common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ココアのカロリーは?スタバ・ファミマ・ドトール・スイスミスでもココアが人気!ココアの種類別カロリーを調査

2019.2.26

ココアは、カカオポリフェノールを含む人気の飲み物です。ポリフェノールが豊富に含まれているため、美容・健康・ダイエットと幅広い分野でココアが知れ渡っているようです。最近では、スタバやドトール、ファミマといったカフェやコンビニでもココアを見かけますね。スタバはコーヒーのイメージが強いですが、実はココアも定番の商品です。スーパーなどでは、スイスミスや森永のココアが販売されていますね。皆さんも、一度は飲んだことがありますか?
今回はココアのカロリーに注目して、色々な種類のココアを紹介します。

ココアのカロリー

ココアは、カカオ豆を原料としています。カカオ豆を粉砕して粉末状にしたものをココアパウダー、ココアパウダーを溶かした飲料のことをココアと呼んでいます。純粋にカカオ豆だけを粉末状にしたものを純ココア(ピュアココア)と呼び、純ココアのカロリーは100gあたり約271kcalです。純ココアは、ココアパウダーと砂糖、お湯や牛乳を混ぜ溶かして飲みます。市販されている調整ココアには、砂糖や乳化剤などが入ったココアが多いです。ココア以外の成分も含まれている場合、純ココアよりもカロリーが高くなります。また、人気のスタバやファミマなどでは、ココアにシロップやホイップクリームが入っているため、さらにカロリーは高くなるのです。

スタバのココア:カロリー一覧

スタバのココアのカロリーは次のとおりです。

ホットココア ショートサイズ 279kcal
ホットココア トールサイズ 405kcal
ホットココア グランデサイズ 530kcal
ホットココア ヴェンティサイズ 644kcal

アイスココア ショートサイズ 224kcal
アイスココア トールサイズ 298kcal
アイスココア グランデサイズ 395kcal
アイスココア ヴェンティサイズ 476kcal

無脂肪乳変更にすると、カロリーオフできます。

ホットココア ショートサイズ 167kcal
ホットココア トールサイズ 230kcal
ホットココア グランデサイズ 305kcal

スタバでは、ホットココア、アイスココアのカロリーが違います。ホットココアは、ホイップクリームがのっていて、その分アイスココアよりカロリーが高いです。アイスココアでもカロリーが高めなので、低カロリーにしたい場合は、無脂肪乳に変更した方がいいでしょう。

カスタマイズでカロリーオフ!

スタバでは、サイズだけでなくカスタマイズというアレンジができます。無料のココアパウダーを加えると少しビターの味になり、無脂肪乳・低脂肪乳に変更するとさっぱりした味わいになります。また、ココアのクリーム・シロップを増減することもできます!ホットココアのホイップクリームを減らすことで、カロリーも抑えられますよ。スタバのココアには、モカシロップも入っていますが、シロップの増減も無料でできて、別のシロップに変更するのも無料でできる範囲内です。さらに、アレルギーの人や女性に嬉しいのが、豆乳への変更です。健康を心掛けている人にもブームになっている豆乳ですが、モカシロップとの相性もバツグンのようです。

カロリーはアップするけど美味しくアレンジ

スタバではココアにソースを追加することもできます。当然カロリーは上がりますが、キャラメルシロップやキャラメルソース、バニラシロップやチョコレートソースなど、色々な組合せにすると、ココアの味がワンランクアップしますよ。他には、有料のカスタマイズでさらにココアを美味しくする方法があるようです。どのメニューもプラス50円で、好みの味に変更できます。例えば、アイスココアにホイップクリームを追加したり、エスプレッソショットを追加します。カスタマイズを追加することで、甘めのココア、ほろ苦い大人のココアを楽しめます。

ファミマのココア:カロリー一覧

ファミマの濃厚ココアは、森永製菓ブランドのココアを使用したココアです。乳酸菌を100億個配合していて、健康をサポートするココアとして秋冬向けのホットメニューで定番の商品です。

ファミマカフェ 濃厚ココア1杯あたり 110kcal
ファミマカフェ ココア1杯あたり 116kcal

ファミマブランドのミルクココアは、さっぱりとして飲みやすいココアです。北海道産の生クリームを使用していて、よく冷やすといっそう美味しく飲めるココアです。

ファミリーマート ココア240mlあたり 200kcal

ドトールのココア:カロリー一覧

ドトールには、ココア、カフェモカのメニューがあります。

ドトールココア Sサイズ 177kcal
ドトールココア Мサイズ 219kcal
ドトールココア Lサイズ 289kcal

ドトールの濃い味のココアは、他のコーヒーチェーンよりも、ココアの感じをたっぷりと楽しめるようですよ。

ドトールカフェモカ Sサイズ 167kcal
ドトールカフェモカ Мサイズ 196kcal
ドトールカフェモカ Lサイズ 257kcal

ドトールのカフェモカは、ココアをベースにエスプレッソを加えて作られたものです。エスプレッソが入っているため、ココアよりも大人の味です。

ドトールアイスココア Sサイズ 187kcal
ドトールアイスココア Мサイズ 240kcal
ドトールアイスココア Lサイズ 321kcal

ドトールのアイスココアは、クリームが乗っていて甘く濃厚なココアです。クリームが乗っている分、ホットココアよりもカロリーが高いです。

ドトールアイスカフェモカ Sサイズ 165kcal
ドトールアイスカフェモカ Мサイズ 198kcal
ドトールアイスカフェモカ Lサイズ 259kcal

ドトールのアイスカフェモカは、ココアとエスプレッソが混ざったドリンクです。カフェモカは、アイスの方がカロリーは低いですが、ホットと同様に甘くてほろ苦い大人の味ですよ。

