common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

バターはダイエット中でも食べていいの?痩せたい人にバターコーヒーダイエットがおすすめ!

2019.5.3

バターはダイエット中は避けようと思う人が多いようですが、意外にもバターはダイエット向きの食材として注目されています。バターをダイエット中にわざわざ食べるなんて本当に太らないの?と疑ってしまいますよね。痩せたい人にとっては、バターのどこにダイエット効果があるのか気になるところです。今回は、セレブに話題のバターコーヒーダイエットのやり方や効果、バターを食べるダイエット方法で使用するバターについてご紹介していきます!

バターは太らないの?

まず痩せたい人にとって気になるのは、バターは太らないのかどうか。バターと言えば脂質が高くて、カロリーも高く、太りそうなイメージがかなり強い食材です。ですが、実はバターの脂質は良質な脂質なのです。たくさん摂取すればもちろん太る原因になることは確かですが、バターが太らないと言われているのは、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸という、腸内を整えたり、体に脂肪をつけにくくしてくれる脂肪酸が含まれているからなのです。
ダイエット中だからと脂質を避けてばかりいるとお肌がカサカサになったり、逆に脂肪燃焼しづらい体質にしてしまったりします。良質な脂質のバターは適量とると太らないからだを作ってくれますので、積極的にとるようにしましょう。

話題のバターコーヒーに使うバターは普通のバターでいいの?

バターコーヒーダイエットは、アメリカでセレブから流行りだした、コーヒーに小さじ1のバターを入れて飲むダイエット法です。バターコーヒーダイエットのやり方は、このバターコーヒーを朝食代わりに飲むだけです。
バターコーヒーダイエットに使うバターですが、普通のバターではよりも「グラスフェッドバター」という、牧草で育てられた牛からできたバターを使用する方が効果があると言われています。普通のバターとの違いは、遺伝子組み換えのされているエサは一切与えず、牧草のみで育っている牛からできているところと、牛の飼育は放牧でストレスなく育てられているところです。普通のバターより、ビタミンA、K2、Dやカロテン、オメガ3脂肪酸が多く含まれ、ダイエット効果はもちろん、美容や動脈硬化の予防にも適していると言われています。普通のバターより高価で、普通のスーパーではあまり見かけないですが、ネット通販や成城石井などで手に入ります。
さらにMCTオイルを入れると効果が上がるのだとか。MCTオイルとは、ココナッツなどに含まれる中鎖脂肪酸というエネルギーになりやすい食用油です。

バターコーヒーダイエット、普通のバターでの効果は?

バターコーヒーダイエットで、普通のバターで無塩のものを使用する人もいるようです。ですが、普通のバターだと、ダイエットにいいと言われているビタミンやオメガ3脂肪酸が少ないため、効果が感じられないという人もいるかもしれません。普通のバターとグラスフェッドバター、味の違いはあまりなく、どちらも美味しく飲めますが、バターコーヒーダイエットの効果を確実に感じたいなら「グラスフェッドバター」を用意するようにしましょう。

バターコーヒーダイエット、ファミマにも売ってる!

バターコーヒーダイエットが注目されてから、市販でもバターコーヒーが買えるようになってきました。ファミマでもグラスフェッドバターとMCTオイルが入っている、バターコーヒーが発売されています。高価なグラスフェッドバターを購入しなくても、気軽にファミマで購入できるなら毎日飲めそうですよね。気になる価格は198円(税込)で、カロリーは1本あたり157kcalです。自宅でバターコーヒーを作るとホットで飲みますが、ファミマのものは冷たいのでクセがあり、味の評価に個人差はあるようです。

ファミマのバターコーヒーで痩せた!

ファミマのバターコーヒーでダイエットに成功した人もいます。バターコーヒーダイエットのやり方で、朝食をバターコーヒーにしたり、おやつとして飲む、さらに運動をプラスして効果を上げたりする方法があります。それぞれ取り入れ方は違うようですが、ファミマのバターコーヒーでも同じように飲んで、「痩せた」と効果を実感している人が多いです。自宅で作るのが面倒な忙しい人でも、出勤途中などでファミマで購入すればいいだけ。めんどくさがりな痩せたい人にとって、ファミマのバターコーヒーは有難いでしょう。

その他のバターコーヒーも市販されている?

ファミマのバターコーヒー以外にも、インスタントのバターコーヒーが市販されています。通販では、デカフェのバターコーヒーやMCTオイルが含まれているものなど、商品の種類も豊富です。また、バターコーヒーが作れるコーヒーとグラスフェッドバター、MCTオイルがセットになっているものも市販されています。自分で作るのは面倒、ファミマが近くないという人は、その他の市販のバターコーヒーを通販で探してみるのもいいでしょう。

バターを食べるダイエット方法とは?

バターコーヒーダイエット以外に、バターを食べるダイエット方法もあります。ダイエット中にバターを食べると、空腹感を感じにくくしてくれ、代謝もアップしてくれます。他の食べ物で摂取した脂肪をエネルギーにしてくれるのを助けてくれるのです。ダイエット中に食べるバターもバターコーヒーダイエットと同じく、グラスフェドバターを使用するのが効果的です。食事での血糖値の上昇も抑えてくれ、「もっと食べたい!」という衝動も抑えられます。油の代わりに料理に使用して食べる、パンに塗って食べる、などバターを食べる方法はどんなものでも大丈夫です。
バターを食べるダイエットにおいてもグラスフェドバターが一番効果を期待できますが、ない場合は無塩のものを使用するようにしましょう。

バターダイエット中に控えた方がいい食べ物は?

バターダイエット中は、炭水化物をたくさん摂取しない方がいいでしょう。せっかくバターで血糖値の急激な上昇を抑えて脂肪を燃焼させる狙いがあるのに、白米やパン、甘いお菓子などの炭水化物が入ってくることによって脂肪を燃やしづらくしてしまいます。バターダイエット中はなるべく炭水化物の摂取量を控えて、バターの効果を邪魔しないようにしたいですね。

最後に

バターはダイエットや美容にも効果がある良質な脂質を摂取できる、体にいい食材です。もちろんカロリーは高いので、摂りすぎはよくないですが、バターの中鎖脂肪酸は脂肪の燃焼を助けてくれます。バターコーヒーのダイエットで痩せた、という人も多いようです。ダイエットに使用する時はマーガリンや普通のバターではなく、できればグラスフェッドバターを使うようにしましょう。

text:common編集部

Posted by admin