますが、きな粉を100gもかけないと思います。2人分のわらび餅を手作りして、かけるきな粉の量を25gと推定した場合、わらび餅にかけるきな粉の1人分の糖質は1.3gほどになります。さらにすべてわらび餅にかけたとしても、わらび餅につききらなかったきな粉がお皿に残ることも多いので、実際に口にするきな粉の量はもっと減るので糖質も減りますね。

わらび餅のカロリーは100gあたり170kcal

わらび餅の糖質以外に気になるのがカロリーですよね。わらび餅のカロリーは、100gあたり約170kcalとなっており、高糖質な上に高カロリーな和菓子と言えます。また、わらび餅にかけるきな粉と黒蜜の量によって更にわらび餅の糖質やカロリーが追加されますので全体的にダイエット向きではない和菓子スイーツと言えます。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

スーパーで売っているわらび餅やセブンイレブンのわらび餅糖質比較!

コンビニやスーパーで販売されているわらび餅にはどんな特徴があるのでしょうか。同じわらび餅でも形や食感、食べ方などが異なるようです。今回はスーパーでよく見かける明日香食品のわらび餅とセブンイレブンのわらび餅の糖質を比較してみました。

明日香食品の『わらび餅(黒糖蜜付)』の糖質

明日香食品の「わらび餅(黒糖蜜付)」の糖質は公式サイトに記載がなかったのですが、炭水化物は27.7gなので、糖質もそれと同じくらいかそれ以下となっています。黒蜜やきなこが添付されていますが、今回ご紹介したわらび餅の炭水化物量には黒蜜ときな粉は含まれていません。黒蜜ときな粉が別についてくるタイプのわらび餅は、糖質が気になる方にとって糖質を調整できるのでいいですよね。

セブンイレブン『とろけるくちどけわらび餅』の糖質

セブンイレブンで販売されている「とろけるくちどけわらび餅」というものがあります。セブンイレブン「とろけるくちどけわらび餅」の糖質はどれくらいなのでしょうか?
セブンイレブン「とろけるくちどけわらび餅」の糖質については公式サイトに載っていなかったのですが、炭水化物量が38.4gなので糖質は同じくらいかそれ以下となります。セブンイレブンのわらび餅は明日香食品のわらび餅と違いすでにきな粉も黒蜜も含まれている炭水化物量になっているので高いと感じるかもしれませんね。

糖質の高いわらび餅にヘルシーなイメージがある理由は?

わらび餅の糖質やカロリーは高いとお伝えしましたが、ヘルシーなイメージを持たれている方は多いと思います。なぜわらび餅はヘルシーなイメージがあるのでしょうか?

和菓子は糖質・カロリーともに低いイメージがあるから

甘いおやつやスイーツと言えばカロリーや糖質が高いイメージですが、和菓子と言うと比較的カロリーや糖質が低いイメージがありますよね。また、わらび餅のように透明感があってプルプル食感のところてんなどの寒天を使った食べ物とイメージがかぶっているという人も多いのかもしれません。ところてんは天草という海藻が原料なので100gあたりのカロリーは2kcal、糖質は0gなのでわらび餅とは違いヘルシーです。和菓子と言っても素材によって糖質やカロリーに違いが出てくるので、「和菓子だからヘルシー」と思ってしまうのは間違いと言えるでしょう。

わらび餅は消化がよさそうなイメージがあるから

わらび餅は消化がよさそうで便秘を解消してくれそうなイメージもあるようです。わらび餅の原料であるわらび粉には食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消に効果があると言われています。しかし、不溶性食物繊維のため消化がいいとは言い切れません。
しかしわらび粉ではない市販のわらび餅にはサツマイモのでんぷんなどをしようしたわらび餅も多いのです。サツマイモのでんぷんは「レジスタントスターチ」と言われています。レジスタントスターチはこの二つの特性を合わせて持っているので、サツマイモやタピオカなどのでんぷんで作られたわらび餅でも便秘解消の効果が期待できます。
排便がスムーズに行われることで体内の毒素や老廃物を外に出すようなデトックス効果があると言われているので、わらび餅は消化がよく、ヘルシーなイメージがあるのかもしれません。

糖質を抑えたわらび餅の簡単な作り方

糖質を抑えたわらび餅の作り方は片栗粉をサイリウムに変えるだけで簡単に作れます。糖質を抑えたわらび餅の作り方の要となる材料サイリウムについては改めてご紹介させて頂きます。糖質を抑えたわらび餅の作り方は難しく思われている方も多いと思いますが、材料を変えるだけで実は簡単にできます。わらび餅の作り方自体は材料を混ぜて冷やすという単純なものです。糖質を抑えるわらび餅の簡単な作り方のコツとしては材料を工夫することだけなので、サイリウムさえ手に入れば家でも簡単にできます。参考までに糖質制限中のおやつにピッタリなわらび餅レシピをご紹介します。

糖質制限中のおやつにピッタリ!サイリウムわらび餅のレシピ

【材料】
    水150cc
    サイリウム 小さじ1
    人工甘味料 小さじ3
    きな粉※
    人工甘味料※
※きな粉と砂糖はかけすぎない程度にお好みの分量で

【作り方】
1.    鍋の中で水とサイリウム、人工甘味料を混ぜて火にかける
2.    沸騰して2分ほど煮詰めてから容器に移す
3.    ある程度冷めたら冷蔵庫で冷やす
4.    きな粉と人工甘味料を混ぜて上にかけて食べやすい大きさに切る

糖質制限中のおやつなら糖質はなるべく抑えたいですよね。そんなときはこちらのサイリウムわらび餅レシピを試してみてくださいね。もしサイリウムだけでは求めているわらび餅と違う…という場合は通常のわらび餅レシピの分量を調整してサイリウムを加える方法で糖質制限おやつを作る方法もありますよ。

糖質制限わらび餅に使うサイリウムとは?

わらび餅の糖質も材料を工夫すると制限することができます。最近糖質制限できる食材として注目されている「サイリウム」をご存知ですか。サイリウムとは、オオバコという種類の植物の外皮部分を指します。サイリウムのほとんどは食物繊維でできていて、低価格でありながら食物繊維をしっかり摂取でき、糖質やカロリー制限もできる糖質制限中に使える素晴らしい食材です。サイリウムはお腹で膨れるので満腹感が得られ、とろみが付くような特徴が片栗粉に似ていて、片栗粉の代用として糖質制限ダイエット中によく使われます。その為、もちろんわらび餅の材料としても使うことができます。サイリウムは無味なので、どんな料理にも代用可能で、糖質制限わらび餅以外にお料理にも使えます。わらび餅の糖質を抑えるためには欠かせない材料の一つです。

糖質制限おやつにピッタリの通販で買えるわらび餅

糖質制限中にどうして甘くておいしいわらび餅をおやつに食べたくなりますよね。そんなときに糖質制限中のおやつとしておすすめの通販で買えるわらび餅をご紹介します。糖質制限おやつとは思えないおすすめの美味しいおやつなので、わらび餅好きの人はぜひ通販で購入してみてくださいね。

糖質制限おやつ!通販で買える『低糖質わらび餅』

糖質制限中のおやつとして通販で買える「低糖質わらび餅」を試してみてはいかがでしょうか?低糖工房の「低糖質わらびもち」は100gあたりの糖質が4.6gです。カロリーも29kcalで、わらび餅としては低糖質&低カロリーの商品なので、糖質制限中のおやつとしてピッタリですよね。低糖工房では「糖分を気にせず満足いくまでお菓子を食べてほしい」という考えのもと、低糖質なのにわらび餅の持つ甘さをしっかりと感じられる商品づくりをされています。公式通販サイトではほかにもたくさんの低糖質商品を扱っていますので、飽きずに糖質制限ダイエットをするために、いろんなおやつを試してみてはいかがでしょうか?

低糖質わらびもち|糖質制限や置き換えダイエットに低糖質で美味しいふすまパンやお菓子の専門店【低糖工房】

糖質制限おやつ!通販で買える『ゼロカロリーきなこわらびもち』

通販で買える糖質制限おやつとして、遠藤製餡の「ゼロカロリーきなこわらびもち」もおすすめです。こちらの商品は100gあたりのカロリーが0kcalという商品です。糖質は14.1gありますが、平均的なわらび餅の糖質よりは低いと言えますね。糖質制限中と言ってもやはりカロリーは気になると思いますので、こちらわらび餅ならカロリーも気にせずに糖質制限ダイエット中のおやつとして食べることができます。公式通販サイトではそのほかにもゼロカロリーのようかんやあんみつなどの和菓子スイーツが販売されていますので、糖質制限おやつとしてより糖質の低いものを選んでわらび餅と一緒に通販で購入されてみてはいかがでしょうか?

きな粉も入ってゼロカロリー! きなこわらびもち6個セット【Endoオンラインショップ】

最後に

わらび餅の糖質やカロリーは低いイメージを持たれている方も多いですが、わらび餅の糖質とカロリーは高いことがおわかり頂けたと思います。ただ、お腹に溜まる・消化に良い・食物繊維が豊富などわらび餅は糖質やカロリーだけではない体に優しいという魅力があります。また、お家で手作りすると、材料の代替えによってわらび餅の糖質やカロリーをかなり抑えられるのがわかります。これからの季節はこのぷるぷるとした食べやすい食感が魅力的なのでカロリーや糖質を控えたわらび餅商品を通販などで試して、お気に入りのわらび餅も見つけてみて下さいね。

text:common編集部

Posted by admin