common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ココアのカロリーは?スタバ・ファミマ・ドトール・スイスミスでもココアが人気!ココアの種類別カロリーを調査

2019.2.26

森永製菓の純ココア:カロリー一覧

森永製菓には、純ココア、ミルクココア、牛乳で飲むココア、セノピー、スムージココア、カカオ70といったココア商品が売られています。

純ココア5g 1杯あたり  18kcal

牛乳で飲むココア12g 1杯あたり 43kcal

セノピー12g 1杯あたり 39kcal

スムージーココア10g 1杯あたり 36kcal

カカオ70 5g 1杯あたり 18kcal

バンホーテンの純ココア:カロリー一覧

バンホーテンには、ピュアココア、ミルクココア、ハイカカオ、牛乳でつくるココア、グランカカオなどの種類が販売されています。

ピュアココア6g 1杯あたり 16kcal

ミルクココア23g 1杯あたり 99kcal

ハイカカオ23g 1杯あたり 97kcal

牛乳でつくるココア15g 1杯あたり 58kcal

グランカカオ18g 1杯あたり 77kcal

マイルドココア1本 200mlあたり 105kcal

ミルクが含まれているココアや牛乳を加えてあるココアは、カロリーが高めです。ピュアココアは、カカオ100%の純ココアで作られていて、砂糖やミルクを含まないため、ミルクココアやハイカカオ、グランカカオなどに比べてカロリーは低いです。しかし、そのまま飲むよりも牛乳や砂糖、生クリームを加えて飲むことが多いため、作り方によってカロリーは変わります。牛乳、砂糖のカロリーをプラスしたピュアココア1杯分のカロリーは、次のとおりです。

ピュアココア6g

牛乳140cc

砂糖6g

合計136kcal

ミルクココアやマイルドココアよりもカロリーが高くなってしまいましたね。お湯で溶かす以外の方法でココアを作るときには、低カロリーの低脂肪乳を遣ったり、砂糖を控えめにするなど、少し工夫をすることでカロリーを抑えられますよ。

バンホーテンのおすすめココア

バンホーテン社のココアは、こだわりのココアパウダーを使っているようです。どのココアも、しっかりとしたココア感を味わえ、香り高いココアパウダーが魅力です。健康志向の人には、1杯あたりカカオポリフェノールが720ml含まれているハイカカオが良いでしょう。ハイカカオは、ピュアココアにクリーム、バター成分を加えていて、ほろ苦く濃厚な味わいの大人のココアです。

忙しい人には、芳醇カカオとまろやかミルクが絡み合った、バランスの良い甘さのミルクココアが良いでしょう。ココアパウダーを贅沢に使用したバンホーテンのココアは、商品それぞれに合わせた空間を楽しめるココアですよ。

ココア:カロリーオフ商品一覧

ココアは美味しくて健康や美容にも良いので、つい飲みすぎる人もいるかもしれません。しかし、ココアはブラックコーヒーに比べてずっとカロリーが高いです。スタバやドトールのココアは、200~300キロカロリーもあります。ココアはとても美味しいですが、そのカロリーを知るとダイエット中の人は控えたくなる飲み物かもしれません。そこで、ココアの美味しさをそのままに、カロリーオフにしたココアを紹介します。

*バンホーテン ミルクココアカロリー1/4 

1杯あたり24kcal。ミルクココアの美味しさをそのままにして、カロリーがミルクココアの1/4です。

*森永製菓ミルクココアカロリーオフ

1本(10gあたり)17kcal。砂糖の変わりに甘味料を使用した砂糖不使用のココアで、森永製菓ミルクココアのカロリーを1/4にしたミルクココアですよ。

*コカコーラ カカオリッチココアカロリーオフ

カカオリッチココアカロリーオフは、調整ココアのカロリーを50%カットしたココアです。正式には公表されていませんが、恐らく100gあたり約24kcalくらいでしょう。

Posted by admin