スイスミスのココア:カロリー一覧

スイスミスのココアは、コストコで購入することができます。コストコでも人気の商品ですよ。

ホットココアミックス 1袋あたり 114kcal
ココアミックス(ミニマシュマロ入り)1袋(28g)あたり 120kcal

お湯を加えるだけで、クリーミーでコクのあるミルクチョコレートココアのマシュマロ入りを味わうことができますが、ミルク180mlを加えて作るとカロリーは240kcalほどになります。
スイスミスのココアは、ほとんどが砂糖でできていて、結構甘いココアです。しかし、セットでは60パックもあるため、飲み続けているうちに、その甘さに慣れていく人もいるようです。スイスミスは、自宅やオフィスで簡単に作ることができるので、ブラックコーヒーで割ってカフェモカとして飲むこともできますよ。

森永製菓の純ココア:カロリー一覧

森永製菓には、純ココア、ミルクココア、牛乳で飲むココア、セノピー、スムージココア、カカオ70といったココア商品が売られています。

純ココア5g 1杯あたり  18kcal
牛乳で飲むココア12g 1杯あたり 43kcal
セノピー12g 1杯あたり 39kcal
スムージーココア10g 1杯あたり 36kcal
カカオ70 5g 1杯あたり 18kcal

バンホーテンの純ココア:カロリー一覧

バンホーテンには、ピュアココア、ミルクココア、ハイカカオ、牛乳でつくるココア、グランカカオなどの種類が販売されています。

ピュアココア6g 1杯あたり 16kcal
ミルクココア23g 1杯あたり 99kcal
ハイカカオ23g 1杯あたり 97kcal
牛乳でつくるココア15g 1杯あたり 58kcal
グランカカオ18g 1杯あたり 77kcal
マイルドココア1本 200mlあたり 105kcal

ミルクが含まれているココアや牛乳を加えてあるココアは、カロリーが高めです。ピュアココアは、カカオ100%の純ココアで作られていて、砂糖やミルクを含まないため、ミルクココアやハイカカオ、グランカカオなどに比べてカロリーは低いです。しかし、そのまま飲むよりも牛乳や砂糖、生クリームを加えて飲むことが多いため、作り方によってカロリーは変わります。牛乳、砂糖のカロリーをプラスしたピュアココア1杯分のカロリーは、次のとおりです。

ピュアココア6g
牛乳140cc
砂糖6g
合計136kcal

ミルクココアやマイルドココアよりもカロリーが高くなってしまいましたね。お湯で溶かす以外の方法でココアを作るときには、低カロリーの低脂肪乳を遣ったり、砂糖を控えめにするなど、少し工夫をすることでカロリーを抑えられますよ。

バンホーテンのおすすめココア

バンホーテン社のココアは、こだわりのココアパウダーを使っているようです。どのココアも、しっかりとしたココア感を味わえ、香り高いココアパウダーが魅力です。健康志向の人には、1杯あたりカカオポリフェノールが720ml含まれているハイカカオが良いでしょう。ハイカカオは、ピュアココアにクリーム、バター成分を加えていて、ほろ苦く濃厚な味わいの大人のココアです。
忙しい人には、芳醇カカオとまろやかミルクが絡み合った、バランスの良い甘さのミルクココアが良いでしょう。ココアパウダーを贅沢に使用したバンホーテンのココアは、商品それぞれに合わせた空間を楽しめるココアですよ。

ココア:カロリーオフ商品一覧

ココアは美味しくて健康や美容にも良いので、つい飲みすぎる人もいるかもしれません。しかし、ココアはブラックコーヒーに比べてずっとカロリーが高いです。スタバやドトールのココアは、200~300キロカロリーもあります。ココアはとても美味しいですが、そのカロリーを知るとダイエット中の人は控えたくなる飲み物かもしれません。そこで、ココアの美味しさをそのままに、カロリーオフにしたココアを紹介します。

*バンホーテン ミルクココアカロリー1/4 

1杯あたり24kcal。ミルクココアの美味しさをそのままにして、カロリーがミルクココアの1/4です。

*森永製菓ミルクココアカロリーオフ

1本(10gあたり)17kcal。砂糖の変わりに甘味料を使用した砂糖不使用のココアで、森永製菓ミルクココアのカロリーを1/4にしたミルクココアですよ。

*コカコーラ カカオリッチココアカロリーオフ

カカオリッチココアカロリーオフは、調整ココアのカロリーを50%カットしたココアです。正式には公表されていませんが、恐らく100gあたり約24kcalくらいでしょう。

最後に

今回はココアのカロリーについてご紹介してきました。カカオ豆100%の純ココアはカロリーも高くはありませんが、牛乳で溶かしたり砂糖を加える場合はその分のカロリーもプラスされるため、飲み過ぎには十分注意してくださいね。ココアを美味しく楽しく飲むためには、スタバのようにオリジナルの組合せを見つけると、その日の気分に合わせてココアを飲むことができそうですよ。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin