common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中でも箱根そばが食べたい!気になるカロリーやおすすめメニューについて

2019.4.15

都心の方や小田急沿線をご利用される方はよくご存知でしょう。箱根そばといってとてもおいしいそば屋さんがありますね。ダイエットをしていても立ち寄りなくなりますが、気になるのがカロリーです。今回は箱根そばの人気メニューのカロリーやおすすめメニューや太らないためのポイントについてご紹介します。

箱根そばとは

箱根そばは小田急沿線に店舗を多く構えるスタンドそば・うどんチェーン店です。チケット式の店舗なので回転も早いですが、テーブル席も用意されているので年齢問わず多くのお客さんで賑わうお店です。

箱根そばの特徴

多くのお客さんから支持を得ている箱根そばの特徴は次のとおりです。

    生麺
    つゆが美味しい
    かき揚げが美味しい
    季節ごとに変わったメニューが登場する
    コラボが面白い
    お手頃価格

箱根そばは生麺を使用しています。また、つゆが美味しいと評判です。さらに店舗で揚げたてのかき揚げを楽しめるのも良いところです。そして、そばやうどんとコロッケをコラボさせたり、季節の変わり種として肉じゃがやお好み焼きなどをそばに乗せたメニューがあったりするなど、面白いメニューも登場します。お手頃価格なのに美味しいのでリピーターが多いのも特徴です。

箱根そばでいちばんカロリーが低いメニュー

箱根そばのレギュラーメニューでいちばんカロリーが低いうどんは「ざるうどん」(330キロカロリー)そばは「ざるそば」(392キロカロリー)です。特別トッピングのないシンプルなものほどカロリーは低くなります。

箱根そばでいちばんカロリーが高いメニュー

箱根そばのレギュラーメニューでいちばんカロリーが高いのは「天玉そば」(608キロカロリー)、次にカロリーが高いのは「めかぶそば」(598キロカロリー)です。めかぶそばが箱根そばのレギュラーメニューのなかでカロリーが高めなのは驚かれた方が多いでしょう。

箱根そばのセットメニューのカロリー

レギュラーのセットメニューのカロリーをカロリーの低い順にご紹介します。

    とろろ丼セット 745キロカロリー
    カレーセット 774キロカロリー
    かき揚げ丼セット 789キロカロリー
    かつ丼セット 880キロカロリー
    海老・かき揚げ丼セット 887キロカロリー

揚げ物が入るとカロリーが高くなるのは想像できます。最近は糖質に注目する専門家が増え、ダイエットにおいてカロリーはそれほど気にする必要がないと言われる方もいらっしゃいますね。ただ、運動量よりも基礎代謝が下回ると脂肪は付きやすくなるのは変わらないため、できるだけ不要なカロリーを摂らないことをおすすめします。特に血糖値が上がる小麦粉を使用したかつ丼や天ぷら・かき揚げなどはダイエット中はひかえたほうが良いですよ。

箱根そば人気メニューのカロリー

箱根そばの、SNSで人気のメニューをカロリーの低い順にご紹介します。

    わかめそば 405キロカロリー
    やまかけそば(山かけそば)448キロカロリー
    冷やしとろろそば 470キロカロリー
    冷やしきつねそば 499キロカロリー
    コロッケそば 529キロカロリー
    めかぶうどん 530キロカロリー
    海老天そば 547キロカロリー
    肉そば 547キロカロリー

そばをうどんに変更される場合はそばのカロリーから68キロカロリーをを引いてください。箱根そばの上級者はコロッケそばを注文されるそうです。

「箱根そば」と「富士そば」カロリーを比較してみよう

■富士そばも人気店

箱根そばとスタイルが似ているためよく比較されるのが富士そばです。都内に店舗がたくさんありますね。箱根そばと同様に立ち食いそば店なのに生麺を使用し、つゆにこだわりを持っています。

■富士そばのカロリーと比較してみよう

富士そばの人気メニューで箱根そばとカロリーを比較してみましょう。

    もりうどん 258キロカロリー
    もりそば 364キロカロリー
    かけそば 378キロカロリー
    わかめそば 379キロカロリー
    コロッケそば 631キロカロリー
    天ぷらそば 638キロカロリー
    かつ丼 676キロカロリー
    天ぷらそば 683キロカロリー
    肉富士そば 687キロカロリー
    大盛りそば 730キロカロリー

2つの店舗を比べると、カロリーが低いメニューもあれば高いメニューもあり、どちらがカロリーが低いかというレベルではありません。後ほどご紹介しますが、この2店舗に限らずダイエット中にそば店に入る場合は太りにくいメニューを選ぶようにしましょう。

箱根そばで選ぶべきおすすめメニュー

同じように食べていても太りにくい食べ方はあります。箱根そばではどのようなメニューを選べばよいか、ご紹介します。

■うどんよりもそばを選ぼう

うどんは小麦粉からできているため血糖値を上昇させる食材です。これを数値で表現しているのがGI値(グリセミック指数)、GI値とは食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に数値で表いているもので、糖質制限ダイエットをされている場合、とても役にたつ数値ですよ。
その数値で比べると、小麦粉は60、そば粉は54です。そば粉と小麦粉ならそば粉で作らているそばのほうが血糖値の上昇を緩やかにします。つまり箱根そばに入ってどれにするか選ぶとき、カロリーだけに注目するのではなく「そば」を選ぶと良いでしょう。

■あたたかいそばにしよう

臓器が冷えると消化器官の働きが悪くなります。それは血行を悪くすることにもつながるため特にダイエット中はおすすめしません。冷たいものが食べたいときもダイエット中はあたたかいメニューを選ぶようにしましょう。

■食物繊維を含むメニューを選ぼう

ダイエット中に不足じがちな水溶性食物繊維が豊富に含まれているわかめやめかぶの入ったそばはおすすめですよ。

■素材が活きたメニューを選ぼう

GI値についてご説明しましたが、カツや天ぷらには衣がついています。こちらも小麦粉を使用しているためGI値が高めの食材になります。逆に、肉そばなど何も加工していない肉が入ったそばはおすすめです。脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要ですが、ダイエットではじめに痩せるのは筋肉です。
また、ダイエット中はタンパク質が不足するため良質な肉を摂取して筋肉を作らなくてはなりません。つまり素材そのものが活きたメニューを選び摂取することでダイエットの助けになるのです。

箱根そばでダイエット中は控えめにするべきメニュー

箱根そばでダイエット中に控えるべきメニューをご紹介します。

    うどん
    コロッケ
    箱根そばのかき揚げなどの天ぷら
    単品のいなりやおにぎり
    カレー
    季節のかわりネタで小麦粉を使用しているもの

カロリーを見るとそれほど高いように思えないしお伝えしたようにそ箱根そばではそばのカロリーよりうどんのカロリーはマイナス68キロカロリーです。しかし小麦粉でできているうどんは血糖値の上昇を招き脂肪を溜めやすい環境を作ります。コロッケの大部分を占めるジャガイモや小麦粉の衣を絡めて油で揚げるかき揚げも食べたいけれどダイエット中はやめておきましょう。単品でいなりやおにぎりを足したいところですが、ダイエット中は糖質量を控えるべきです。
さらに、カレーも我慢しましょう。カレーにはスパイスが含まれるし、食べると汗をかくのでダイエットに良い感じがしますが、汗が出るのは辛み成分を食べたから、一時的なことで血行が良くなったわけではありません。日本で提供されているカレーには小麦粉や砂糖が含まれているため血糖値を上げる原因になります。
季節の変わりネタも楽しみのひとつではありますが、同じように衣など加工されているものの場合はひかえましょう。

食べ方でひと工夫!

ダイエットに成功しその後も体型を維持、太らない方には共通して特徴があります。そば屋へ行く際に心得ておくと良いひと工夫についてご紹介します。

■トマトジュースを飲んでから箱根そばに入る

長居をするようなお店ではないので目的を済ませたら退店しますが、短時間に食べ物を身体に入れると満腹中枢が働かず、もっと食べたいという衝動に駆られます。箱根そばではゆっくりと食べていても「出ていけ」とは言われません。そばが伸びない程度にゆっくりと噛んで食べましょう。
それでも短時間で食べ終えてしまうのがそば、あらかじめコンビニなどでトマトジュースなどをお腹に入れて血糖値を緩やかに上昇させておき「これから食事をする」ということを消化器官に教えてあげるのも良いでしょう。

■そばは噛んで食べよう

そばはすするのが基本なので粋にそばを楽しんでおられる方と一緒に行くと怒られるかもしれませんが、そばはすすって食べないほうが良いです。噛まずに体に入れてしまうと消化するのに時間がかかり消化器官に負担をかけるからです。また、すすると短時間で食べ終わってしまうため、満腹中枢も働きません。箱根そばを退店した後にコンビニなどでデザートを買うはめになってしまうのは避けたいですよね。そばの流儀に反するかもしれないけれど、しっかりと噛んでそばの味を楽しむのも良いですよ。

■つゆは飲み干さない

つゆにこだわりを持つ箱根そばですが、全部飲み干すと塩分をたくさん摂ることになります。1日の塩分摂取は箱根そばだけではありません。塩分の摂りすぎはむくみを招くのでダイエット中はできるだけひかえるべき、味わう程度に飲んで、もったいないですが、全部は飲み干さないようにしましょう。

■夜遅くに飲食店に入らない

夜は活動量が減るため食べたものが脂肪になりやすいです。箱根そばに限らず遅い時間に飲食店へ入るのはおすすめしません。

最後に

今回は箱根そばのカロリーについてご紹介しました。また選ぶべきメニューについてもご紹介したりしましたが、食べたいと思われたときは我慢せず食べたいメニューを選ぶのも良いと思います。例えばおすすめしないとお伝えした「かき揚げ」は箱根そばの名物ですよね。食べることで満足しダイエットの糧になるとプラスに考えたら、それはダイエット成功の秘訣にもなります。食べたぶんきちんと身体を動かすなど自分ルールを決めて箱根そばを楽しく食べてください。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin