common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ミューズリーって何?ダイエットにいいの?ブログや成功談から見るミューズリーのダイエット効果

2019.2.19

ミューズリーと呼ばれる食品を目にしたことはありますか?なかなか、ミューズリーという単語を日常で見かけることは無いと思います。実はこのミューズリーとは、いわゆるダイエット食として注目されているシリアル食品の1つなのです。ブログを検索してみると、ミューズリーを使ったダイエットの成功談を載せている方もいて、効果を得ている人もいるようです。今回はミューズリーが持つダイエット効果を紹介していきます。

グルテンフリーもある? そもそもミューズリーって何? 

ミューズリーとは

ミューズリーとは、オートミール(脱穀した燕麦)にパイナップルやベリー系のドライフルーツやナッツなどがミックスされたシリアル食品の1つです。ミューズリーはスイスが発祥の地、スイスドイツ語では「ミュースリ」と呼ばれることもあります。ここでポイントとなるのが、ミューズリーは、基本「未調理」の穀物類を材料としたシリアル食品であるということです。よく、スーパーマーケットなんかのシリアル製品売り場にも、ドライフルーツ入りのシリアルが置いてあるのを見たことがありますよね。良く見かけるシリアルは「グラノーラ」と呼ばれていますが、グラノーラはミューズリーとは異なり「調理済」のシリアルです。グラノーラはハチミツや油をまぶしてからローストしたものが多いのです。

ミューズリーが手に入る場所

あまり日本では知名度の高いシリアル食品ではないため普段日常使いしているようなスーパーマーケットでは売っていないことが多いミューズリー。ミューズリーがどこで手に入るのか気になりますよね。どうやらブログなどを探ってみると、身近にあるお店で手に入るようです。ミューズリーが手に入るのは以下のような場所が挙げられます。

・成城石井
・カルディコーヒーファーム
・コストコ
・ネット通販(Amazon、楽天など)

市販で手に入る場所としては、海外製品も売っている成城石井やカルディ、コストコなどで売っているようです。ただ、これらのお店が近所に無い方もいると思いますので、ネット通販を利用するのも一つの方法ですね。

デルバ、カントリファーム、サイデンバッハ… どこのミューズリーを選べば良いの?

「ミューズリー」で検索してみると、デルバ、カントリーファームなど、色んなブランドのミューズリーがヒットします。どのミューズリーを買えば良いのかわからない、という方も多いと思います。そこで、どのようなミューズリーを買えば良いのか、ここでポイントをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。以下がミューズリーを選ぶポイントです。

・食べやすく、自分が美味しいと思ったものを選ぶ
・グルテンフリーのものもあるので、グルテンフリーダイエットをしている方も対応できる。

ミューズリーは基本的に味付けされておらず素材そのものの味ですから、一度口コミなどを見ながら、自分の気に入ったものを買ってみると良いでしょう。ただし、他の人の口には合っても、自分の口に合うとは限りませんから、いくつか試してみて、自分の口に合い、続けられそうなものを選ぶと良いでしょう。また、グルテンフリー・ダイエットを実践している方も、グルテンフリーのミューズリーが販売されていますので、利用されると良いでしょう。

ミューズリーの美容・ダイエット効果は?

低糖質・低カロリー

一般的なミューズリーに含まれる糖質・カロリーは、100gあたり60g~70g(糖質)300~400Kcal(カロリー)です。ん? 100gあたりの糖質・カロリー高くない?と思われるかも知れませんが、一回に食べるミューズリーの量は30gほどですから、摂取する糖質・カロリーは低く抑えられる食品ということになります。

満腹感を得る・便通改善効果の「食物繊維」

ミューズリーには「食物繊維」が多く含まれているのだとか。「食物繊維」は腹持ちを良くしてくれる効果を持つ上に、便通改善の効果も期待できます。ダイエットには嬉しい効果ですね。

代謝UPの「ビタミン類」

ミューズリーにはビタミン類が多く含まれています。特に豊富に含まれているのがビタミンB。このビタミンB類は、糖質・脂質の代謝を活性化してくれる効能があるそうで、ダイエット中にはもってこいの効果と言えますね。

ブログの成功例から探るミューズリーの美味しい食べ方

無糖のヨーグルトや無調整豆乳と一緒に基本的にミューズリーはそのままでは味気ない食品のため、出来るだけ美味しく食べたいものです。ただ、糖質制限ダイエット中には、糖質は気にしたいところですよね。ブログを検索してみると、そんな時は、無糖ヨーグルトや糖分などで調製されていない無調整豆乳と混ぜて食べるとより食べやすくなるという意見が多いようです。ぜひ試してみてくださいね。

最後に

ミューズリーをはじめ、糖質・カロリーを抑えた食品は現在多く販売されています。しかし、糖質制限中でも、全く糖質を摂取しないのは、栄養バランスに偏りが出来て不健康です。グルテンフリーも同様で、アレルギー疾患など特別な理由がない限り、グルテンを全く摂取しないというのは、かえって健康に良くないという報告もあります。ダイエット中は栄養バランスを考えて、ミューズリーなどのダイエット食品を上手に取り入れるようにしましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin