common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

名古屋で味噌煮込みうどんを知らない人はいない?!お土産でも人気な山本屋味噌煮込みうどんと鍋焼きうどんのカロリー比較

2019.2.25

「味噌煮込みうどん」は、名古屋の郷土料理として親しまれている鍋料理です。味噌の深い味わいと出汁がうどんに絡み合い、ご飯とも合う一品です。味噌煮込みうどんは、名古屋が発祥の地といわれ、名古屋で味噌煮込みうどんを知らない人はいないと言われるほど人気です。名古屋のお土産に味噌煮込みうどんを購入したり、名古屋の老舗店の味噌煮込みうどんをオンラインショップで購入する人も多いそうですよ。また、味噌煮込みうどんに似た鍋料理に「鍋焼きうどん」があります。今回は、名古屋で人気の味噌煮込みうどんのカロリーを中心に調査しました。味噌煮込みうどんと鍋焼きうどんのカロリーも比較してみましたよ。

味噌煮込みうどんとは

味噌煮込みうどんとは、味噌仕立ての汁でうどんを煮込んだ麺料理です。ほとんどが、土鍋で煮込まれていて鍋焼きうどんとも似ています。愛知県名古屋市を中心とする中京圏で発展し、尾張でよく食べられた郷土料理です。大正時代では、鍋に野菜や肉などを入れて、味噌で味付けをして煮込み、うどんを入れて食べていたそうですよ。当初は全国的に食べられていましたが、今となっては名古屋市の味噌煮込みうどんのみが残ったともいわれています。

味噌煮込みうどんのカロリーは?

味噌煮込みうどんにも、色々な店や種類があります。坂東太郎の坂東太郎味噌煮込みうどんは約622kcal、サガミの味噌煮込みうどんは大海老天入りで820kcal、煮込みうどん山本屋本店の生・味噌煮込みうどんは407.1kcal、味噌煮込みうどん(玉子入り)だと561kcal、寿がきやの味噌煮込みうどんは382kcalです。
どの味噌煮込みうどんも、味噌をベースとしたうどんに違いはありませんが、量や具材に多少の違いがあるようです。そのため、1杯あたりのカロリーで比較すると、お店によって800キロカロリー以上の味噌煮込みうどんや、400キロカロリー以下の味噌煮込みうどんなど、カロリーはバラつきがあります。

名古屋で有名な味噌煮込みうどんの老舗「山本屋」を調査!

名古屋めしの代表格である味噌煮込みうどんですが、名古屋市内にある味噌煮込みうどん専門店の中でも、特に人気なのが老舗山本屋の味噌煮込みうどんです。山本屋には山本屋本店と山本屋総本家がありますが、2つの違いはメニューにあります。山本屋本店は味噌煮込みうどん以外のメニューがほとんどありません。そのため、味噌煮込みうどんを食べたい、味噌煮込みうどんを極めたいという人は山本屋本店がおすすめです。味噌煮込みうどん以外にも名古屋名物をいろいろ食べたいという場合は、山本屋総本家が良いでしょう。

山本屋本店の味噌煮込みうどんとは

その魅力は、老舗ならではのオリジナルの味わいです。味噌煮込みうどんの主役である生めんには、熟練された職人こだわりの麺が使われています。季節、天候などで異なる粉の違いを感じ取り、一つ一つ丁寧に練り上げます。そうすることで、味噌煮込みうどんの特徴であるコシに、シコシコとした張りが加わり、それが山本屋本店の味噌煮込みうどんの美味しさの秘訣になっているようです。
さらに、味噌煮込みうどんで欠かせない味噌にも、山本屋本店のこだわりが隠されています。山本屋本店専用の味噌は、3年間の歳月をかけて醸造した地元特産の赤味噌、白味噌を使っています。しかも、2種類の味噌をプレンドし、ザラメを配合した後、大釜で艶が出るまで炊き上げた独自の技術によって、あじ味噌を仕上げています。味噌にこだわりと手間をかけることで、味噌煮込みうどんの味を、格別にしているのです。
味噌煮込みうどんの味は、味噌だけではありません。味噌を引き立てる出汁も欠かせない材料のひとつです。山本屋本店では、かつお節専門の熟練した職人もいます。かつお節専門の職人は、焙乾状態のかつお節を見極めて、乾燥させ、最高の状態にすることで、かつおの香り高さを出しています。それだけでなく、削りかつおをブレンドし、ひと手間かけることで、オリジナルの味わいを醸し出しています。
また、味噌煮込みうどんは、専用の土鍋を使い本来の味を深めています。伊賀の窯元で作られた専用の土鍋は、オリジナルの味噌煮込みうどんを、奥深いものに仕上げます。名古屋琉の食べ方は、ふたにうどんを取り分けて、冷ましながら食べるようですよ。

山本屋本店の味噌煮込みうどんの値段

山本屋本店の味噌煮込みうどんの値段は次のとおりです。

定番の味噌煮込みうどん 1080円~
牡蠣入り味噌煮込みうどん 2160円

お土産用の味噌煮込みうどんの値段は次のとおりです。

生みそ煮込みうどん3食入り~6食入り 1620円~3240円
半生味噌煮込みうどん6食セット 2916円
名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん3食入り~5食入り 3240円~5400円

山本屋本店の味噌煮込みうどんは、1000円台から食べることができ、季節限定の牡蠣入りは2000円台など、具材をプラスすることによって値段も変わります。お土産用の味噌煮込みうどんは、3食入りなどお買い得のようです。

山本屋本店の季節限定のメニュー

山本屋本店の季節限定の味噌煮込みうどんでは、春夏秋冬ごとに、その季節にぴったりの限定味噌煮込みうどんが味わえます。春は「味噌漬けささみと九条ネギ味噌煮込みうどん」、夏は「豚ニンニク入り味噌煮込みうどん」、秋は「4種のキノコ入り味噌煮込みうどん」、冬は「牡蠣入り味噌煮込みうどん」など一年を通して楽しむことができますよ。

山本屋本店の味噌煮込みうどん~お土産~

山本屋本店の味噌煮込みうどんは、お土産でも人気です。生煮込うどんは、作りたての味わいを楽しめます。冷凍煮込みうどんは、長期保存可能な冷凍商品なので、自宅用にも良さそうです。半生煮込みうどんは、生めんに近いうどんですが、生よりも日持ちする商品でお土産向きです。山本屋本店で人気のお土産である「半生めんと日本三大地鶏の名古屋コーチンセット」は、名古屋名物である味噌煮込みうどんと名古屋コーチンが合わさった贅沢なセットですが、一度は食べておきたい味噌煮込みうどんです。

山本屋総本家の味噌煮込みうどん

山本屋本店は、名古屋市を中心に愛知県、岐阜県、三重県で店舗展開されていますが、一方で、山本屋総本家は、愛知県、東京に店舗展開があります。味噌煮込みうどんといえば名古屋名物ですが、名古屋の味を東京でも味わえるとなれば嬉しいですよね。山本屋総本家の味噌煮込みうどんは、玉子入り、かしわ、親子のメニューがあり、国産100%の食べごたえのある麺が特徴のようです。山本屋総本家のお土産やオンライショップでは、通常の味噌煮込みうどんのほか、生カレー煮込みうどんも販売されています。

マルちゃん山本屋総本家みそ煮込みうどん

マルちゃんでおなじみインスタント食品の東洋水産からは、「マルちゃん山本屋総本家みそ煮込みうどん」が販売されています。マルちゃん山本屋総本家みそ煮込みうどんは1個268gとボリュームがあり、そのカロリーは489kcalです。山本屋本店の生・味噌煮込みうどんと比べてカロリーが高いですが、自宅でも簡単に本場の味噌煮込みうどんを味わえることができますよ。

鍋焼きうどんとは

味噌煮込みうどんと似た料理として、鍋焼きうどんがあります。鍋焼きうどんは、味噌煮込みうどんと同じ「煮込みうどん」の一種でうどんを使った料理です。煮込みうどんとは、土鍋やアルミ鍋にシイタケやかまぼこなどの具を入れ、うどんと一緒に煮込んだ料理のことをいいます。鍋焼きうどんには卵やニンジンなどの野菜類、つみれなどを入れることもありますが、野菜と一緒に炒める焼うどんとは異なり、鍋焼きうどんは小鍋に入れて煮込むのが特徴です。

鍋焼きうどんのカロリーは?

果たして山本屋本店の味噌煮込みうどんのカロリーとどれくらい違うのか?鍋焼きうどんのカロリーを見てみましょう。

サガミの鍋焼きうどん 470kcal
セブンイレブンの鍋焼きうどん 485kcal

味噌煮込みうどんでも有名なサガミでは、かまぼこ、卵、海老天、えのき茸、野菜といった具が入った彩り鮮やかな鍋焼きうどんも提供しています。セブンイレブンの鍋焼きうどんは、出汁が染みこんだかき揚げのような天ぷら、白ネギが入った比較的シンプルな鍋焼きうどんです。

味噌煮込みうどんと鍋焼きうどんとのカロリー比較

サガミの味噌煮込みうどんと鍋焼きうどんを比較すると味噌煮込みうどんのほうがカロリーは高いですが、山本屋本店の味噌煮込みうどんとサガミの鍋焼きうどん、セブンイレブンの鍋焼きうどんを比較すると、山本屋本店の味噌煮込みうどんが最もカロリーが低いです。

味噌煮込みうどんと鍋焼きうどんとのカロリーは、1杯あたりの量や具材によっても変わってきます。山本屋本店の味噌煮込みうどん1枚あたりのカロリーは、味噌煮込みうどんの中では低い方ですが、平均的にみると、鍋焼きうどんよりも味噌煮込みうどんの方がカロリーが高いと言えるでしょう。サガミとセブンイレブンの鍋焼きうどんよりかなりカロリーが高いようです。ダイエット中に煮込みうどんを食べたいというときは、味噌煮込みうどんよりもシンプルな鍋焼きうどんを選ぶほうが良いかもしれませんね。老舗山本屋本店の味噌煮込みうどんは、具材や味付けがシンプルなのでカロリーが低いともいわれていますが、さすが老舗ともいえるシンプルなのに深い味わいがしますよ。

最後に

今回は味噌煮込みうどんのカロリーを中心に調査してきました。味噌煮込みうどんのカロリーは、うどんの量や具材の種類によって、300キロカロリー台から800キロカロリー台と幅広いです。味噌煮込みうどんは、名古屋の郷土料理でお土産としても人気の鍋料理です。鍋焼きうどんとも似ていますが、味噌と出汁のハーモニーが特徴的で食べごたえのある味噌煮込みうどんは、絶品のようですよ。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin