common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

糖質制限中は避けたいカレーライスでもカレールーだけならOK?簡単糖質制限レシピもご紹介

2019.2.27
もはや嫌いな人を探す方が難しいのではないかと思うほど国民食となっているカレーライス。外食はもちろん、コンビニ弁当や家庭でも頻繁にカレーライスを作る、という方は非常に多いのではないでしょうか。しかし、残念なことに糖質制限中の方にとっては「カレーライス」を食べることは一般的にNGと言われています。その理由としては、普通のカレーライス一皿だけで糖質量が70g以上含まれており、それだけで糖質制限中の方の1日の糖質摂取量を取りきってしまうためです。普通に糖質制限をされている方であれば、1日3食食べますので、カレーライス1食で糖質制限量を満たしてしまっては後の2食が食べられなくなってしまいます。しかし、あのスパイスの香りを嗅いでしまうとどうしても食べたくなってしまうのがカレーです。そんな方に朗報があります。「カレールー」だけであれば、実はそんなに糖質は高くないのです。今回はカレールーの糖質について解説していきたいと思います。

カレールーの糖質量を知る

「カレーライス」としてカレールーとご飯を一緒に食べることが当たり前になっているかと思いますが、普通のカレーライス1皿分だけで70g以上もの糖質を摂取してしまうことをご存知でしょうか。カレーライスがこれほど糖質が高くなってしまう理由の大半は「ご飯」にあります。カレーライスとして1皿を食べる際には、通常のお茶碗1杯分よりも多くご飯をよそいがちではないでしょうか。するとご飯の量は150〜180gほどとなり、ご飯だけで糖質量も50〜70gになってしまうのです。

一方、「カレールー」だけの糖質量を見てみますと、1皿分のおおよその糖質量は約10g程度なのです。もちろん、具材に何を入れるのかによって増えることもありますが、逆を言えば、自分で具材の糖質量をしっかりと管理しさえすれば、低糖質な「カレールー」を作ることができるのです。

カレールーの効果を知る

2019年に現役引退したあの日本人メジャーリーガーも、毎日朝食にカレーを食べてから試合に行っていた、という逸話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。それだけカレーには何かしらのパワーがありそうだなということがイメージできますが、実際のところどのような効果があるのでしょうか。

カレールーは様々なスパイスを混ぜ合わせて作られています。市販の固形カレールーを見ても、「○種類のスパイスを配合」といったキャッチコピーがつけられた商品が多いかと思います。このスパイスが身体にとって良い効果をもたらしてくれるのです。

Posted by admin