common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

人気のホッピー、カロリーはどれくらい?ダイエット中でも飲める?ビール、ハイボール、焼酎のカロリーと比較してみた

2019.6.1
蒸し暑い季節になるとますます美味しく感じるお酒。仕事終わりや1日の終わり、冷えたお酒をぐいっと飲む瞬間は最高ですよね。そんなお酒をさらに美味しくしてくれる麦芽発酵飲料ホッピー。ついつい飲みすぎてしまうこの季節、気になるホッピーのカロリーを調べてみました!

ホッピーの中身ってなに?どんな種類がある?気になるカロリーは?

そもそもホッピーとはどういった飲み物なのでしょうか。ホッピーは1948年に麦やホップを原料とするビールテイスト飲料として発売された清涼飲料水です。プリン体ゼロ、低カロリー、低糖質でお酒を飲んでいるような気分になれる夢のような飲み物として発売以来多くの人に愛され、現代では「焼酎割り飲料」として定番の飲料となっています。

ホッピーにはいくつかの種類があり、その種類によって割る相性の良いお酒があるようです。

定番ホッピーのカロリー

ビアテイストの焼酎割り飲料としても、そのまま飲んでビアテイスト清涼飲料水としても楽しむことができます。すっきりとした味わいが特徴で、割るお酒の量をその日の体調や好みで調節できることから人気の定番商品です。

ホッピーの中身の原料としては麦芽、粉飴、ブドウ糖、スターチ、ホップ、酸味料、調味料(アミノ酸等)。アルコール分は0.8%でカロリーは100mlでたったの11キロカロリーです。1杯分350mlに換算すると、およそ35キロカロリーほどです。驚くほど低カロリーでお酒の気分が味わえるのも人気の理由かもしれませんね。

黒ホッピーのカロリー

4種類の麦芽をブレンドした、日本人の口に合う黒タイプのビアテイスト飲料。香ばしい香りとほどよい苦み、まろやかな甘みが特徴で「ホッピー」より「黒ホッピー」を好む人も多いと言われる人気の飲料です。

黒ホッピーの中身の原料は、麦芽、ブドウ糖、ホップ、酸味料、調味料(アミノ酸等)。アルコール分は0.8%で、100mlあたり12キロカロリー。1杯分350mlに換算すると、およそ36キロカロリーほどとこちらもかなり低カロリーであることが分かります。

ホッピーの割り方は?ホッピーの美味しい飲み方

ホッピーを美味しく飲むための基本は「三冷」とよばれ、ホッピー、焼酎、ジョッキをよく冷やすことが大切であると言われています。

ホッピー基本の割り方

1、ホッピーと甲類焼酎(25度)をよく冷やし、ジョッキは冷凍庫でよく冷やす。

2、まず焼酎、次にホッピーを注ぐ。黄金比率は1:5、泡が立つように勢いよく注ぎ、かきまわさないのがコツ。アルコール度約5%のホッピーが完成!

よく冷やすために氷を入れてしまうと、ホッピーの風味が薄れてしまうため氷は入れずにジョッキをよく冷やして飲むのがホッピーを美味しく飲むポイントです。とはいえ、ホッピーの割り方は自由自在。お酒を減らしたり増やしたりして自分の好みの味を探しながら楽しみましょう。

Posted by admin