common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

グレープフルーツは糖質制限中でも大丈夫?バナナやキャベツ、玄米などと糖質やカロリーを比較検証

2019.2.26
糖質制限をしている方にとって、食べ物に含まれる糖質量の多い少ないは非常に気になる点かと思います。しかし、そんな中でもなんとなくのイメージだけで「糖質量が多そう」と思い込んでしまい、本当の数値や効果を見逃してしまっている場合もあるのです。中でも今回注目していただきたいのが「グレープフルーツ」です。グレープフルーツは果物ながら、実は低カロリー・低糖質で、糖質制限中の方にも取り入れやすい食べ物だったのです。

糖質制限とは何か

グレープフルーツの特徴、糖質量やその効果について解説する前に、「糖質制限」について改めて見直しておきましょう。ダイエットや健康管理を気にされる方の間で、長年に渡って浸透し、今現在でも多くの方が実践しているものが「カロリー制限」によるダイエット・健康管理方法です。簡単に言えば、食べ物一つ一つに含まれているカロリーを計算し、カロリー摂取量を抑えるダイエット・健康管理方法です。しかし、近年の研究結果によると、過度のカロリー制限をしてしまうことで、ヒトが1日に必要とするカロリーに達せず、体内の代謝が悪化してしまうという報告があります。さらには、カロリー摂取を減らすことで筋肉量の低下や骨粗鬆症の原因にもなってしまうようです。そこで、新たに提唱されているものが「糖質制限」によるダイエット・健康管理の方法です。

糖質制限とは、その名前の通りに摂取する糖質量を制限するもので、その効果としては、筋肉量を減らすことなく、体脂肪だけを落としていくことができると言われています。

ここで覚えていただきたい定義が、

炭水化物 = 食物繊維 + 糖質

であり、「糖質」が炭水化物の一種であるということ。また、糖質の中に「糖類」とう種類があり砂糖や蜂蜜の主成分がこの糖類に含まれていることを覚えておきましょう。糖質制限をしてもなかなか痩せないという方の多くは、制限して摂取を減らしているはずの糖質の中に糖類(特に砂糖などのショ糖)が占める割合が多く、含まれてしまっている可能性があります。一言で「糖質」と言っても、その中に占める様々な成分によりダイエットや健康管理に効果がある食べ物、逆効果な食べ物があり、その見極めが重要となります。

グレープフルーツの糖質を知る

では、糖質制限をしている方はグレープフルーツを食べても良いのかどうか調べてみましょう。朝食やおやつで食べる果物の定番的な存在のグレープフルーツですが、グレープフルーツ100gあたりのカロリーは38キロカロリー、糖質量は7.5gです。一般的なグレープフルーツは1玉約250gほどあるので、1玉食べた場合は95キロカロリー、糖質量18.75gとなります。

多くの方がされている糖質制限では1日に摂取する糖質の総量を70〜130g程度に抑え、その中でも果物から10gほどの糖質を摂取することが推奨されていますので、グレープフルーツなら1日に半玉食べると適量ということになります。

Posted by admin